PowerPoint サウンド再生の極意

●基本編

表示通常の挿入方法

通常、サウンド ファイルは、次の手順で挿入します。この方法は非常に簡単です。

  1. [挿入] メニューの [ビデオとサウンド] をポイントし、[ファイルからサウンド] をクリックします。

    [サウンドの挿入] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 挿入したいサウンド ファイルをクリックして選択し、[OK] をクリックします。

    "スライド ショーでサウンドを自動的に再生しますか?" というメッセージが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • スライドを表示したときにサウンドが自動的に再生されるようにするには、[自動] をクリックします。
    • クリックしたときにのみサウンドが再生されるようにするには、[クリック時] をクリックします。

    "スライド ショーでサウンドを自動的に再生しますか?" メッセージ

    サウンド ファイルが挿入され、スライドの中央にサウンド アイコンが表示されます。

  4. スライドのサウンド アイコンを右クリックし、ショートカット メニューから [サウンド オブジェクトの編集] をクリックします。

    [サウンド オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。サウンドの再生回数や音量、サウンド アイコンの表示方法などの設定ができます。

    [サウンド オプション] ダイアログ ボックス

メモ  

  • MIDI や MP3 など、さまざまな形式のサウンド ファイルを挿入できます。
  • サウンドの開始方法は、挿入した後でも、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウで設定の変更ができます。

表示クリップ オーガナイザからの挿入方法

クリップ アート ギャラリーには画像だけでなく、プレゼンテーションでよく使われる効果音も含まれています。

次の手順で、クリップ オーガナイザからサウンドを挿入します。

  1. [挿入] メニューの [ビデオとサウンド] をポイントし、[クリップ オーガナイザからサウンド] をクリックします。

    [クリップ アート] 作業ウィンドウが表示されます。

  2. スクロールして、挿入するクリップをクリックします。

    "スライド ショーでサウンドを自動的に再生しますか?" というメッセージが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • スライドを表示したときにサウンドが自動的に再生されるようにするには、[自動] をクリックします。
    • クリックしたときにサウンドが再生されるようにするには、[クリック時] をクリックします。

    "スライド ショーでサウンドを自動的に再生しますか?" メッセージ

    サウンド ファイルが挿入され、スライドの中央にサウンド アイコンが表示されます。

  4. スライドのサウンド アイコンを右クリックし、ショートカット メニューから [サウンド オブジェクトの編集] をクリックします。

    [サウンド オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。サウンドの再生回数や音量、サウンド アイコンの表示方法などの設定ができます。

    [サウンド オプション] ダイアログ ボックス

メモ  

  • サウンドの開始方法は、挿入した後でも、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウで設定の変更ができます。

表示音楽 CD からの曲の挿入方法

ファイル形式のサウンドだけではなく、音楽 CD のトラックをまとめて挿入することもできます。高音質なサウンドが必要な場合にお勧めの方法です。この場合は音楽 CD のトラックを直接再生するため、スライドの実行中は、CD ドライブに音楽 CD をセットしておく必要があります。

次の手順で、音楽 CD からサウンドを挿入します。

  1. [挿入] メニューの [ビデオとサウンド] をポイントし、[CD オーディオ トラックの再生] をクリックします。

    [オーディオ CD を挿入してください。] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 再生するトラックと時間を指定し、[OK] をクリックします。

    [オーディオ CD を挿入してください。] ダイアログ ボックス

    "スライド ショーでサウンドを自動的に再生しますか?" というメッセージが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • スライドを表示したときにサウンドが自動的に再生されるようにするには、[自動] をクリックします。
    • クリックしたときにのみにサウンドが再生されるようにするには、[クリック時] をクリックします。

    "スライド ショーでサウンドを自動的に再生しますか?" メッセージ

    音楽 CD のトラックが挿入され、スライドの中央に CD アイコンが表示されます。

  4. スライドの CD アイコンを右クリックし、ショートカット メニューから [サウンド オブジェクトの編集] をクリックして設定します。

    [CD オーディオのオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

    トラック番号、開始時間、終了時間、サウンドの再生回数、音量、および CD アイコンの表示方法などが設定できます。

メモ  

  • サウンドの開始方法は、挿入した後でも、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウで設定の変更ができます。

表示Windows Media Player コントロールを使った挿入方法

Windows Media Player の 6.0 以降がインストールされている場合は、Windows Media Player コントロールを使用してサウンドを再生できます。

次の手順で挿入します。

  1. [挿入] メニューの [オブジェクト] をクリックします。

    [オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. オブジェクトの種類から [Windows Media Player] をクリックして選択し、[OK] をクリックします。

    [オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックス

  3. スライドの [Windows Media Player] コントロールを右クリックし、ショートカット メニューから、[プロパティ] をクリックします。

    [プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [FileName] ボックス、または [URL] ボックスに、再生するファイルのパスと名前を入力し、Enter キーを押します。

    たとえば次のように入力すると、C ドライブの mysound フォルダ内にある mysound.mp3 というサウンド ファイルが再生されます。

    c:\mysound\mysound.mp3

    [プロパティ] ダイアログ ボックス

  5. スライドを表示すると、サウンドが自動的に再生されます。

    [プロパティ] ダイアログ ボックスでは、ループの回数や再生時のウィンドウ サイズなど、サウンド クリップのその他のプロパティを変更することもできます。

メモ  

  • コンピュータの設定を確認するには、[コントロールパネル] の [サウンドとオーディオ デバイス] を参照してください。

表示それぞれの方法の違い

サウンドを挿入する方法について 4 種類の方法を紹介してきましたが、どのように使い分ければよいのでしょうか?


