送信したメッセージを取り消す、または置き換える

この機能を使用するには、Microsoft Exchange のアカウントを使用している必要があります。個人用アカウントと自宅の電子メール アカウント (Windows Live Hotmail、Google Gmail など) の多くは、POP3 (POP3: インターネットの電子メール サーバーからメッセージをダウンロードするときに使用される標準のプロトコルです。)IMAP (IMAP (Internet Message Access Protocol): サーバーに受信トレイ フォルダーが 1 つだけ作成される POP3 などのインターネット電子メール プロトコルとは異なり、サーバーに複数のフォルダーを作成して保存、整理することにより、複数のコンピューターによるメッセージへのアクセスに対応するプロトコルです。) など、異なるアカウントの種類を使用しています。これらのアカウントでは、この機能は使用されません。

Microsoft Outlook の取り消し機能では、メッセージの配信を停止し、必要に応じて送信済みの電子メール メッセージを置き換えます。メッセージの取り消しは、[送信] をクリックした後、ファイルを添付し忘れた、メッセージに必要な情報を入れ忘れた、または最初に送信した内容を修正する必要があることに気付いた場合に使用できます。

 メモ   メッセージの受信者も、同じ組織内で Microsoft Exchange アカウントを使用している必要があります。

この記事の内容


メッセージを取り消す

修正したメッセージを送信せずに取り消すには、次の操作を行います。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [メール (ナビゲーション ウィンドウ: 情報を整理するためのフォルダーにアクセスできる領域。フォルダーをクリックすると、その中にあるアイテムが表示されます。ナビゲーション ウィンドウには、この他に [お気に入りフォルダー] セクションや、[メール]、[予定表]、[タスク] などのビューを切り替えるボタンがあります。)] で、[送信済みアイテム] をクリックします。
  2. 取り消すメッセージを開きます。
  3. [メッセージ] タブの [アクション] で [その他のアクション オプション] をクリックし、[メッセージの取り消し] をクリックします。

表示[メッセージの取り消し] が表示されない場合

[メッセージの取り消し] が表示されない場合は、Exchange アカウントを保持していないか、組織でこの機能が使用できないようになっている可能性があります。

Outlook の [アカウント設定] ダイアログ ボックスを参照して、Outlook プロファイル内の電子メール アカウントの種類を確認できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。
  1. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

[電子メール] タブの [種類] 列に、各エントリのアカウントの種類が示されます。

Microsoft Backstage ボタン


  1. [未読ならば、受信トレイから削除する] をクリックします。

 メモ   メッセージを多数のユーザーに送信する場合は、[受信者ごとに取り消し状況を確認する] チェック ボックスをオフにすることを検討してください。

Recall This Message dialog box

コールアウト 1 メッセージの削除のみを行うか、メッセージを削除して置き換えるかを選択します。
コールアウト 2 取り消しが成功したことの確認を受け取るには、チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

メッセージを取り消して置き換える

メッセージを取り消すだけでなく、代わりのメッセージを送信できます。たとえば、ファイルを添付し忘れた場合、メッセージを取り消した後、ファイルを添付した代わりのメッセージを送信できます。受信者がメッセージをまだ開いていない場合は、元のメッセージは受信者のメールボックスから削除され、更新されたメッセージに置き換えられます。

メッセージを取り消して修正したメッセージを送信するには、次の操作を行います。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [メール (ナビゲーション ウィンドウ: 情報を整理するためのフォルダーにアクセスできる領域。フォルダーをクリックすると、その中にあるアイテムが表示されます。ナビゲーション ウィンドウには、この他に [お気に入りフォルダー] セクションや、[メール]、[予定表]、[タスク] などのビューを切り替えるボタンがあります。)] で、[送信済みアイテム] をクリックします。
  2. 取り消して置き換えるメッセージを開きます。
  3. [メッセージ] タブの [アクション] で [その他のアクション オプション] をクリックし、[メッセージの取り消し] をクリックします。

表示[メッセージの取り消し] が表示されない場合

[メッセージの取り消し] が表示されない場合は、Exchange アカウントを保持していないか、組織でこの機能が使用できないようになっている可能性があります。

Outlook の [アカウント設定] ダイアログ ボックスを参照して、Outlook プロファイル内の電子メール アカウントの種類を確認できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。
  1. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

[電子メール] タブの [種類] 列に、各エントリのアカウントの種類が示されます。

Account Settings E-mail tab


  1. [未読ならば、削除して別のメッセージに置き換える] をクリックします。

 メモ   メッセージを多数のユーザーに送信する場合は、[受信者ごとに取り消し状況を確認する] チェック ボックスをオフにすることを検討してください。

  1. [OK] をクリックし、新しいメッセージを更新します。添付ファイルを削除または追加することもできます。
  2. [送信] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

