小冊子を印刷する

ページ設定を [本 (縦方向に谷折り)] に設定すると、用紙の片面に 2 ページずつ印刷されます。用紙を折ると、本のように開くことができます。このオプションはページ数が 2 ページ以上の文書で使われます。

  1. 文書が小冊子になるように設定します。

    表示その方法は?

    小冊子を作成する場合、文字列や図などのさまざまな要素を効果的に配置できるようにするために、新規文書の作成から開始するのが最適です。既存の文書を本になるように折ることもできますが、その場合は要素の配置の変更が必要になることがあります。

    1. 新規文書を作成します。
    2. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックし、[余白] タブをクリックします。
    3. [複数ページの印刷設定] で [印刷の形式] ボックスの一覧の [本 (縦方向に谷折り)] をクリックします。

      印刷の向きが横に設定されていない場合は、自動的に横に設定されます。

    4. [内側] と [外側] ボックスに、余白 (余白 : ページの印刷領域外の空白領域を指します。)の値を入力または選択します。

      用紙をとじるためのスペースを余白に追加するには、[とじしろ] ボックスに値を入力または選択します。

    5. [1 冊あたりの枚数] ボックスの一覧で 1 冊あたりの枚数を指定します。

      文書のページ数が、設定した 1 冊あたりの枚数を超えると、文書は複数の小冊子として印刷されます。

    6. [ページ設定] ダイアログ ボックスで、必要なその他のオプションを選択します。
    7. 文字列、図、ヘッダーやフッター (ヘッダーとフッター : 文書の各ページの上部余白に表示されるページ番号、章題、日付、著者などの文字列やグラフィックスなどの要素をヘッダーといいます。そして、これらの要素が各ページの下部余白に表示されたものをフッターといいます。)、その他の要素を文書に追加します。
  2. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。
  3. 用紙の両面に印刷するオプションを設定します。

    表示両面印刷用プリンタ (用紙の両面に印刷するプリンタ) を使用している場合

    [プロパティ] をクリックして必要なオプションを選択します。印刷の向きと両面印刷のオプションを指定できる場合は、印刷の向きを横向きに設定し、短い辺を軸に用紙を裏返すよう設定します。

    表示両面印刷用プリンタを使用していない場合

    [印刷] ダイアログ ボックスで、[手差し両面印刷] チェック ボックスをオンにします。片面の印刷がすべて終了すると、用紙を裏返して手差しするように求めるメッセージが表示されます。

  4. 印刷する範囲を選択します。

    [現在のページ] または [ページ指定] を選択した場合は、指定したページに加え、同じ用紙に属するほかの 3 ページも印刷されます。

    [選択した部分] を選択した場合は、選択した部分が小冊子のレイアウトではなく既定のページ レイアウトで印刷されます。

 
 
適用対象:
Office 2003, Word 2003, Word