Outlook 2010 または Outlook 2013 で Office 365 または Exchange ベースのメールを設定する

Microsoft Outlook 2010 または Outlook 2013 で Office 365 または Exchange ベースのメールを設定できます。設定に必要なのは、設定ウィザードでメール アドレスとパスワードを入力するだけです。Outlook では自動検出と呼ばれるプロセスで設定が自動的に検出され、アカウントと Exchange との接続が設定されます。Office 365 またはその他の Exchange ベースのアカウント (Gmail や Yahoo! アカウントなど) に接続していない場合については、「他に必要な情報はありますか?」をご覧ください。

Outlook 2010 をお使いの Office 365 ユーザーの場合、Outlook でアカウントにアクセスできるように設定するには、デスクトップをセットアップする必要があります。 詳しくは、「Office 365 で Office デスクトップ アプリを使用する」をご覧ください。 Outlook 2007 でのメールの設定方法について詳しくは、「Outlook 2007 でメールを設定する」をご覧ください。

 メモ    POP または IMAP を使ってメール アカウントにアクセスするように Outlook 2010 または Outlook 2013 を手動で設定することもできます。ただし、自動検出の自動プロセスを使ってアカウントと Exchange との接続を設定することをお勧めします。POP または IMAP を使う場合、予定表などのコラボレーション機能の多くが使用できません。これらの機能は、Exchange を使ってアカウントに接続する場合に利用できます。詳しくは、この記事の後半の「他に必要な情報はありますか?」をご覧ください

この記事の内容


Outlook 2010 または Outlook 2013 で Exchange とメールとの接続を設定する

  1. Outlook 2010 または Outlook 2013 を開きます。Microsoft Outlook スタートアップ ウィザードが表示されたら、最初のページで、[次へ] をクリックします。続いて、[メール アカウント] ページの [次へ] をクリックしてメール アカウントを設定します。

Microsoft Outlook スタートアップ ウィザードが表示されない場合は、Outlook のツール バーで [ファイル] タブをクリックします。[アカウント設定] のすぐ上の [アカウントの追加] をクリックします。

  1. Outlook では、コンピューターへのログオン方法に基づいて、[自動アカウント セットアップ] ページの [名前] と [電子メール アドレス] 設定が自動的に入力されます。正しい設定が自動的に入力されている場合は、[次へ] をクリックして、Outlook でアカウントの設定を終了します。[自動アカウント セットアップ] ページの設定が正しく入力されていない場合や、それらが正しくない場合、次の操作を実行してください。
  • [自動アカウント セットアップ] ページの設定が入力されていない場合は、メール アカウントの管理者から入手した情報に基づき、正しい設定を入力します。
  • [名前] ボックス内の名前が正しくない場合は、名前を編集する前に [自動アカウント セットアップ] ページでオプションをリセットすることが必要である可能性があります。オプションをリセットするには、[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)] の隣のオプション ボタンをクリックし、[電子メール アカウント] の隣のオプション ボタンをクリックします。
  1. [自動アカウント セットアップ] ページで [次へ] をクリックすると、Outlook ではメール サーバーの設定のオンライン検索が実行されます。検索中に、ユーザー名とパスワードを入力するよう求められます。ユーザー名には、完全なメール アドレス (たとえば takahashi@contoso.com など) を入力してください。

Outlook でアカウントが設定できた場合は、「メール アカウントの設定が完了しました。」という内容のメッセージが表示されます。[完了] をクリックします。

Outlook で自動的にアカウントを設定できない場合は、この記事の後半の「他に必要な情報はありますか?」をご覧ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

Outlook 2010 または Outlook 2013 で POP3 または IMAP4 とメールとの接続を設定する

Outlook 2010 または Outlook 2013 を使用している場合、POP3 または IMAP4 を使う代わりに、Exchange を使って接続できる場合があります。Exchange を使って接続すると、POP または IMAP による接続では使えない予定表やコラボレーション機能を利用できます。詳しくは、この記事の後半の「他に必要な情報はありますか?」をご覧ください。

  1. Outlook を起動します。Microsoft Outlook スタートアップ ウィザードが表示されたら、最初のページで、[次へ] をクリックします。続いて、[メール アカウント] ページの [次へ] をクリックしてメール アカウントを設定します。

Microsoft Outlook スタートアップ ウィザードが表示されない場合は、Outlook のツール バーで [ファイル] タブをクリックします。[アカウント設定] のすぐ上の [アカウントの追加] をクリックします。

  1. [自分でメールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  2. [サービスの選択]ページで、[インターネット メール] を選び、[次へ]をクリックします。
  3. [インターネット電子メール] ページで、以下の情報を入力します。

[ユーザー情報] の下で、次の操作を行います。

  1. [名前] ボックスに、このアカウントからメールを送るときに送信先のユーザーに対して表示する名前を入力します。
  2. [電子メール アドレス] ボックスに、メール アドレスを入力します。

