Outlook データ ファイル (.pst) を開く、または閉じる

Outlook を初めて実行すると、必要なデータ ファイルが自動的に作成されます。ただし、追加のデータ ファイルが必要になる場合もあります。たとえば、アーカイブしたアイテムを別の Outlook データ ファイル (.pst) (Outlook データ ファイル (.pst): メッセージやその他のアイテムを格納する、コンピューター上のデータ ファイル。.pst ファイルは、電子メール メッセージの既定の配信場所に設定できます。また、アイテムの整理やバックアップ用にも使用できます。) に保存したり、プロジェクト別に関連情報を独自の Outlook データ ファイル (.pst) に保存する場合があります。

 メモ   通常、Microsoft Exchange アカウントには Outlook データ ファイル (.pst) が使用されません。ユーザーの情報は Exchange を実行しているサーバーに保存されますが、ユーザーが作成したアーカイブにはコンピューターに保存されている Outlook データ ファイル (.pst) が使用されます。

Outlook データ ファイル (.pst) を開く

ナビゲーション ウィンドウ (ナビゲーション ウィンドウ: 情報を整理するためのフォルダーにアクセスできる領域。フォルダーをクリックすると、その中にあるアイテムが表示されます。ナビゲーション ウィンドウには、この他に [お気に入りフォルダー] セクションや、[メール]、[予定表]、[タスク] などのビューを切り替えるボタンがあります。)に表示されない Outlook データ ファイル (.pst) がある場合、それを追加してファイル内のアイテムを操作することができます。

[ファイル] タブをクリックします。

  1. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。
  2. [データ ファイル] タブの [追加] をクリックします。
  3. 開く Outlook データ ファイル (.pst) をクリックして、[OK] をクリックします。

データ ファイルの場所

Microsoft Outlook 2010 を使用して作成した Outlook データ ファイル (.pst) は、ユーザーのコンピューターの "ドキュメント¥Outlook ファイル" フォルダーに保存されます。Windows XP を使用している場合、これらのファイルは "マイ ドキュメント¥Outlook ファイル" フォルダーに作成されます。

以前のバージョンの Outlook で作成されたファイルは、隠しフォルダー内の別の場所に保存されます。

  • Windows 7 および Windows Vista の場合     <ドライブ>:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Outlook
  • Windows XP     <ドライブ>:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Outlook

 ヒント   Windows の隠しフォルダーの詳細については、Windows のヘルプとサポートを参照してください。

Outlook データ ファイル (.pst) の表示名を変更する

Outlook データ ファイル (.pst) に指定したファイル名は、ナビゲーション ウィンドウに表示されます。Outlook 2010 より前のバージョンでは、Outlook データ ファイル (.pst) の既定の表示名は "個人用フォルダー" でした。以前のバージョンの Outlook で作成された複数の Outlook データ ファイル (.pst) を使用している場合、この名前は混乱を招く可能性があります。Outlook データ ファイル (.pst) ごとにわかりやすい表示名を使用することをお勧めします。

[ファイル] タブをクリックします。

  1. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。
  2. [データ ファイル] タブで、Outlook データ ファイル (.pst) をクリックし、[設定] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに、Outlook データ ファイル (.pst) のわかりやすい名前を入力します。

[Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックス

 メモ   表示名を変更しても、ファイル名は変更されません。ナビゲーション ウィンドウに表示される名前だけが変更されます。

ページの先頭へ

Outlook データ ファイル (.pst) を閉じる

Outlook データ ファイル (.pst) に頻繁にアクセスする必要がなくなった場合、ファイルを閉じることができます。閉じたファイルはナビゲーション ウィンドウには表示されませんが、コンピューターからは削除されません。

  • ナビゲーション ウィンドウから消去する Outlook データ ファイル (.pst) の名前を右クリックし、[<ファイル名> を閉じる] をクリックします。

[Outlook データ ファイル (.pst) を閉じる] コマンド

[閉じる] が使用できない場合は、新しいメッセージを保存するための既定の Outlook データ ファイル (.pst) を削除しようとしています。削除すると、新しいメッセージの保存先がなくなります。

ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Outlook 2010