● FAQ 編

表示スライドの一枚一枚にサウンドを挿入するのではなく、プレゼンテーションの始めから終わりまで、バックグランド ミュージックのようにサウンドを流しておく方法はあるのでしょうか?

挿入したサウンドにアニメーション効果を設定することで実現できます。

次の手順で設定します。

  1. スライドのサウンド アイコンを右クリックし、ショートカット メニューから [アニメーションの設定] をクリックします。

    [アニメーションの設定] 作業ウィンドウが表示されます。

  2. 設定されたアニメーションの一覧表から必要なサウンド名をクリックします。

    サウンド名の右側に下向き矢印が表示されます。

  3. 矢印をクリックして、ショートカット メニューの[効果のオプション] をクリックします。

    [再生 サウンド] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [効果] タブの [再生の中止] セクションで、サウンド再生を停止するタイミングを設定します。

    通常は [クリック時] がチェックされていますが、[次のスライドの後] をチェックすると、指定したスライドの終了までサウンドの再生が続きます。

    たとえばスライドが 10 枚のプレゼンテーションで、最後までサウンドを再生したい場合は、この値を 11 以上にしておけば、プレゼンテーションの終了までバックグラウンドでサウンドが再生されます。

    [再生 サウンド] ダイアログ ボックス


表示Web サイト用にスライドを Web 形式で保存したら、すべてのサウンドが再生されなくなりました。Web 形式のスライドでサウンドを再生する方法はありますか?

PowerPoint で、Web 形式プレゼンテーションのサウンド再生を設定することはできません。Web 形式で保存した際に作成される HTML ファイルを編集することで、バックグランド再生を設定できます。

スライドを HTML 形式で保存すると、「スライドのファイル名 + .files」の名前でフォルダが作成されます。フォルダ内の HTML ファイルをメモ帳などで編集し、サウンドを再生するための HTML タグを追加します。

たとえば、fullscreen.html をメモ帳で開くと、2 行目に <html> と <head> に囲まれた空白行があります。ここに「bgsound src="c:\sound\mysound.wma"」と入力し、再生したいサウンド ファイルの場所を指定します(この例では C ドライブの sound フォルダにある mysound.wma を指定しています)。

スライドをブラウザで表示し、フル スクリーンで再生すると、スライドが終了するまで、サウンドがバックグランドで再生されます。

ナビゲーション付きのウィンドウで再生したい場合は、frame.html というファイルを同様に編集します。

fullscreen.html


表示スライドの実行中にサウンドの音量を変えたいのですが?

PowerPoint では、スライド実行中にサウンドの音量を変更することはできません。サウンド ファイルを編集できるアプリケーションで、あらかじめサウンド ファイルの音量を調整しておくか、スライド実行中にスピーカーのボリュームを変えるなどの工夫が必要です。


表示自宅のコンピュータでスライドにサウンド ファイルを挿入し、スライド ショーでもサウンドが再生できることを確認しました。ところが PPT ファイルを会社のコンピュータで再生すると、"サウンド ファイル mysound.wma を再生できません。このファイルが .wav オーディオ ファイルであり、コンピュータ上のオーディオ設定が正しいかどうか確認してください。" というメッセージが表示されました。

サウンド ファイルは、一部の形式を除いて、実際には PPT ファイルの中には埋め込まれず、再生時に呼び出されるしくみになっています。つまり、サウンドを挿入した後で PPT ファイルだけを別のコンピュータに移動すると、PowerPoint はサウンド ファイルを、指定された場所から呼び出せなくなります。これを防ぐためには、挿入したサウンド ファイルと PPT ファイルは、常に同じフォルダに保存するようにしてください。


表示サウンド ファイルをダウンロードできるサービスはありますか?

「クリップ オーガナイザからの挿入方法」をお試しください。

Office Online に接続し、クリップ オーガナイザで利用できるサウンド クリップを検索することができます。


表示1 つのサウンド ファイルだけでなく、複数のサウンド ファイルを再生できますか?

Windows Media Player コントロールと再生リストを併用することで可能です。

  1. Windows Media Player で再生リストを作成します。

    詳細については、「Windows Media Player で再生リストをエクスポートする方法」を参照してください。

  2. Windows Media Player コントロールを挿入します。

    URL ボックスには、サウンド ファイルの代わりに再生リスト ファイルを指定します。スライドを実行すると、再生リストのサウンドが順に再生されます。

    詳細については、「Windows Media Player コントロールを使った挿入方法」を参照してください。


表示サウンド ファイルを再生するのではなく、プレゼンテーション用のナレーションを録音し、スライドと同時に再生したいのですが?

マイクなど録音に必要な機器がコンピュータに接続されていれば、PowerPoint でナレーション作成機能を使うことができます。録音後は他のサウンド ファイルと同じ設定方法で、再生のタイミングを調整することができます。

詳細については、「Office Online のナレーションについてのアシスタント」を参照してください。


表示サウンドの挿入や設定方法の練習をしたいのですが?

Microsoft Office Online では、PowerPoint とサウンドについての無料のオンライン トレーニングを用意しています。ぜひこちらもご利用ください。


 
 
適用対象:
Office 2003, PowerPoint 2003, PowerPoint