ワードアートを使って簡単に効果を作成する

Microsoft Word 2000 または Word 97/98 文書で、タイトル、透かし、またはほかの文字列を目立つようにするには、ワードアートを使います。ワードアートでは、さまざまな図形や色を使って、影、回転、引き伸ばしなどの効果を文字列に設定することができます。また、3D 効果を含めることもできます。

簡単にアクセスし、簡単に追加

ワードアートを追加するには、最初に [表示] メニューの [ツールバー] をポイントし、[図形描画] をクリックして [図形描画] ツールバーを表示します。次に、[図形描画] ツールバーの [ワードアートの挿入] をクリックします。

プレビュー ウィンドウが表示され、30 個の組み込みワードアート効果を参照して、使用するワードアートを選択できます。

ワードアートを追加する方法については、Office アシスタントまたは Word ヘルプ ウィンドウの [質問] タブで「ワードアートを追加する」または「文字列に効果を追加する」と入力し、[検索] をクリックしてください。

ワードアートをユーザー設定する

ワードアートは、ほかの描画オブジェクトと同じように操作できます。追加したワードアートでは、移動、サイズ変更、色の変更、またはほかの方法でユーザー設定できます。

ワードアートを変更する方法については、Office アシスタントまたは Word ヘルプ ウィンドウの [質問] タブで「ワードアートを変更する」または「文字列の効果を変更する」と入力し、[検索] をクリックしてください。

 
 
適用対象:
Office 2003, Word 2003, Office XP, Word