ページ 3 / 9戻る次へ

Office 2010 のセキュリティ: ファイルを保護する

メッセージ バーに示されるアクティブ コンテンツの種類

メッセージ バーの [コンテンツの有効化] ボタンを使って、ファイル内のアクティブ コンテンツを有効にします。



前のページでは、アクティブ コンテンツが生産性や機能性の向上に役立つ一方で、悪意のある目的で使われる可能性があることも学習しました。このように、ユーザーのコンピューターと組織のネットワークに脅威がもたらされる可能性があるため、メッセージ バーが表示されます。コンテンツが信頼できる発行元からのものであることがわかっている場合は、メッセージ バーの [コンテンツの有効化] をクリックして、ファイル内のアクティブ コンテンツを有効にすることができます。ファイルを開き直すと、アクティブ コンテンツが有効になり、メッセージ バーは表示されなくなります。

ファイルの発行元が信頼できるかどうかわからず、詳しく知りたい場合は、Microsoft Office Backstage ビューのセキュリティ オプションを使うことができます。次のページでは、ファイル内のアクティブ コンテンツについて詳しく学習する方法、ファイルに含まれているアクティブ コンテンツの種類、および他の役立つオプションについて説明します。

ページ 3 / 9戻る次へ