上書き入力モードをオンまたはオフにする

上書き入力モードでテキストを編集すると、入力開始位置から右側にある既存の文字が順番に、新しく入力した文字で置き換えられます。

Microsoft Office プログラムで次の操作を行います。

Word の場合
  1. ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [編集オプション] オプションの [上書き入力モードで入力する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。
Excel の場合
  • 上書きモードでテキストを入力するセルをダブルクリックし、Ins キーを押して、上書き入力モードのオンとオフを切り替えます。

 メモ   [セルを直接編集する] チェック ボックスがオンになっている必要があります (既定ではオンです)。このチェック ボックスのオンとオフを切り替えるには、ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックして、[詳細設定] をクリックします。

Outlook の場合
  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [メール形式] タブをクリックします。
  3. [編集オプション] の [編集オプション] をクリックします。
  4. [編集オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] をクリックします。
  5. [編集オプション] オプションの [上書き入力モードで入力する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。
Access の場合
  • 上書きモードでテキストを入力するセルをクリックし、Ins キーを押して、上書き入力モードのオンとオフを切り替えます。
Project の場合
  1. 上書きモードでテキストを入力するセルをクリックし、F2 キーを押します。
  2. Ins キーを押して、上書き入力モードのオンとオフを切り替えます。
 
 
適用対象:
Access 2007, Excel 2007, Outlook 2007, Project 2007, Word 2007