Word 文書の原稿用紙設定を適用または削除する

原稿用紙機能を使用すると、白紙の原稿用紙スタイルの文書を作成したり、原稿用紙の罫線を Word 文書形式の既存の文書に適用したりできます。原稿用紙プロパティは、[原稿用紙設定] ダイアログ ボックスを使用して、いつでも必要に応じて簡単に設定できます。

この記事の内容


原稿用紙プロパティについて

  • [スタイル]: [マス目付き原稿用紙]、[下線付き原稿用紙]、[外枠付き原稿用紙] の 3 種類のスタイルがあります。
  • [行数 X 文字数]: 1 ページあたりの行数と 1 行あたりの文字数を指定します。[10 X 20]、[15 X 20]、[20 X 20]、[20 X 25]、[24 X 25] の 5 種類のオプションがあります。

 メモ   利用できる [行数 X 文字数] のオプションは、言語により異なります。

  • [罫線の色]: 原稿用紙のグリッド線の色を設定します。
  • [用紙サイズ]: 原稿用紙の用紙サイズを設定します。[A3]、[A4]、[B4]、[B5] の 4 種類のオプションがあります。
  • [印刷の向き]: [縦] または [横] を指定します。既定の印刷の向きは、原稿用紙機能を実行している Word 文書の印刷の向きと同じです。
  • [ヘッダーとフッター]: 定義済みのヘッダーとフッターを使用することも、テキストを入力してユーザー独自のヘッダーとフッターを使用することもできます。ヘッダーとフッターの位置も、左、右、中央のいずれかに変更できます。
  • [改行時の処理]: アジア言語特有のオプションで、文字体裁に使用します。チェック ボックスを使用して、禁則処理や句読点のぶら下げを行うよう指定できます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

白紙の原稿用紙文書を作成する

  1. [ページ レイアウト] タブの [原稿用紙] で [原稿用紙設定] をクリックします。

[原稿用紙] ボタン

  1. [原稿用紙設定] ダイアログ ボックスで [スタイル] ボックスの一覧の [マス目付き原稿用紙]、[下線付き原稿用紙] または [外枠付き原稿用紙] のいずれかをクリックします。

[スタイル]

  1. 有効な原稿用紙のスタイルを選択すると他のプロパティも有効になるので、各原稿用紙プロパティを変更して必要な設定を行います。

 ヒント   有効な原稿用紙のスタイルをクリックした後は、[行数 X 文字数]、[罫線の色] または [印刷の向き] を変更すると、変更を適用した状態のプレビュー イメージがダイアログ ボックスの右上に動的に表示されます。

原稿用紙のプレビュー

  1. [OK] をクリックすると、文書全体が自動的に選択したスタイルの文書に変更されます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

原稿用紙設定を既存の文書に適用する

  1. 原稿用紙設定を適用する Word 文書を開きます。
  2. [ページ レイアウト] タブの [原稿用紙] で [原稿用紙設定] をクリックします。
  3. [原稿用紙設定] ダイアログ ボックスで [スタイル] ボックスの一覧の任意のスタイルをクリックします。
  4. 各原稿用紙プロパティを変更して必要な設定を行います。
  5. [OK] をクリックします。

 メモ   原稿用紙スタイルを適用すると、文書内のテキストはすべて罫線に合わせて配置されます。フォント サイズは、すべての文字が罫線内に適切に表示されるよう適宜変更されますが、フォントの種類や色は変更されません。

ページの先頭へ ページの先頭へ

原稿用紙文書の設定を変更する

  1. [ページ レイアウト] タブの [原稿用紙] で [原稿用紙設定] をクリックします。
  2. [原稿用紙設定] ダイアログ ボックスで、目的のプロパティを変更します。
  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

文書から既存の原稿用紙設定を削除する

原稿用紙の罫線が適用されている文書からは、いつでも既存の原稿用紙の罫線を削除し、通常の Word 文書に変更することができます。

  1. [ページ レイアウト] タブの [原稿用紙] で [原稿用紙設定] をクリックします。
  2. [原稿用紙設定] ダイアログ ボックスで [スタイル] ボックスの一覧の [原稿用紙の設定にしない] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Word 2010, Word 2007