文字列にふりがな (ルビ) を付ける

Publisher の場合
  1. ルビを振る文字列を選択します。
  2. [書式] メニューの [拡張書式] をポイントし、[ルビ] をクリックします。
  3. [ルビ] ボックスに、選択した文字に振るルビを入力します。
  4. 既定値以外の設定を適用するには、[既定の設定を使用する] チェック ボックスをオフにした後、次のいずれかの操作を行います。
    • フォントまたはフォント サイズを変更するには、[フォント] または [サイズ] ボックスで必要なオプションを選択します。
    • 配置を変更するには、[配置] ボックスで必要なオプションを選択します。
    • 基準となる文字列からの配置を変更するには、[本文との間隔] ボックスで必要な間隔を選択します。

表示ヒント

  • 選択した文字列に設定されている文字書式は、ルビを追加しても削除しても変更されません。また、ルビを振った後で、文字書式を設定することもできます。ただし、ルビを振った文字に太字などの文字書式を設定すると、ルビにも同じ文字書式が設定されます。
  • ルビを削除するには、ルビが振られている文字列を選択し、もう一度 [ルビ] ダイアログ ボックスを表示します。次に、[ルビの削除] をクリックします。
Word の場合
  1. ルビを振る文字列を選択します。
  2. [ホーム] タブの [フォント] で、ボタン イメージ (ルビ) をクリックします。

Word のリボン イメージ

  1. [ルビ] ボックスに、選択した文字に振るルビを入力します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • フォントまたはフォント サイズを変更するには、[フォント] または [サイズ] ボックスで必要なオプションを選択します。
    • 配置を変更するには、[配置] ボックスで必要なオプションを選択します。
    • 基準となる文字列からの配置を変更するには、[オフセット] ボックスで必要な間隔を選択します。
    • 選択された文字列の文字をすべて変更するには、[すべて変更] をクリックし、選択している文字列のみにルビを振るか、同じセクションまたは文書全体の同じ文字列すべてにルビを振るかを設定します。

表示ヒント

  • 選択した文字列に設定されている文字書式は、ルビを追加しても削除しても変更されません。また、ルビを振った後で、文字書式を設定することもできます。ただし、ルビを振った文字に太字などの文字書式を設定すると、ルビにも同じ文字書式が設定されます。
  • ルビを削除するには、ルビが振られている文字列を選択し、もう一度 [ルビ] ダイアログ ボックスを表示します。次に、[ルビ削除] をクリックします。
 
 
適用対象:
Publisher 2010, Word 2010, Publisher 2007, Word 2007