PowerPoint を使用して OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式のプレゼンテーションを開く、または保存する

2007 Microsoft Office system Service Pack 2 (SP2) をインストールすると、OpenOffice.org の Impress や Google Docs などのプレゼンテーション アプリケーションで使用されている OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式のファイルを開いたり保存したりできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください


OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint で開く

  1. ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[開く] をクリックします。
  2. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。
  3. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

 メモ   OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint 2007 で開いた場合、そのファイルを作成した元のアプリケーションとは書式が異なる場合があります。これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

ページの先頭へ ページの先頭へ

PowerPoint プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存する

 重要   PowerPoint 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .pptx ファイル形式などの PowerPoint ドキュメントとしてファイルを保存し、次に、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で再度保存してください。

  1. ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。
  2. [OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

OpenDocument 形式の詳細

プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で開いたり保存したりすると、書式の一部が失われることがあります。これは、OpenDocument プレゼンテーション アプリケーションと PowerPoint 2007 では、サポートされる機能およびオプション (書式など) が異なるためです。OpenDocument プレゼンテーション形式と PowerPoint 2007 形式の相違点の詳細については、「OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式と PowerPoint (.ppt) 形式の相違点」を参照してください。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。
  • OpenDocument プレゼンテーション形式ではサポートされない、オブジェクトの詳細な書式設定を維持するには、オブジェクトを図に変換します。
  • 表を操作するときは、PowerPoint 2007 を閉じる前に表を完成させてください。PowerPoint 2007 を閉じると、表がイメージに変換され、その後は編集できなくなります。
  • 色の変更または拡大縮小を伴う強調のためのアニメーション (開始時または終了時のアニメーションではないアニメーション) は、.odp 形式でプレゼンテーションを保存すると該当する部分が失われるため、使用しないでください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
PowerPoint 2007