既定のフォントを設定する

既定のフォントを設定すると、すべての新規文書で、選択して既定として設定したフォントの設定が使用されます。既定のフォントは、作業中のテンプレート (テンプレート: あらかじめ構造が決められていて、スタイルやページ レイアウトなどの要素を指定するためのツールが備わっている 1 つまたは複数のファイル。たとえば、Word テンプレートでは 1 つ 1 つの文書の体裁を、FrontPage テンプレートでは Web サイト全体の体裁を整えることができます。) (通常は Normal.dotx) を使った新規文書に対して適用されます。異なるテンプレートを作成して、異なる既定のフォント設定を使用することもできます。

 メモ   Microsoft Office Word 2007 では、文書にテーマを適用して文書全体にすばやく簡単に書式を設定して本格的で洗練された見た目にすることができます。文書のテーマは、書式設定のセットで、配色パターン (色のセット)、フォント パターン (見出しと本文のフォントのセット)、および効果パターン (線および塗りつぶしの効果のセット) を含めることができます。

既定のフォントを設定する

  1. 既定値として使用する書式が設定されている文字列が文書内にある場合は、その文字列を選択します。

白紙の文書から開始している場合は、手順 2. に進みます。

  1. [ホーム] タブの [フォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[フォント] タブをクリックします。

[フォント] ダイアログ ボックス起動ツール

  1. フォント スタイルやフォント サイズなど、既定のフォントに適用するオプションを選択します。手順 1 で文字列を選択した場合は、選択した文字列のプロパティがダイアログ ボックスで設定されます。
  2. [既定値として設定] をクリックし、[はい] をクリックします。
 
 
適用対象:
Word 2007