あいさつ文、頭語、結語を入力する

Word には、季節のあいさつや安否のあいさつなどに適した文章を簡単に入力できる機能が用意されています。日本語の手紙を作成するときに役立ちます。また、安否のあいさつ、記などに対応する結語を自動挿入することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください


ダイアログ ボックスを使用して口語調のあいさつ文、頭語、結語を追加する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

Word のリボンのイメージ

表示あいさつ文を挿入する

  1. [挿入] タブの [テキスト] で [挨拶文] をポイントし、[あいさつ文の挿入] をクリックします。
  2. [月のあいさつ] ボックスで、現在の月と目的のあいさつ文を選択します。
  3. [安否のあいさつ] および [感謝のあいさつ] ボックスで、必要な項目を選択します。

表示頭語を挿入する

  1. [挿入] タブの [テキスト] で [挨拶文] をポイントし、[起こし言葉] をクリックします。
  2. [挿入する起こし言葉] ボックスで、挿入する頭語を選択します。

表示結語を挿入する

  1. [挿入] タブの [テキスト] で [挨拶文] をポイントし、[結び言葉] をクリックします。
  2. [挿入する結び言葉] ボックスで、挿入する結語を選択します。
  1. レターの本文を入力します。

ページの先頭へ

漢語調のあいさつの頭語入力時に結語を自動挿入する

  1. 文書に頭語を入力し、Enter キーまたはSpace キーを押します。

カーソルのある行の次の行に、結語が自動的に入力されます。たとえば、「拝啓」という頭語を入力し、Enter キーまたはSpace キーを押すと、次の行に "敬具" という結語が自動的に挿入されます。入力した頭語には [あいさつ文] スタイル (左揃え)、結語には [結語] スタイル (右揃え) が自動的に設定されます。

表示頭語として認識される単語

以下の単語が頭語として認識されます。

頭語 対応して入力される結語 使い方
拝啓、拝呈 敬具 一般的な手紙のあいさつです。
謹啓、謹呈 謹白 丁寧な手紙のあいさつです。
粛啓 頓首
急啓、急白、急呈 草々 急用の手紙のあいさつです。
前略、冠省、略啓、草啓 草々 前文を省略する場合のあいさつです。
拝復、復啓 敬具 返事を書く場合のあいさつです。
再啓、再呈、追啓 敬具 重ねて書く場合のあいさつです。

表示結語が自動で入力されない場合は?

  1. [ファイル] タブをクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [文章校正] をクリックします。
  3. [オートコレクトのオプション] で [オートコレクトのオプション] をクリックします。
  4. [入力オートフォーマット] タブをクリックします。
  5. [入力中に自動で行う処理] で [頭語に対応する結語を挿入する] チェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

メモの見出しに対応する結語を挿入する

  1. 文書に頭語「記」を入力し、Enter キーを押します。

"記" に対応する結語として "以上" が次の行に自動的に挿入されます。入力した頭語には [記] スタイル (中央揃え)、結語には [結語] スタイル (右揃え) が自動的に設定されます。

表示結語が自動で入力されない場合は?

  1. [ファイル] タブをクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [文章校正] をクリックします。
  3. [オートコレクトのオプション] で [オートコレクトのオプション] をクリックします。
  4. [入力オートフォーマット] タブをクリックします。
  5. [入力中に自動で行う処理] で ['記' などに対応する '以上' を挿入する] チェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Word 2010, Word 2007