Outlook と Google Gmail の間で連絡先を転送する

Google Gmail の連絡先を Microsoft Outlook に転送できます。また、Outlook の連絡先を Google Gmail にエクスポートすることもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください


Google Gmail から Outlook に連絡先をインポートする

  1. Google Gmail アカウントにログオンします。
  2. 左側の欄の [連絡先] をクリックします。
  3. 画面の右側で、メッセージの件数の上の [エクスポート] をクリックします。
  4. [Outlook CSV (Outlook クライアントにインポートする場合)] をクリックします。
  5. [連絡先をエクスポート] をクリックします。
  6. エクスポート ファイルのダウンロードの確認を求めるメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  7. ファイルを一時的に保存する、コンピュータ上の場所を選択します。既定のファイル名は、gmail-to-outlook.csv です。

 メモ   Outlook への連絡先のインポートが完了したら、このファイルは削除できます。

  1. [保存] をクリックします。
  2. Outlook で、[ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
  3. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [テキスト ファイル (DOS、カンマ区切り)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [インポートするファイル] ボックスの横の [参照] をクリックし、手順 8. でダウンロードしたファイルの場所を指定し、ファイルをダブルクリックします。
  6. 次のいずれかをクリックします。
    • [重複した場合、インポートするアイテムと置き換える]
    • [重複してもインポートする]
    • [重複するアイテムはインポートしない]
  7. [次へ] をクリックします。
  8. フォルダの一覧で、インポートされた連絡先情報を格納する連絡先フォルダをクリックし、[次へ] をクリックします。
  9. フィールドを追加または削除して、新しいインポート ファイルに連絡先情報を保存する方法を指定するには、[フィールドの一致] をクリックします。

 メモ   別のプログラムまたはファイルからデータをインポートするときに、[ファイルのインポート] ダイアログ ボックスの [フィールドの一致] ボタンが使用可能になっていない場合があります。[以下の処理を実行します] ボックスの [インポート] チェック ボックスをオンにすると、[フィールドの一致] ボタンが使用可能になります。

表示フィールドの一致に関するヘルプ情報

  1. [インポート/エクスポート元] ボックスで、変換するフィールドを [インポート/エクスポート先] ボックスに表示されている Outlook のフィールドまでドラッグします。

 メモ   Outlook では、指定した範囲の最初の行 (つまり、フィールド名) は予約されているため、[インポート/エクスポート先] ボックスには、"名前" フィールドは表示されません。インポートする範囲にフィールド名が含まれていない場合、データの最初の行がフィールド名として解釈され、データとしてはインポートされません。指定した範囲のすべてのデータがインポートされるようにするには、最初の行をフィールド名として使用してください。

  • [インポート/エクスポート元] ボックスの他のレコードを表示するには、[前へ] または [次へ] をクリックします。
  • すべてのマップを解除するには、[すべてクリア] をクリックします。
  • 元のマップにリセットするには、[既定値に戻す] をクリックします。
  1. [インポート/エクスポート先] ボックス内の他のフィールドを表示するには、フィールドの横の正符号 (+) をクリックします。たとえば、[番地 (会社)] および [市町村 (会社)] を表示するには、[会社住所] の横の正符号 (+) をクリックします。
  1. [完了] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

Outlook から Google Gmail に連絡先をエクスポートする

Outlook から連絡先をエクスポートする前に、Outlook アドレス帳と Outlook 連絡先の違いについて理解しておくと役立ちます。この 2 つは、どちらも Outlook の一部です。ただし、アドレス帳は、Outlook に保存されるさまざまなアドレス一覧を集めたものであり、LDAP (Lightweight Directory Access Protocol (LDAP): インターネット ディレクトリへのアクセスに使用されるプロトコルです。) インターネット ディレクトリ、グローバル アドレス一覧 (グローバル アドレス一覧: 組織内のすべてのユーザー、グループ、および配布リストが登録されているアドレス帳です。このアドレス帳は、システム管理者が作成および管理します。グローバル アドレス一覧には、パブリック フォルダーの電子メール アドレスが保存されていることもあります。) (GAL)、または他のサード パーティのアドレス帳が含まれる場合があります。連絡先は、アドレス帳に含まれているアドレス一覧の 1 つに過ぎません。Outlook から Google Gmail に直接エクスポートできるのは、連絡先だけです。

  1. Outlook で、[ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
  2. [ファイルへエクスポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [テキスト ファイル (DOS、カンマ区切り)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. フォルダ一覧で、エクスポートする連絡先をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. ファイルを一時的に保存する、コンピュータ上の場所を選択します。

 メモ   Google Gmail への連絡先のインポートが完了したら、このファイルは削除できます。

  1. エクスポート ファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。
  2. [次へ] をクリックします。
  3. フィールドを追加または削除して、新しいインポート ファイルに連絡先情報を保存する方法を指定するには、[フィールドの一致] をクリックします。

 メモ   別のプログラムまたはファイルからデータをインポートするときに、[ファイルのエクスポート] ダイアログ ボックスの [フィールドの一致] ボタンが使用可能になっていない場合があります。[以下の処理を実行します] ボックスの [エクスポート] チェック ボックスをオンにすると、[フィールドの一致] ボタンが使用可能になります。

表示フィールドの一致に関するヘルプ情報

  1. [インポート/エクスポート元] ボックスで、変換するフィールドを [インポート/エクスポート先] ボックスに表示されている Outlook のフィールドまでドラッグします。

 メモ   Outlook では、指定した範囲の最初の行 (つまり、フィールド名) は予約されているため、[インポート/エクスポート先] ボックスには、"名前" フィールドは表示されません。インポートする範囲にフィールド名が含まれていない場合、データの最初の行がフィールド名として解釈され、データとしてはインポートされません。指定した範囲のすべてのデータがインポートされるようにするには、最初の行をフィールド名として使用してください。

  • [インポート/エクスポート元] ボックスの他のレコードを表示するには、[前へ] または [次へ] をクリックします。
  • すべてのマップを解除するには、[すべてクリア] をクリックします。
  • 元のマップにリセットするには、[既定値に戻す] をクリックします。
  1. [インポート/エクスポート先] ボックス内の他のフィールドを表示するには、フィールドの横の正符号 (+) をクリックします。たとえば、[番地 (会社)] および [市町村 (会社)] を表示するには、[会社住所] の横の正符号 (+) をクリックします。
  1. [完了] をクリックします。
  2. Google Gmail アカウントにログオンします。
  3. 左側の欄の [連絡先] をクリックします。
  4. 画面の右側で、メッセージの件数の上の [インポート] をクリックします。
  5. [連絡先をインポート] の下の [参照] をクリックします。
  6. 手順 9. でエクスポートしたファイルを選択します。
  7. [開く] をクリックします。
  8. [連絡先をインポート] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Outlook 2007