コメントや変更履歴の表示と非表示を切り替える

変更履歴とコメントが含まれた文書が不注意により配布されないように、Word では、変更履歴とコメントを既定で表示します。[最終版 (変更箇所/コメントの表示)] は、(変更の表示方法の切り替え) の既定のオプションです。

文書内のすべての変更内容をさまざまな方法で表示できます。たとえば、挿入、削除、書式の変更など、編集の種類ごとに変更履歴を表示できます。コメントだけを表示することもできます。コメントや変更履歴の吹き出しをオフにして、すべてのコメントと変更をインラインで表示することも可能です。また、作成者による変更や、特定の校閲者による変更だけを表示することもできます。

変更履歴やコメントをすばやく表示するには、[校閲] タブの [変更履歴] で [変更履歴とコメントの表示] をクリックします。

 メモ   [変更履歴とコメントの表示] をクリックすると、選択した校閲者による文書内の変更履歴とコメント (変更履歴とコメント: 挿入や削除、書式設定の変更などの変更履歴、およびコメント。変更履歴やコメントを処理する場合は、これらの表示をオンにします。文書に加えられた変更の記録を残しておくには、文書と一緒に変更履歴とコメントを印刷します。)をすべて表示または非表示にすることができます。すべての変更履歴とコメントを表示する場合、[変更履歴とコメントの表示] メニューですべての種類の変更履歴とコメントが選択されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください


すべての変更を本文中に表示する

Word の既定の設定では、削除やコメントは文書の余白の吹き出しに表示されます。ただし、吹き出しに表示するのではなく、コメントを本文中に表示し、削除した内容を取り消し線付きで表示することができます。

  1. [校閲] タブの [履歴管理] で [吹き出し] をクリックします。

Word のリボンのイメージ

  1. [すべての変更履歴を本文中に表示] をクリックすると、取り消し線付きの削除内容とコメントが本文中に表示されます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

編集の種類ごとまたは校閲者ごとに変更を表示する

  1. [校閲] タブの [変更履歴] で [変更履歴とコメントの表示] の横にある下向き矢印をクリックします。

Word のリボンのイメージ

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 表示する変更の種類を選択します。

 メモ   [変更履歴とコメントの表示] メニューでオフにして特定の種類の変更履歴とコメントを非表示にしている場合でも、作成者または校閲者が文書を開くたびに変更履歴とコメントは自動的に表示されます。

  • [校閲者] をポイントし、変更およびコメントを表示する校閲者以外の名前のチェック ボックスをすべてオフにします。

 メモ   一覧に表示された校閲者のチェック ボックスをすべてオンまたはオフにするには、[すべての校閲者] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

特定の校閲者による変更とコメントを表示する

[変更履歴] の [変更内容の表示] ボックスの一覧を使用して、編集プロセスのさまざまな段階の文書を表示できます。一覧の 4 つのオプションはそれぞれ、文書の異なるビューを表示します。すべての文書を開いたときの既定の設定は、[最終版 (変更箇所/コメントの表示)] です。

Word のリボンのイメージ

  • [最終版 (変更箇所/コメントの表示)]     この表示では、すべての変更履歴とコメントを表示した状態で最終的な文書が表示されます。これは、Word で開いたすべての文書の既定の表示です。
  • [最終版]     この表示では、すべての変更が文字列に組み込まれ、変更履歴が表示されない状態で文書が表示されます。ただし、反映、拒否、または削除されていない変更履歴やコメントはすべて文書内に残っています。
  • [初版 (変更箇所/コメントの表示)]     この表示では、変更履歴とコメントを表示した状態で元の文字列が表示されます。
  • [初版]     この表示では、変更履歴とコメントを表示しない状態で元の文書が表示されます。ただし、反映、拒否、または削除されていない変更履歴やコメントはすべて文書内に残っています。

ページの先頭へ ページの先頭へ

編集者またはその他の校閲者用に変更を表示する

編集者や校閲者は、通常、変更内容が反映された状態の文書を表示する必要があります。編集者や校閲者は、この手順に従って、変更内容を反映した場合の文書の表示を確認できます。

  • [校閲] タブの [変更履歴] で、[変更内容の表示] ボックスの一覧の [最終版 (変更箇所/コメントの表示)] をクリックします。

 メモ   コメントと変更履歴を吹き出しに表示できるのは、印刷レイアウト表示 (印刷レイアウト表示: 文書またはその他のオブジェクトの印刷時のイメージを画面に表示すること。ヘッダー、フッター、段組み、およびテキスト ボックスなどが実際の印刷位置に表示されます。)または Web レイアウト表示 (Web レイアウト表示: Web ブラウザー上で文書が見やすくなるように文書のレイアウトが最適化された画面表示モード。たとえば、ページ区切りなしの 1 つのページとして文書が表示され、ウィンドウ幅に合わせて文字列が折り返されます。)のみです。

ページの先頭へ ページの先頭へ

印刷時に変更履歴とコメントを非表示にする

変更履歴を非表示にしても、文書から変更履歴は削除されません。文書から変更履歴とコメントを削除するには、[変更箇所] の [承諾] コマンドと [元に戻す] コマンドを使用する必要があります。

  1. ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[印刷] をクリックします。
  1. [印刷対象] ボックスで、[変更とコメントの内容を含む文書] ではなく、[文書] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Word 2007