Project 2013 の新機能

Project 2013 を開いてまず目に付くのは、洗練されて新しくなったレイアウトです。しかし、これだけではありません。Project 2013 にはさまざまな便利な機能があります。

他にもまだあります。

  • すぐにプロジェクトの作業を開始するには、「プロジェクト管理のロード マップ」をご覧ください。
  • Project および Project Online (Project Web App のオンライン バージョン) のライセンスについて詳しくは、「Project Online サービスの説明」をご覧ください。
  • または、「
    」をご覧ください。
メモ SkyDrive は OneDrive に、SkyDrive Pro は OneDrive for Business になりました。 この変更について詳しくは、「SkyDrive から OneDrive へ」をご覧ください。

すぐに作業を開始する

Project 2013 ウェルカム センター

空白のファイルを表示する代わりに、Project 2013 では、プロジェクトを始めるために必要なことがまとめられた、ウェルカム センターが表示されます。既存のテンプレートを表示したり、Excel または SharePoint サイトから情報をインポートしたり、[空のプロジェクト] をクリックして何も書かれていないガント チャートを表示したりできます。ここで、自分のコンピューターや OneDrive に格納されている以前のプロジェクトを開くこともできます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

プロジェクト データを美しく表示する

グラフィカル レポート

作業概要レポートのサンプル

Project 2013 を使うと、きれいでカラフルかつ本格的なレポートを作成できます。データを他のプログラムにエクスポートする必要はありません。 図、グラフ、アニメーション、リンクなど、プロジェクトの進捗状況を明確的かつ効率的に関係者やチーム メンバーと共有するために、必要なものをすべて追加できます。

新しいレポートの機能を使う方法については、「プロジェクト レポートを作成する」をご覧ください。

新しい一連のレポート

あらかじめ用意されている、まったく新しい一連のレポートでは、新しいグラフィックと書式設定の機能を最大限に利用できます。データの羅列の代わりに鮮明なグラフや画像が表示され、プロジェクトの概要がひとめ見ただけでわかります。また、あらゆる要素をレポートに追加したり、レポートから削除することができます。色を変えることさえできます。

バーンダウン レポート

基準計画、残存タスク、残存実績タスクを表示するバーンダウン グラフのサンプル

バーンダウン レポートでは、予定されている作業、完了した作業、残りの作業がグラフ上に線で示されます。自分も関係者も、ひとめで進捗状況を把握し、プロジェクトが予定より遅れていないか確認できます。それ以上のこともできます。

Project で鮮やかなバーンダウン レポートを作成できるようになりました。 データをエクスポートする必要はありません。

方法については、「バーンダウン レポートを作成する」をご覧ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

チーム メンバーと話す

Project 2013 内の Lync 連絡先カード

Project 2013 では、チーム メンバーとコミュニケーションを取ることもできます。最新の進捗状況の情報を得たり、簡単な質問をしたり、長期的戦略に関する話し合いさえも、Project から離れずに行うことができます。名前の上にカーソルを置くだけで、IM セッション、ビデオ チャット、メール、通話を開始できます。

この機能を使うには、Lync 2010、またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要があります。

これらの新しいコミュニケーション機能について詳しくは、「チーム メンバーと IM チャットをする」をご覧ください。

タスク パスを追跡する

[タスク パス] メニューとタスク パスが強調表示されたガント バー

複雑なプロジェクトでは、ガント チャートが、バーやリンク線の絡まり合いのように見えることがあります。これを解決するために、任意のタスクの連鎖リンク (タスク パス) を強調表示することができます。あるタスクをクリックすると、そのすべての先行タスクが 1 つの色で表示され、すべての後続タスクが別の色で表示されます。

タスク パスを表示する方法については、「タスク リンクを追跡する」をご覧ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

プロジェクトを遠い未来まで

Project 2013 では、タスクとプロジェクトの日程を 2149 年 12 月 31 日まで設定できます。これまでよりも 1 世紀も延長されました。

ページの先頭へ ページの先頭へ

その他の新機能

会議で共有する

Project のレポート、タイムライン、またはその他のデータを他の Office プログラムにエクスポートする場合には、この新しい共有機能が便利です。オンライン会議に参加して、PowerPoint のスライド、Word 文書、Excel スプレッドシート、OneNote ノートをサポートされているすべての端末から共有できます。たとえ Office がインストールされていなくても問題ありません。

クラウドでファイルを保存、共有する

クラウドは空に浮かぶファイル ストレージのようなもので、オンラインでいつでもアクセスできます。これで、Office のファイルを自分の OneDrive や組織のサイトに簡単に保存できるようになります。そこから Project のスケジュールや Excel のスプレッドシート、その他の Office ファイルにアクセスし、それらを共有することもできます。

ほぼどこでも作業できる

Project Online があれば、Project の完全版にほぼどこからでもアクセスできます。Project 2013 がインストールされていないコンピューターでも問題ありません。必要なのは、インターネットへの接続と、Windows 7 (またはそれ以降) を実行しているコンピューターだけです。自動更新されるため、常に最新バージョンを使用できます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Project Professional 2013, Project Standard 2013