ページ 9 / 14戻る次へ

アニメーション III: タイミング

[直前の動作と同時] に開始する効果の継続時間ボックスと [直前の動作の後] に開始する効果の継続時間ボックス

吹き出し 1 "直前の動作と同時" に開始する効果の継続時間ボックス
吹き出し 2 "直前の動作の後" に開始する効果の継続時間ボックス
吹き出し 3 "直前の動作の後" に開始する効果と直前の効果との間に表示される垂直線

開始設定の違いによって、時間配分の表示も異なります。ここでは、それぞれの表示について、詳しく見ていきましょう。

直前の動作と同時

この設定にすると、いずれかの効果にタイミングの遅延が適用されている場合を除き、効果の継続時間ボックスの開始点が直前の効果のボックスの開始点と同じ位置になります。左の図の例では、それぞれの効果の速さも同じなため、終了点も同じ位置に揃います。タイミングの遅延が設定されている場合は、これまでの各セクションで見てきた例のように、それぞれの開始点がずれて表示されます。

直前の動作の後

この設定にすると、直前の効果が終了した直後に効果が開始するようになります。時間配分の表示上では、[直前の動作の後] に開始する効果の継続時間ボックスの開始点と直前の効果の終了点との間に、1 本の細い垂直線が表示されます。直前の動作の後に開始する設定になっている効果の継続時間ボックスは、開始点を左にドラッグして直前の動作の終了前から効果を開始させようとしても、できないようになっています。

ページ 9 / 14戻る次へ