目次を作成または更新する

目次を作成するには、目次に含めるテキストに見出しスタイル (見出し 1、見出し 2、見出し 3 など) を適用します。Microsoft Word によって、それらの見出しが検索され、文書に目次が挿入されます。

この方法で目次を作成すると、文書を変更した場合に自動的に目次が更新されます。

Microsoft Word 2010 には、自動作成の目次スタイルのギャラリーが用意されています。目次の項目を登録し、オプションのギャラリーから、使用する目次のスタイルをクリックします。

オプションを選択し、[目次] ダイアログ ボックスを使用して適用した独自のスタイルを使用して、ユーザー設定の目次を作成することもできます。

または、手動で目次を入力することができます。

 メモ   ここでは、目次を追加する方法について説明します。引用文献一覧や図表目次については説明しません。

目的に合ったトピックをクリックしてください。


目次を手動で入力する

目次の項目を入力し、タブを使用して各項目とそのページ番号の間に点線 (つまり、点線のリーダー) を挿入することができます。目次をすばやく作成する方法については、「目次を自動的に作成する」を参照してください。

  1. 最初の項目を入力します。
  2. Tab キーを押し、最初の項目のページ番号を入力します。
  3. タブ位置文字を選択します。

 メモ   タブ位置文字が表示されない場合、[ホーム] タブの [段落] で、[表示/非表示] をクリックします。

  1. [ページ レイアウト] タブの [段落] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。
  2. [タブ] をクリックします。
  3. [タブ位置] で、ページ番号を挿入する位置を入力します。

 メモ   右余白位置を入力できるようにルーラーを表示するには、垂直スクロール バーの上部にある [ルーラー] をクリックします。

  1. [配置] で、[] をクリックします。
  2. [リーダー] で、必要なオプションをクリックし、[OK] をクリックします。
  3. Enter キーを押して、次の項目を入力します。
  4. Tab キーを押して、2 番目の項目のページ番号を入力します。
  5. 目次が完成するまで繰り返します。

 重要   文書の見出しやページに変更を加えた場合、目次を手動で更新する必要があります。

ページの先頭へ ページの先頭へ

目次を自動的に作成する

目次を作成する最も簡単な方法は、組み込みの見出しスタイル (見出しスタイル: 見出しに設定されている書式。Word には、[見出し 1] ~ [見出し 9] の 9 つの組み込みスタイルが用意されています。)を使うことです。ユーザーが適用した独自のスタイルに基づいて目次を作成することもできます。また、個々の文字列に目次のレベルを割り当てることもできます。

組み込みの見出しスタイルを使用して項目を登録する

  1. 目次に表示する文字列を選択します。
  2. [ホーム] タブの [スタイル] で、使用するスタイルをクリックします。

Office 2010 のリボン

たとえば、大見出しとしてスタイルを設定する文字列を選択した場合は、クイック スタイル ギャラリーで [見出し 1] という名前のスタイルをクリックします。

 メモ 

  • 目的のスタイルが表示されていない場合は、矢印をクリックしてクイック スタイル ギャラリーを展開します。
  • 目的のスタイルがクイック スタイル ギャラリーに表示されない場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら S キーを押して [スタイルの適用] 作業ウィンドウを開きます。[スタイル名] で、目的のスタイルをクリックします。

ギャラリーから目次を作成する

目次の項目を登録したら、目次を作成できます。

  1. 目次を挿入する位置 (通常は文書の先頭) をクリックします。
  2. [参考資料] タブの [目次] で [目次] をクリックし、目的の目次のスタイルをクリックします。

Office 2010 のリボン

 メモ   他のオプション (表示する見出しレベルの数など) も指定する場合は、[目次の挿入] をクリックして、[目次] ダイアログ ボックスを開きます。他のオプションの詳細については、「目次を書式設定する」を参照してください。

ユーザー設定の目次を作成する

  1. [参考資料] タブの [目次] で [目次] をクリックし、[目次の挿入] をクリックします。

Office 2010 のリボン

  1. [目次] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • 目次に表示される見出しレベルの数を変更するには、[全般] の [アウトライン レベル] の横にあるボックスに目的の数値を入力します。
    • 目次の書式を変更するには、[書式] の一覧から別の書式をクリックします。選択した目次の書式は、[印刷イメージ] 領域と [Web イメージ] 領域で確認できます。
    • 項目のテキストとページ番号の間に表示される線の種類を変更するには、[タブ リーダー] の一覧からオプションをクリックします。
    • 目次の見出しレベルの表示方法を変更するには、[変更] をクリックします。[文字/段落スタイルの設定] ダイアログ ボックスで、変更するレベルをクリックし、[変更] をクリックします。[スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、フォント、サイズ、およびインデントの量を変更します。
  2. 目次に独自のスタイルを使用するには、[オプション] をクリックし、次の操作を行います。
  1. [スタイルの一覧] で、文書の見出しに割り当てたスタイルを検索します。
  2. スタイル名の横にある [目次レベル] で、見出しスタイルのレベルを示す 1 ~ 9 の番号を入力します。

 メモ   独自のスタイルのみを使用する場合は、見出し 1 などの組み込みのスタイルに付ける目次レベルの番号を削除します。

  1. 目次に含める見出しスタイルごとに、手順 1. ~ 2. を繰り返します。
  2. [OK] をクリックします。
  1. 文書の種類に合わせて目次を選択します。
  • 印刷する文書    作成している文書の印刷されたページを読者が読む場合は、各項目に見出しと見出しが表示されるページ番号の両方が表示される目次を作成します。読者はページをめくって目的のページを見ることができます。
  • オンライン文書    読者が Word を使用してオンラインで読む文書の場合は、目次の項目をハイパーリンクとして書式設定することによって、読者は目次の項目をクリックしてその見出しに移動できます。

目次を更新する

文書内の見出しやその他の目次項目を追加または削除した場合は、簡単に目次を更新できます。

  1. [参考資料] タブの [目次] で [目次の更新] をクリックします。

Office 2010 のリボン

  1. [ページ番号だけを更新する] または [目次をすべて更新する] をクリックします。

目次を削除する

  1. [参考資料] タブの [目次] で [目次] をクリックします。

Office 2010 のリボン

  1. [目次の削除] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Word 2010