プレゼンテーションをビデオに変換する

Microsoft PowerPoint 2010 プレゼンテーションをビデオとして保存すると、プレゼンテーションを簡単に配布したり再生したりできるようになります。

この記事の内容


プレゼンテーションをビデオに変換する理由

再現性の高いプレゼンテーションを、メールへの添付、Web への公開、CD、または DVD によって仕事仲間や顧客に配布する場合は、プレゼンテーションをビデオとして保存し、ビデオとして再生されるようにします。

PowerPoint 2010 では、プレゼンテーションを Windows Media ビデオ (.wmv) ファイルとして保存し、確実に配布することができます。これにより、アニメーションやナレーションを含むマルチメディア プレゼンテーションが問題なく再生されるようになります。 .wmv ファイル形式を使いたくない場合は、サード パーティのユーティリティを使用して、ファイルを他の形式 (.avi、.mov など) に変換できます。

プレゼンテーションをビデオとして記録する際のヒントをいくつか次に示します。

  • ビデオ内では、音声ナレーションとレーザー ポインターの動きの記録およびタイミング設定を行うことができます。
  • マルチメディア ファイルのサイズと、ビデオの品質を指定できます。
  • ビデオにはアニメーション切り替えを含めることができます。
  • このビデオは、コンピューターに PowerPoint がインストールされていなくても再生できます。
  • プレゼンテーションに埋め込みのビデオが含まれている場合、操作しなくてもビデオが正しく再生されます。
  • プレゼンテーションの内容によっては、ビデオの作成に時間がかかる場合があります。長いプレゼンテーションやアニメーション、切り替え、またメディア コンテンツを含むプレゼンテーションほど作成時間は長くなります。ただし、ビデオの作成中も PowerPoint は使用できます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

音声ナレーションとポインターの動きの記録およびタイミング設定を行う

 メモ    ナレーションを録音および再生するには、コンピューターにサウンド カード、マイク、およびスピーカーが必要です。

優れたプレゼンテーションには、簡潔なスライドの内容と、それを補足および強調する発表者の動きや解説が含まれます。 プレゼンテーションのビデオ版を作成するときは、音声ナレーションと、場合によってはレーザー ポインターの動きの記録およびタイミング設定を行うことにより、プレゼンテーションの人的要因を "キャプチャ" することをお勧めします。

視聴者に発表する前にスライド ショーを記録することも、実際の視聴者に対してプレゼンテーションを行っている間にナレーションを録音し、視聴者のコメントや質問を記録に含めることもできます。

スライド ショーでナレーションの記録やタイミング設定を行う手順について詳しくは、「スライド ショーのナレーションおよびタイミングを記録および追加する」をご覧ください。 また、レーザー ポインターの使用方法については、「マウスをレーザー ポインターに変更する」をご覧ください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

プレゼンテーションをビデオとして保存する

ビデオを作成する

  1. プレゼンテーションを作成します。
  2. (オプション) スライド ショーでナレーションの記録およびタイミング設定を行いマウスをレーザー ポインターに切り替えます
  3. プレゼンテーションを保存します。
  4. [ファイル] メニューの [保存と送信] をクリックします。
  5. [保存と送信] で、[ビデオの作成] をクリックします。
  6. ビデオの品質とサイズのオプションをすべて表示する場合は、[ビデオの作成] で [コンピューターおよび HD モニター] の下向き矢印をクリックします。
  7. 次のいずれかの操作を行います。
    • 高品質で、ファイル サイズが大きいビデオを作成する場合は、[コンピューターおよび HD モニター] をクリックします。
    • ファイル サイズと品質が中程度のビデオを作成する場合は、[インターネットおよび DVD] をクリックします。
    • ファイル サイズが最小で、低品質のビデオを作成する場合は、[ポータブル メディア デバイス] をクリックします。

 ヒント    これらのオプションを実際に試して、目的に合ったオプションを確認することをお勧めします。

  1. [記録されたタイミングとナレーションを使用しない] の下向き矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • 音声ナレーションとレーザー ポインターの動きの記録およびタイミング設定を行っていない場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用しない] をクリックします。

 ヒント    既定では、各スライドの所要時間は 5 秒に設定されます。これを変更するには、[各スライドの所要時間 (秒)] の右側にある上向き矢印をクリックして秒数を増やすか、または下向き矢印をクリックして秒数を減らします。

  • 音声ナレーションとレーザー ポインターの動きの記録およびタイミング設定を行っている場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用する] をクリックします。
  1. [ビデオの作成] をクリックします。
  2. [ファイル名] ボックスにビデオのファイル名を入力し、このファイルを格納するフォルダーを参照して、[保存] をクリックします。画面の下にあるステータス バーにビデオ作成の進行状況が表示されます。ビデオの作成処理は、ビデオの長さとプレゼンテーションの複雑さによっては、数時間がかかる場合があります。

 ヒント    長いビデオの場合は、夜間に作成されるように設定できます。こうすれば、翌日の朝には作成は終了しています。

  1. 新しく作成したビデオを再生するには、指定したフォルダーの場所に移動し、ファイルをダブルクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

プレゼンテーションの中でビデオに保存されない部分

次のアイテムは、PowerPoint を使用して作成したビデオに保存されません。

  • PowerPoint の前のバージョンで挿入されたメディア。これらのメディアをビデオに含めるには、メディア オブジェクトを変換またはアップグレードしてください。

     ヒント   たとえば、PowerPoint 2007 を使って挿入したメディアは、リンクされ、プレゼンテーションで再生されます。 ただし、ビデオとして保存されたファイルをエクスポートしたときに、リンクされたメディアが切断されます。 これらのファイルは新しいファイル形式に変換できます ([ファイル] タブをクリックし、[情報] で [変換] をクリック)。または、メディア オブジェクトを右クリックしてアップグレードするようクリックし、埋め込まれたファイルが正しくエクスポートされるようにします。

  • QuickTime メディア (サード パーティ製の QuickTime コード ffdShow がインストールされている場合を除く) との互換性を確保するために最適化を行う必要があります。
  • マクロ
  • OLE/ActiveX コントロール

ページの先頭へ ページの先頭へ

作成したビデオの活用方法

作成したビデオは、次の方法を使用して他のユーザーと共有できます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
PowerPoint 2010