Word 2007 文書を以前のバージョンの Word で開く

Microsoft Office Word 2007 の .docx または .docm 形式のファイルを Microsoft Office Word 2003、Word 2002、Word 2000 のいずれかで開くには、2007 Office Word、Excel、および PowerPoint ファイル形式の Microsoft Office 互換機能パックと、その他の必要な Office のアップデートをインストールしておく必要があります。2007 Office system 互換機能パックを使用すると、以前のバージョンの Word で Office Word 2007 の文書を開き、一部の要素を編集して保存できるようになります。

この記事の内容


互換機能パックをインストールする

Microsoft Office Online から 2007 Office system 互換機能パックをダウンロードすることができます。

互換機能パックをインストールすると、.docx または .docm 形式で保存された Office Word 2007 の文書を以前の所定のバージョンの Word で開けるようになります。ただし、.dotx または .dotm 形式で保存された Office Word 2007 のテンプレート ファイルを開くことはできません。

ページの先頭へ ページの先頭へ

以前のバージョンでの動作が異なる文書の構成要素

Office Word 2007 形式のファイルを以前のバージョンの Word で開くことはできますが、Office Word 2007 の新機能や拡張機能を使って作成された一部の要素を変更できなくなります。たとえば、数式はイメージに変換され、変更できなくなります。文書を以前のバージョンの Word で開いたときに変換される構成要素を次に紹介します。

Office Word 2007 の要素 以前のバージョンで開いたときの変化
数式 グラフィックに変換され、編集できなくなります。
テーマ スタイルに変換され、元に戻すことはできません。後から同じファイルを Office Word 2007 で開いても、このスタイルをテーマを使って自動的に更新することはできません。
テーマの色 スタイルに変換され、元に戻すことはできません。後から同じファイルを Office Word 2007 で開いても、このスタイルをテーマの色を使って自動的に更新することはできません。
テーマのフォント スタイルに変換され、元に戻すことはできません。後から同じファイルを Office Word 2007 で開いても、このスタイルをテーマのフォントを使って自動的に更新することはできません。
テーマの効果 スタイルに変換され、元に戻すことはできません。後から同じファイルを Office Word 2007 で開いても、このスタイルをテーマの効果を使って自動的に更新することはできません。
コンテンツ コントロール 固定テキストに変換され、元に戻すことはできません。
移動履歴 削除箇所または挿入箇所に変換され、元に戻すことはできません。
見出しと本文のフォント 固定書式に変換され、元に戻すことはできません。後から同じファイルを Office Word 2007 で開いても、異なるスタイルを使用している場合は、見出しと本文のフォントは自動的に更新されません。
相対位置で指定したテキスト ボックス 絶対位置に変換され、元に戻すことはできません。
余白 絶対位置に変換され、元に戻すことはできません。後から同じファイルを Office Word 2007 で開いても、異なるスタイルを使用している場合は、余白は自動的に更新されません。
文献目録 固定テキストに変換され、元に戻すことはできません。
引用文献 固定テキストに変換され、元に戻すことはできません。
引用文献のプレースホルダ文字列 固定テキストに変換され、元に戻すことはできません。
コンテンツ コントロールのプレースホルダ文字列 固定テキストに変換され、元に戻すことはできません。
Office Art ごく一部の図のみ使用できます。
グラフと図 一部のグラフと図は編集できないイメージに変換されます。

 メモ   この表に示した変化に加えて、Office Word 2007 の .docx または .docm ファイルを Word 2000 で開いた場合は、次の項目の動作も異なります。

  • マクロおよびマクロの署名は削除されます。
  • 差し込み印刷のデータは失われ、データ ファイルに接続できなくなります。
  • パスワードがわかっている場合でも、パスワードで保護されたファイルを開くことはできません。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Word 2007