[サーバー情報] の下で、次の操作を行います。

  1. [アカウントの種類] から [IMAP] または [POP3] を選びます。より多くの機能がサポートされるので、IMAP を使用することをお勧めします。
  2. [受信メールサーバー] ボックスに、IMAP サーバー名または POP サーバー名を入力します。Office 365 メールに接続している場合、IMAP または POP サーバー名は outlook.office365.com です。Office 365 を使っていない場合は、この記事の後半の「POP または IMAP サーバー設定を確認する」をご覧ください。
  3. [送信メール サーバー (SMTP)] ボックスに、SMTP サーバー名を入力します。Office 365 メールに接続している場合、SMTP サーバー名は smtp.office365.com です。Office 365 を使っていない場合は、この記事の後半の「POP または IMAP サーバー設定を確認する」をご覧ください。

[ログオン情報] の下で、次の操作を行います。

  1. [ユーザー名] ボックスに、メール アドレスを入力します。
  2. [パスワード] ボックスにパスワードを入力します。Outlook でパスワードを記憶させる場合は、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにします。
  1. ページ下部の [詳細設定] をクリックし、[インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスで次の情報を入力します。

[送信サーバー] タブで、[送信サーバー (SMTP) は認証が必要] を選びます。

[詳細] タブで、次の操作を行います。

  1. [受信サーバー (IMAP)] または [受信サーバー (POP3)] で、[使用する暗号化接続の種類] の横のドロップダウン リストから [SSL] を選びます。
  2. [送信サーバー (SMTP)] で、[使用する暗号化接続の種類] の横の [TLS] をクリックし、[OK] をクリックします。
  3. POP3 を使用する場合に、メッセージのコピーをサーバー上に残しておくには、[配信] の下の [サーバーにメッセージのコピーを置く] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオフにすると、すべてのメッセージはサーバーから削除され、コンピューター上にローカルに格納されます。
  1. [新しいアカウントの追加] ページで、[次へ] をクリックします。Outlook によるアカウントのテストが終了したら、[閉じる] をクリックして [テスト アカウント設定] ダイアログ ボックスを閉じます。
  2. [設定完了] ページで、[終了] をクリックします。
  3. [アカウント設定] ページで [閉じる] をクリックします。
  4. IMAP4 を使用している場合は、追加したメール サーバーのフォルダーをダウンロードするかどうかを確認するメッセージが表示されるので、[はい] をクリックします。Outlook のユーザー インターフェイスを使用して、サーバーとローカル コンピューターの間で同期するフォルダーを選び、[OK] をクリックします。

POP または IMAP サーバー設定を確認する

Office 365 メールに接続している場合、設定を確認する必要はありません。Office 365 の場合、IMAP と POP のサーバー名は outlook.office365.com で、SMTP のサーバー名は smtp.office365.com です。

Office 365 メールに接続していない場合は、次の手順に従って設定を確認します。

  1. Outlook Web App を使ってアカウントにサインインします。サインインに関するヘルプについては、「Outlook Web App にサインインする」をご覧ください。
  2. Outlook Web App のツール バーで、[設定]歯車アイコン 、[オプション]、[アカウント]、[マイ アカウント]、[POP または IMAP アクセスの設定] の順にクリックします。
  3. POP3、IMAP4、SMTP サーバー名および入力しなければならない可能性のある他の設定は、[POP または IMAP アクセスの設定] ページの [POP 設定]または[IMAP 設定]、[SMTP 設定] に表示されます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

他に必要な情報はありますか?

  • Office 365 やその他の Exchange ベースのアカウントではないメール アカウントに接続する場合は、「メール アカウントを追加する」をご覧ください。
  • ご使用のメール アカウントが登録を必要とするタイプの場合、Outlook Web App に初めてサインインするときに登録してください。Outlook Web App からまだアカウントを登録していない場合は、Outlook によるメール アカウントへの接続は失敗します。アカウントにサインインしたら、サインアウトします。その後、Outlook で接続し直してください。Outlook Web App を使ってアカウントにサインインする方法について詳しくは、「Outlook Web App にサインインする」をご覧ください。
  • Windows RT 8.1 をご利用の場合、タッチスクリーン向けに最適化された Outlook 2013 バージョンの Outlook 2013 RT を使ってアカウントに接続できます。
  • Outlook を使ってアカウントに正常に接続できない場合は、次のいずれかの操作を行います。
    • 数分待ってからもう一度試します。
    • すぐにメール アカウントに接続する必要がある場合は、Web ブラウザーか、POP または IMAP をサポートするメール プログラムによって、Outlook Web App を使用してアカウントに接続します。
    • Web ブラウザーを使用して接続する方法について詳しくは、「Outlook Web App にサインインする」をご覧ください。POP または IMAP メール プログラムを使用して接続する方法について詳しくは「IMAP または POP メール プログラムを使用する」をご覧ください。
    • POP3 と IMAP4 のどちらを使用すればよいかわからない場合は、より多くの機能がサポートされる IMAP4 の使用をお勧めします。
    • メールボックスを管理している担当者 (メール管理者と呼ばれることもあります) がわかる場合は、その管理者に連絡し、Outlook で接続を試みたときに発生するエラーを報告します。
  • Outlook の使い方について詳しくは、「ビデオ: Outlook 2013 の新機能」、「Outlook 2013 クイック スタート ガイド」、「Outlook 2013 の基本的な作業」、「Outlook 2010 の基本的な作業」をご覧ください。

さらに詳細を調べたい場合

サポートされるメール プログラムと機能

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Outlook 2013, Outlook Web App, Outlook Web App for Office 365 Enterprise, Outlook Web App for Office 365 Small Business Premium, Outlook 2010