Outlook 2013 の新機能

Outlook を開くと、まずデザインが一新されていることに気付きます。見た目がすっきりし、メール、予定表、連絡先などがわかりやすく表示され、重要事項に注目しやすいデザインになっています。

Outlook 2013 のメール、タスク、予定、予定表の基本的な使い方については、「Outlook 2013 の基本的な作業」を参照してください。

 重要    Office 2013 RT アプリケーションでは、一部の機能を利用できません使用している Office のバージョンを確認する方法については、こちらを参照してください。

コミュニケーション

メッセージ一覧でメッセージのプレビューを表示する

どのメッセージを最初に読んで対応すべきかが一目でわかります。

メッセージ一覧でメッセージのプレビューを表示する

インライン返信ですぐに返信する

閲覧ウィンドウに直接返信を入力して、クリック 1 回で返信できます。または、Lync の IM での会話で、すぐにチャットを始めることもできます。

インライン返信

メッセージ一覧でコマンドを使ってすばやく対応する

メッセージ一覧で使用可能な便利なコマンドで、メッセージにフラグを付けたり、メッセージを削除したりできます。また、開封済みや未読のマークを付けることもできます。

フラグと削除のコマンド

また、受信トレイの [すべて] や [未読] を使うと、目的のメッセージに集中することもできます。

開封と未開封

詳細:

ページの先頭へ ページの先頭へ

管理

プレビューを見る

メールから予定表またはその他のモードに切り替えることなく、スケジュールや予定、メール相手の詳細情報を一目で確認できます。

プレビュー

詳細:

連絡先の詳細をすべて 1 か所に表示する

連絡先カードには、連絡先に関する重要な詳細 (電話番号、メール アドレス、住所、会社情報、ソーシャル メディアの更新情報、連絡可能かどうかなど) がすべて 1 か所にまとめて表示されます。このカードから、会議の予約、インスタント メッセージの送信、電話の発信など、すべてのコミュニケーションが可能になります。

連絡先カード

Outlook の主な機能をすばやく切り替える

画面下部のステータス バーのすぐ上には、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク] のボタンがわかりやすく表示され、それぞれの画面に簡単に移動できます。

Outlook の機能

詳細: 予定表、連絡先、またはタスクを表示する

受信トレイをカスタマイズする

受信トレイ内のフォルダーの名前を変更したり、作業に合わせて移動したりします。

受信トレイをカスタマイズする

プロジェクトの文書とメールをサイト メールボックスにまとめる

Outlook、Exchange、SharePoint を組み合わせて利用すれば、チームのすべてのメンバーがチーム フォルダー、予定表、タスク一覧にアクセスして管理できるようになります。

サイト メールボックス

アドインなしで Outlook.com に接続する

Outlook 2013 では、初期状態で Exchange ActiveSync がサポートされているので、Outlook.com (旧 Hotmail) に接続するために特別なアドインは必要ありません。また、生活の細かい部分までタスクで管理している場合は、Outlook.com のタスクを Outlook と同期できるようになったので、タスクを一元的に管理することもできます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

検索

必要なときに必要なものを見つける

メールや添付ファイル、予定表の約束、連絡先を検索し、必要な情報をすばやく見つけることができます。

詳細:

天気予報

地域の天気予報を調べる必要はありません。予定表ビューに、現在の天気と予報が表示されています。

天気予報バー

詳細:

ページの先頭へ ページの先頭へ