ノートを作成および印刷する

プレゼンテーションを作成しながら、ノート (ノート: スライドの下の部分にある発表者用のノートを印刷したページのことです。)を作成できます。ノートを印刷し、ノートを確認しながらプレゼンテーションを行うこともできます。

グリーン アイデア...緑色の葉   

ただし、ノートを印刷する前に、印刷する代わりに発表者ツールでノートを参照することを検討してください。別のモニターでプレゼンテーションを行いながらノートを参照すれば、紙とプリンター インクを節約できます。詳細については、「発表者のノートを個人的に参照しながら複数のモニターでプレゼンテーションを実行する」を参照してください。

この記事の内容


ノートを作成する

スライドに関するノートを作成するには、標準表示モードのノート ペイン (ノート ペイン: 標準表示モードで、発表者がメモを入力するペインのことです。ノートとして印刷したり、Web ページとしてプレゼンテーションを保存する際に表示したりできます。)を使用します。標準表示モードに切り替えるには、[表示] タブの [プレゼンテーションの表示] で [標準] をクリックします。

ノート ペイン

標準表示モードのノート ペイン (赤い円の部分)

ノートの入力や書式設定は標準表示モードで行うことができますが、作成したノートがどのように印刷されるかを確認するには、またテキストの書式設定 (フォントの色など) の効果を確認するには、ノート表示モードに切り替えます。ノート表示モードでは、ノートのヘッダーやフッターのチェックや変更もできます。

各ノート ページには、スライドのサムネイルと、そのスライドに添付されているノートが表示されます。ノート表示モードでは、グラフ、図、表などをノートに挿入できます。

ノート ページ

コールアウト 1 ノート ページには、プレゼンテーションの各スライドとノートが表示されます。
コールアウト 2 各スライドは、個別のノート ページに印刷されます。
コールアウト 3 ノートは、スライドに添付されます。
コールアウト 4 グラフや図などのデータをノートに追加できます。

ノート表示モードで追加した図やオブジェクト (オブジェクト: テーブル、グラフ、数式、その他の形式のデータの総称。あるアプリケーションで作成し、ほかのアプリケーションにリンクしたり、埋め込んだりしたオブジェクトは、OLE オブジェクトと言います。)は、印刷したノートには表示されますが、標準表示モードの画面には表示されません。

ノートに対して行った変更、追加、および削除は、そのノートと、標準表示モードのノート テキストにのみ適用されます。

スライド イメージ領域またはノート領域の拡大、位置変更、または書式設定は、ノート表示モードで行います。

標準表示モードのノート ペインでは図の作成や配置を行うことはできません。ノート表示モードに切り替えて、図を作成または追加してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

ノート用の領域を広げる

既定では、ノート ページの上半分にはスライドのサムネイルがあり、下半分には均等のサイズに設定されたノート用のセクションがあります。

既定のノート

ページの半分ではノート用の領域が足りない場合は、次のいずれかの操作を行って、ノート用の領域を広げます。

  • 単一のノート用の領域を広げるには、次の操作を行います。
    1. 標準表示モードの [アウトライン] タブと [スライド] タブのあるウィンドウの [スライド] タブで、ノート用の領域を広げるスライドをクリックします。

[アウトライン] タブと [スライド] タブが表示されたウィンドウ

  1. [表示] タブの [プレゼンテーションの表示] で [ノート] をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • スライドのサムネイルを削除するには、ノートでスライドをクリックし、Del キーを押します。
    • ノート上でスライドのサムネイルのサイズを小さくするには、スライドのサムネイル上でサイズ変更ハンドルをドラッグします。
  3. ノート プレースホルダーの上枠線上で、サイズ変更ハンドルをドラッグして、必要な大きさになるようにノート プレースホルダーを広げます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

すべてのノートにアートまたは書式を追加する

プレゼンテーションのすべてのノートに図形や図などのアートまたは書式を追加するには、ノート マスター (マスター: プレゼンテーションのすべてのスライド (またはページ) の書式を定義したスライド (またはページ) のことです。各プレゼンテーションには、スライド、タイトル スライド、発表者用のノート、および配布資料という主要構成要素のそれぞれについてマスターがあります。)を変更します。たとえば、すべてのノートに会社のロゴや他のアートを挿入するには、ノート マスターにそのアートを追加します。また、すべてのノートで使用するフォント スタイルを変更するには、ノート マスターでスタイルを変更します。スライド領域、ノート領域、ヘッダー、フッター、ページ番号、および日付の外観や位置を変更することもできます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

スライドのサムネイルと共にノートを印刷する

ノートをスライドのサムネイルと共に印刷して、出席者に配布したり、プレゼンテーションの準備に使用したりできます。

 メモ   印刷できるのは、印刷ページごとに 1 つのスライドのサムネイルとノートのみです。

  1. ノートとスライドのサムネイルを印刷するプレゼンテーションを開きます。
  2. [ファイル] タブをクリックします。
  1. [ファイル] タブの左側で、[印刷] をクリックします。
  2. [設定] で、[フル ページ サイズのスライド] の横の矢印をクリックし、[印刷レイアウト] の [ノート] をクリックします。
  3. ページの向きを指定するには、[縦方向] の横の矢印をクリックし、一覧の [縦方向] または [横方向] をクリックします。
  4. ノートとスライドのサムネイルをカラーで印刷するには、カラー プリンターを選択します。[グレースケール] の横の矢印をクリックし、一覧の [カラー] をクリックします。
  5. [印刷] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

スライドのサムネイルなしのノートを印刷する

 メモ   1 枚の印刷ページには、1 つのノート ページのみ印刷できます。

  1. スライドのサムネイルなしのノートを印刷するプレゼンテーションを開きます。
  2. 各スライドをノート表示モードで開きます。ノート表示モードに切り替えるには、[表示] メニューの [プレゼンテーションの表示] で [ノート] をクリックします。
  3. 各ノートからスライドのサムネイルを削除します。スライドのサムネイルを削除するには、ノート上でスライドのサムネイルをクリックし、Del キーを押します。
  4. [ファイル] タブをクリックします。
  1. [ファイル] タブの左側で、[印刷] をクリックします。
  2. [設定] で、[フル ページ サイズのスライド] の横の矢印をクリックし、[印刷レイアウト] の [ノート] をクリックします。
  3. ページの向きを指定するには、[縦方向] の横の矢印をクリックし、一覧の [縦方向] または [横方向] をクリックします。
  4. ノートとスライドのサムネイルをカラーで印刷するには、カラー プリンターを選択します。[グレースケール] の横の矢印をクリックし、一覧の [カラー] をクリックします。
  5. [印刷] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
PowerPoint 2010