Outlook の電子メール プロファイルを切り替える

Microsoft Outlook の電子メール プロファイルは、電子メール アカウント、データ ファイル、および電子メールの格納場所に関する情報で構成されます。ここでは、複数のプロファイルを使用する場合を想定し、特定のプロファイルを既定にする方法、およびプロファイルを切り替える方法を説明します。電子メール プロファイルの詳細については、「Outlook 電子メール プロファイルの概要」を参照してください。

この記事の内容


複数のプロファイルを使用する

複数のプロファイルを使用する場合、常に同じプロファイルを使用するか、Outlook を起動するたびに使用するプロファイルの選択を促すよう Outlook を構成できます。プロファイルを切り替えると、Outlook のセッションで使用できる電子メール アカウントと設定が切り替わります。

 重要   Outlook の動作中に別の電子メール プロファイルに切り替えることはできません。

ページの先頭へ ページの先頭へ

常に同じプロファイルを使用するよう Outlook を構成する

  1. Microsoft Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • Windows Vista の場合     [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

 メモ   クラシック表示を使用している場合は、[メール] をダブルクリックします。

  • Microsoft Windows XP の場合     [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

 メモ   クラシック表示を使用している場合は、[メール] をダブルクリックします。

  1. [メール] アイコンは、Outlook をインストールし、一回以上実行しなければ表示されません。

[メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

メール セットアップ

  1. [プロファイル] をクリックします。
  2. [Microsoft Office Outlook の起動時に使用するプロファイル] の [常に使用するプロファイル] をクリックし、ボックスの一覧で使用するプロファイルをクリックします。

[メール] ダイアログ ボックス

ページの先頭へ ページの先頭へ

起動時にプロファイルの選択を促すよう Outlook を構成する

  1. Microsoft Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • Windows Vista の場合     [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

 メモ   クラシック表示を使用している場合は、[メール] をダブルクリックします。

  • Microsoft Windows XP の場合     [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

 メモ   クラシック表示を使用している場合は、[メール] をダブルクリックします。

  1. [メール] アイコンは、Outlook をインストールし、一回以上実行しなければ表示されません。

[メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

メール セットアップ

  1. [プロファイルの表示] をクリックします。
  2. [Microsoft Office Outlook の起動時に使用するプロファイル] の [使用するプロファイルを選択する] をクリックします。

[メール] ダイアログ ボックス

  1. Outlook の起動時に、使用するプロファイルを [プロファイル名] ボックスの一覧でクリックします。

[プロファイルの選択] ダイアログ ボックス

 ヒント   複数のプロファイルを使用する場合、通常は最も頻繁に使用するプロファイルがあります。[使用するプロファイルを選択する] オプションでは、[プロファイル名] ボックスの一覧で常にそのプロファイルを選択するよう Outlook を構成できます。この方法を使用すると、[OK] をクリックするだけで、目的のプロファイルを使用できるようになります。

  1. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスの [プロファイル名] ボックスの一覧で、自動的に選択するプロファイルをクリックします。
  2. [オプション] をクリックして、[オプション] の [既定のプロファイルとして設定] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Outlook 2007