取り消しの成功に影響するシナリオ

メッセージの取り消しが成功するか失敗するかは、受信者の Microsoft Outlook の設定によって決まります。次の表に、5 つのシナリオを示します。

  • さまざまな状況での動作を説明する 4 つのシナリオ
  • Microsoft Exchange のパブリック フォルダーに送信されたメッセージの取り消しについて説明する 1 つのシナリオ
操作 結果

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターの [確認] では、[会議出席依頼、会議出席依頼への返信、投票を自動処理する] チェック ボックスがオンになっています。

 メモ   この設定を表示するには、Microsoft Backstage Button (Microsoft Backstage ボタン) をクリックします。Outlook の [オプション] をクリックし、[メール] をクリックして、[確認] までスクロールします。

元のメッセージと取り消しメッセージの両方が受信者の受信トレイに届きます。

元のメッセージが未読であると想定した場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

 メモ   取り消しメッセージが処理されたときに元のメッセージが開封済みにされている場合 (このシナリオでは、閲覧ウィンドウでの表示は開封済みと見なされません) は、送信者がメッセージの削除を希望していることが受信者に通知されますが、メッセージは受信者の Outlook フォルダーに残ります。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターの [確認] では、[会議出席依頼、会議出席依頼への返信、投票を自動処理する] チェック ボックスがオフになっています。

 メモ   この設定を表示するには、Microsoft Backstage Button (Microsoft Backstage ボタン) をクリックします。Outlook の [オプション] をクリックし、[メール] をクリックして、[確認] までスクロールします。

元のメッセージと取り消しメッセージの両方が受信者の受信トレイに届きます。

受信者のコンピューターでは、次のような結果になります。

  • 受信者が取り消しメッセージを先に開いた場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。
  • 受信者が元のメッセージを先に開いた場合、取り消しは失敗し、古いメッセージと新しいメッセージの両方が閲覧可能になります。

 メモ   取り消しメッセージが処理されたときに元のメッセージが開封済みにされている場合 (このシナリオでは、閲覧ウィンドウでの表示は開封済みと見なされません) は、送信者がメッセージの削除を希望していることが受信者に通知されますが、メッセージは受信者の Outlook フォルダーに残ります。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターでは、ルールまたは受信者の操作のどちらかによって元のメッセージが受信トレイから別のフォルダーに移動され、取り消しメッセージが受信トレイに残ります (または別のフォルダーに移動されます)。

取り消しメッセージと元のメッセージが別個のフォルダーに存在する場合、受信者は、取り消し試行が失敗したことを示すメッセージを受け取ります。この状況は、Outlook の構成やメッセージの開封状況に関係なく発生します。

受信者は、元のメッセージと新規メッセージの両方を閲覧できます。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターでは、ルールまたは受信者の操作のどちらかによって両方のメッセージが同じフォルダーに移動されます。この場合は、Outlook がメッセージを自動的に処理するように構成されていないときと同じように動作します。

受信者のコンピューターでは、次のような結果になります。

  • 受信者が最初に取り消しメッセージを開いた場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。
  • 受信者が最初に元のメッセージを開き、取り消しに失敗した場合は、古いメッセージと新しいメッセージの両方が閲覧可能になります。
メッセージをパブリック フォルダーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

次のいずれかの結果になります。

  • 取り消しメッセージを読んだ受信者がパブリック フォルダー内のすべてのアイテムに対する読み取りアクセス権を持ち、なおかつ元のメッセージを読んでいない場合、取り消しは成功し、新規メッセージだけが残ります。送信者は、取り消しが成功したことを示すメッセージを受信します。
  • 受信者によって元のメッセージが既に開封済みにされている場合は、取り消しが失敗したことが送信者に通知され、取り消しメッセージだけが削除されます。

他のパブリック フォルダーの権限を持つユーザーが取り消しメッセージを開いた場合、取り消しは失敗し、送信者は取り消しが失敗したことを示すメッセージを受信します。この場合、古いメッセージと新しいメッセージの両方がパブリック フォルダーに残ります。

 メモ 

  • 受信者が元のメッセージを読んだ後に未読としてマークした場合、そのメッセージはまだ読まれていないと見なされ、正常に取り消されます。
  • パブリック フォルダーでは、取り消しが成功するか失敗するかは送信者ではなく受信者の権限によって決まります。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Outlook 2010