Excel のデータやグラフを Word にコピーする

Microsoft Office Excel のワークシート (ワークシート: Excel でデータの入力や編集に使う最も基本的なシート。スプレッドシートとも呼ばれます。ワークシートは行と列から構成されたセルの集まりで、常にブックに保存されます。)のデータや、Excel で作成したグラフを Microsoft Office Word 文書で表示する必要がある場合があります。Excel で選択したデータやグラフをコピーして、Word の [貼り付け] または [形式を選択して貼り付け] コマンドを使用するだけで、データやグラフを文書に挿入することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください


ワークシートのデータを Word 文書にコピーする

  1. Excel で、Word 文書にコピーするワークシートのデータを選択します。
  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で ボタン イメージ (コピー) をクリックします。

Excel リボン

ショートカット キーの使用  Ctrl キーを押しながら C キーを押すこともできます。

  1. Word 文書で、コピーしたワークシートのデータを貼り付ける場所をクリックします。
  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で [貼り付け] をクリックします。

ショートカット キーの使用  Ctrl キーを押しながら V キーを押すこともできます。

  1. 貼り付けたデータの横に表示される ボタン イメージ (貼り付けのオプション) をクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • データを Word の表として貼り付ける場合、コピーしたデータの元の形式を使用するには、[元の形式を保持] をクリックします。Word 文書に適用されているドキュメントのテーマを使用するには、[貼り付け先の表のスタイルに合わせる] をクリックします。
    • データを静的な画像として貼り付けるには、[図として貼り付け] をクリックします。
    • Excel のデータへのリンクを貼り付けて、Excel ブックの元データが変更されたときに Word 文書のデータも更新されるようにするには、[元の形式を保持して Excel にリンクする] または [貼り付け先の表のスタイルに合わせて Excel にリンク] をクリックします。
    • データをテキストとして貼り付けて、各行が 1 つの段落になり、セルの値がタブで区切られるようにするには、[テキストのみ保持] をクリックします。

 メモ 

  • [貼り付けのオプション] ボタンが表示されない場合は、ボタンを有効にする必要があります。ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。[詳細設定] の [切り取り、コピー、貼り付け] で [[貼り付けオプション] ボタンを表示する] チェック ボックスをオンにします。
  • データを Word の表に貼り付ける場合は、[貼り付けのオプション] ボタンに別の貼り付けオプションが表示されます。コピーしたデータをネストされた表として挿入する、既存の表と結合する、既存の表に新しい行として挿入する、既存の表のセルを上書きする、または静的な画像として貼り付けることができます。

ヒント

  • データをワークシート オブジェクト、HTML 形式、ビットマップ、画像、文字列などの別の形式で貼り付ける場合や、Excel の元データへのリンクを貼り付ける場合は、[ホーム] タブの [クリップボード] で [貼り付け] ボタンの矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。[貼り付ける形式] ボックスの一覧で、目的の形式をクリックします。
    • 後からワークシート全体を編集するには、[Microsoft Office Excel ワークシート オブジェクト] をクリックします。プライベートなデータを含めて、Word 文書でワークシート全体にアクセスできるようにするには、[Microsoft Office Excel ワークシート オブジェクト] をクリックします。
    • Excel の元データが変更されたときに文書内の表も自動的に更新されるようにするには、[リンク貼り付け] をクリックし、[貼り付ける形式] ボックスで目的のオプションを選択します。データをコピーする前にリンク元ブックを保存した場合は、[貼り付ける形式] ボックスで [Microsoft Word ハイパーリンク] をクリックし、Excel の元データを参照するハイパーリンクを文書に挿入することもできます。
    • 実際の内容を貼り付ける代わりに OLE (オブジェクトのリンクと埋め込み) (OLE: アプリケーション間で情報を共有するために使用するプログラム統合技術。すべての Office アプリケーションが OLE をサポートしているため、リンク オブジェクトと埋め込みオブジェクトによる情報の共有が可能です。) の Word アプリケーション アイコンとして貼り付けるには、[Microsoft Office Excel ワークシート オブジェクト] をクリックし、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。アイコンをクリックすると、アプリケーションが開いて内容が表示されます。
    • HTML を使用してデータを Word にコピーし、Word の表に表示するには、[HTML 形式] をクリックします。
    • 静的な画像を貼り付けるには、[ビットマップ] をクリックします。グループ解除できる画像を貼り付けるには、[図 (拡張メタファイル)] または [図 (Windows メタファイル)] をクリックします。
    • データを書式付きまたは書式なしのテキストとして貼り付けるには、[リッチテキスト形式 (RTF)]、[書式なしテキスト]、または [Unicode テキスト] をクリックします。
  • Excel の元データを参照するハイパーリンクとしてデータを貼り付けるには、[貼り付け] ボタンの矢印をクリックし、[ハイパーリンクとして貼り付け] をクリックします。元データがあるブックをまだ保存していない場合は、このオプションを使用できません。
  • Excel のワークシートで対応するデータが拡張されたときに、[Microsoft Office Excel ワークシート オブジェクト] として Word 文書に貼り付けたデータの範囲も拡張されるようにするには、データをコピーする前に Excel のデータの範囲に名前 (名前: セル、セル範囲、数式、定数値を表す単語または文字列。売上!C20:C30 などの理解しにくい範囲を、製品などのわかりやすい名前を使って参照することができます。)を付けます。次に、[形式を選択して貼り付け] を使用して、名前を付けた範囲へのリンクを貼り付けます。[ホーム] タブの [クリップボード] で、[貼り付け] ボタンの矢印をクリックします。次に [形式を選択して貼り付け] をクリックし、[リンク貼り付け] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

グラフを Word 文書にコピーする

  1. Excel で、Word 文書にコピーする埋め込みグラフ (埋め込みグラフ: ワークシートとは別のグラフ シートではなく、ワークシート上にあるグラフ。埋め込みグラフは、元データやワークシート上の他の情報と一緒にグラフまたはピボットグラフ レポートを表示、印刷するときに便利です。)またはグラフ シート (グラフ シート: ブック内で、グラフだけを含むシート。グラフ シートは、グラフまたはピボットグラフ レポートを、ワークシートのデータやピボットテーブル レポートとは別に表示するときに便利です。)を選択します。
  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で ボタン イメージ (コピー) をクリックします。

Excel リボン

ショートカット キーの使用  Ctrl キーを押しながら C キーを押すこともできます。

  1. Word 文書で、コピーしたグラフを貼り付ける場所をクリックします。
  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で [貼り付け] をクリックします。

ショートカット キーの使用  Ctrl キーを押しながら V キーを押すこともできます。

  1. 貼り付けたグラフの横に表示される ボタン イメージ (貼り付けのオプション) をクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • 元データへのリンクが設定されたグラフを貼り付けるには、[グラフ (Excel データにリンク)] をクリックします。
    • グラフを貼り付けて、文書でワークブック全体にアクセスできるようにするには、[Excel グラフ (ブック全体)] をクリックします。
    • グラフを静的な画像として貼り付けるには、[図として貼り付け] をクリックします。
    • グラフを元の形式で貼り付けるには、[元の形式を保持] をクリックします。
    • グラフを貼り付けて、文書に適用されているドキュメントのテーマを使用してグラフの書式を設定するには、[貼り付け先のテーマを使用] をクリックします。

 メモ   Word の互換モードで開いた文書にグラフを貼り付けるときは、[貼り付けのオプション] ボタンを使用できません。互換モードでは、グラフは静的な画像として貼り付けられます。

ヒント

 メモ   リボンは Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス のコンポーネントです。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2007, Word 2007