ノートについて

スライドのノートは、標準表示モードのノート ペイン (ノート ペイン : 標準表示モードで、発表者がメモを入力するペインのことです。ノートとして印刷したり、Web ページとしてプレゼンテーションを保存する際に表示したりできます。)で作成します。

標準表示モードのノート ペイン

コールアウト 1  ノート ペイン

ノートの作成および書式設定は標準表示モードで行います。作成したノートがどのように印刷されるかを確認するには、またテキストの書式設定 (フォントの色など) の効果を確認するには、印刷プレビュー (印刷プレビュー : 文書の印刷時のイメージを画面に表示することです。)画面に切り替えます。印刷プレビューでは、ノートのヘッダーとフッターへの変更をチェックすることもできます。

ノート (ノート : スライドの下の部分にある発表者用のノートを印刷したページのことです。)として印刷したノートは、プレゼンテーションを行う際の自分用のメモとして使用できます。また、スライド ショー プレゼンテーションの参考資料として、出席者に配布することもできます。

スライド イメージ エリアまたはノート エリアの拡大、位置変更、書式設定は、ノート表示モードで行います。

ノート表示モード

各ノート ページには、スライドの縮小版と、そのスライドに添付されているノートが表示されます。ノート表示モードでは、グラフ、ピクチャ (ピクチャ : 2 つ以上のオブジェクトとしてグループ解除や処理ができるメタファイル、または、単一のオブジェクトであるビットマップなどのファイルのことです。)、表などをノートに挿入できます。

ノート ページ

コールアウト 1  ノート ページには、プレゼンテーションのすべてのノートと各スライドが含まれます。

コールアウト 2  各スライドがノート ページに印刷されます。

コールアウト 3  ノートはスライドに添付されています。

コールアウト 4  グラフや図などのデータをノート ページに追加できます。

ノート表示モードで追加した図やオブジェクトは、ノート ページの印刷画面には表示されますが、標準表示モードでは表示されません。プレゼンテーションを Web ページとして保存した場合、Web ブラウザでプレゼンテーションを表示しても図やオブジェクトは表示されません。ただし、ノートは表示されます。

ノート ページでの変更、追加、および削除は、そのノートページと、標準表示モードのノート テキストにしか反映されません。

ノート マスタ

プレゼンテーションのすべてのノート ページにノートを適用するには、ノート マスタを変更します。たとえば、すべてのノート ページに会社のロゴやほかのイラストを挿入するには、ノート マスタ (マスタ : プレゼンテーションのすべてのスライド (またはページ) の書式を定義したスライド (またはページ) のことです。各プレゼンテーションには、スライド、タイトル スライド、発表者用のノート、および配布資料という主要構成要素のそれぞれについてマスタがあります。)にそのロゴやイラストを追加します。また、ノートで使用されているフォント スタイルの変更も、ノート マスタで行います。スライド エリア、ノート エリア、ヘッダー、フッター、ページ番号、および日付の外観や位置を変更することもできます。

Web ページでノートを表示する

作成したプレゼンテーションを Web ページとして保存すると、ノートが自動的に表示されます。スライドのタイトルがプレゼンテーションの目次となり、ノートは各スライドの下位に表示されます。ノートはプレゼンテーションの発表者の役割を果たしており、実際には発表者が説明するような背景や詳細の情報を提供することができます。

Web ページにノートを表示する必要がない場合は、ノート機能をオフにしてから、ファイルを Web ページとして保存するようにします。

その他のレイアウト オプション

PowerPoint には、プレゼンテーションを Word で使用するときにレイアウト オプションも用意されています。たとえば、2 枚のスライドとそのノートを 1 ページに収める場合は、Word でそのレイアウトを適用します。

 
 
適用対象:
Office 2003, PowerPoint 2003, PowerPoint