セクション区切りを削除する

セクション区切り (セクション区切り : セクションの終了を表示するために挿入された記号。セクション区切りには、余白、用紙の向き、ヘッダーとフッター、一連のページ番号など、セクション書式の構成要素が保存されています。)を削除すると、そのセクション区切りより前の文書内容に設定されていたセクション (セクション : いくつかのページ書式のオプションを設定する文書の構成要素。行番号、段数、ヘッダー、フッターなどの設定を変更するときに、新しいセクションを作成します。)の書式も削除されます。文書内容は次のセクションの一部になり、そのセクションの書式が設定されます。

  1. 削除するセクション区切りを選択します。

    印刷レイアウト モード (印刷レイアウト モード : 文書またはその他のオブジェクトの印刷時のイメージを画面に表示すること。ヘッダー、フッター、段組み、およびテキスト ボックスなどが実際の印刷位置に表示されます。)またはアウトライン モード (アウトライン モード : 文書構造のレベルに応じて、文書の見出しをインデントして表示する画面表示モード。グループ文書で作業するときにも、アウトライン モードを使用できます。)でセクション区切りが表示されない場合は、[標準] ツールバー (ツールバー : コマンドを実行するのに使用するボタンやオプションを含むバー。ツールバーを表示するには、[ユーザー設定] ダイアログ ボックス ([ツール] メニューの [ユーザー設定] をクリックして、[ツールバー] タブをクリックします) を使用します。)ボタン イメージ (編集記号の表示/非表示) をクリックして、隠し文字 (隠し文字 : 指定した文字列の表示と非表示を切り替えるために使用する文字書式。隠し文字の書式が設定されている文字列には、点線の下線が付けられます。)を表示します。

  2. Del キーを押します。
 
 
適用対象:
Office 2003, Word 2003, Word