送信トレイに残ったメッセージを削除する

対象アプリケーション
Microsoft Office Outlook® 2003
Microsoft Outlook® 2002

添付ファイル付きの電子メール メッセージを送信しても送信トレイにメッセージが残る場合、メッセージを削除できます。メッセージを削除できない場合は、次のいくつかのオプションを使用して削除します。

表示オプション 1 : ファイアウォール、またはウイルス対策ソフトウェアを一時的にアンインストールするか、無効にする

送信トレイにメッセージが残る理由の 1 つとして、ある種のファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアをインストールしていることが挙げられます。Outlook を終了し、 これらのファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアを一時的にアンインストールするか、無効にします。

Outlook を再起動し、送信トレイの電子メール メッセージを削除します。それでもメッセージを削除できない場合は、ファイアウォールとウイルス対策ソフトウェアを再インストールするか、有効にして、オプション 2 を実行します。

表示オプション 2 : Outlook をセーフ モードで起動する

  1. Outlook を起動している場合は終了します。
  2. タスク バーの [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに「Outlook /safe 」と入力します。

 メモ   Outlook とその後の スラッシュ (/) の間にはスペースが入ります。

  1. [OK] をクリックします。
  2. [送信トレイ] の電子メール メッセージを削除します。

それでもメッセージを削除できない場合は、セーフ モードで起動した Outlook を終了します。Outlook を再起動して、オプション 3 を実行します。

表示オプション 3 : 新しい Outlook プロファイルを作成する

プロファイルが破損している可能性があります。新しいプロファイルを作成するには、電子メール アカウントを再設定する必要がありますが、コンピュータにメッセージを保存すれば、古い電子メール メッセージを引き続き使用できます。元のプロファイルで使用していた個人用フォルダ ファイル (.pst) (個人用フォルダー ファイル (.pst): 自分のコンピューター上でのメッセージおよびその他のアイテムを保存するデータ ファイルです。.pst ファイルは、電子メールの既定の配信場所に設定したり、アイテムの整理やバックアップ用にも使用したりできます。) は、新しいプロファイルで使用できます。

  1. すべての Outlook アイテムを含む .pst ファイルの名前を確認してください。

表示その方法は?

  1. [メール設定] ダイアログ ボックスを開きます。

表示その方法は?

表示Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 の場合

  • [コントロール パネル] の [ユーザー アカウント] をダブルクリックし、[メール] をクリックします。

 メモ   コントロール パネルのクラシック表示を使用している場合は、[メール] をダブルクリックします。

表示Microsoft Windows 2000 の場合

  • [コントロール パネル] の [メール] をダブルクリックします。
  1. [プロファイル] をクリックします。
  2. [追加] をクリックします。
  3. プロファイル (Outlook の電子メール プロファイル: プロファイルは、電子メール アカウントと設定によって電子メールの保存場所を記憶するために Outlook によって使用されます。)の名前を入力し、[OK] をクリックします。
  4. 電子メール アカウントを追加します。

表示電子メール アカウントを追加する

  1. [新しい電子メール アカウントの追加] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  2. アカウントに使用する電子メール サーバーを選択し、[次へ] をクリックします。

 メモ   MSN Hotmail アカウントを設定するには、[HTTP] をクリックします。

  1. 該当するボックスに、インターネット サービス プロバイダ (ISP) (ISP: 電子メール、チャット ルーム、World Wide Web の使用など、インターネットへの接続サービスを提供する企業。さまざまな地域で接続サービスを提供している多国籍 ISP もあれば、特定の地域に限定してサービスを提供している ISP もあります。) または管理者から提供された情報を入力します。

 メモ 

  • MSN または MSN Hotmail アカウントを使用している場合は、Microsoft Office Outlook Connector を使用することをお勧めします。Microsoft Office Outlook Connector では、アカウントに関連付けられた電子メール メッセージ、予定表、連絡先、仕事、メモなどへの安定したアクセスが提供されます。
  • ISP から、セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) をサービスで使用しているという指摘がない限り、[メール サーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください] チェック ボックスはオンにしないでください。
  • ISP から指定されない限り、サーバーとアドレスの項目はすべて小文字で入力します。ISP によっては、"passWorD" のように、大文字と小文字を組み合わせたパスワードを使用してセキュリティを強化している場合があります。パスワードの大文字と小文字が区別されるかどうかについては、ISP に確認してください。

パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強固とはいえません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードといえます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。詳細については、「強力なパスワード : その作り方と使い方」を参照してください。

パスワードは必ず覚えておいてください。パスワードを忘れてしまった場合も、マイクロソフト側でお調べすることはできません。紙片などに書き留めたパスワードは、そのパスワードで保護する情報から離れた安全な場所に保管してください。

  • [パスワード] ボックスにパスワードを入力し、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにすると、パスワードが Outlook に記録されます。これにより、アカウントにアクセスするたびにパスワードを入力する必要はなくなりますが、一方で、そのコンピュータにアクセスする他の人に対してアカウントが無防備な状態になります。

次のいずれかの操作を行います。

    • Microsoft Exchange Server アカウントを追加する場合は、[名前の確認] をクリックして、サーバーがその名前を認識することを確認します。入力した名前とサーバーには、下線が付きます。使用するコンピュータがネットワークに接続されていることを確認してください。名前に下線が付かない場合は、システム管理者に問い合わせてください。
    • POP3 (POP3: インターネットの電子メール サーバーからメッセージをダウンロードするときに使用される標準のプロトコルです。) サーバー アカウントを追加する場合は、[アカウント設定のテスト] をクリックして、アカウントが機能することを確認します。パスワードなどの情報が指定されていないか、誤って指定されている場合は、入力や修正を要求するメッセージが表示されます。コンピュータがインターネットに接続されていることを確認してください。
  1. その他の設定 (コンピュータを電子メール サーバーに接続する方法など) を追加する場合は、[詳細設定] をクリックします。それ以外の場合は、[次へ] をクリックします。
  2. [完了] をクリックします。
  1. [メール] ダイアログ ボックスの [使用するプロファイルを選択する] をクリックし、[OK] をクリックします。
  2. Outlook を再起動し、新しいプロファイルを選択します。

次の手順を実行して、以前のプロファイルで使用していた古い .pst ファイルの保存済みメッセージをインポートできます。

  1. [ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
  2. [ほかのアプリケーションまたはファイルからのインポート] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。
  3. [個人用フォルダ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [インポートするファイル] ボックスで、インポートする .pst ファイルのパスとファイル名を指定します。
  5. 次のいずれかのオプションを選択します。

[重複した場合、インポートするアイテムと置き換える]    既存のデータはインポートする .pst ファイル内の情報によって上書きされます。

[重複してもインポートする]    既存のデータは上書きされず、重複するアイテムが現在の Outlook フォルダに追加されます。

[重複したらインポートしない]    既存のデータが維持され、.pst ファイル内の重複する情報は現在の Outlook フォルダにコピーされません。

  1. インポート/エクスポート ウィザードの手順に従って操作します。

 メモ   複数の言語や、システム コード ページでサポートされていない言語で作成されたアイテム (アイテム: Outlook で情報を格納する基本的な要素です (他のプログラムでのファイルに類似)。アイテムには、電子メール メッセージ、予定、連絡先、タスク、履歴項目、メモ、フォルダーに投稿されたアイテムやファイルがあります。)は、Unicode をサポートしていない種類のファイルにはインポートしないでください。たとえば、.pst ファイル内に複数の言語で作成されたアイテムがある場合は、そのアイテムを Microsoft Outlook 97 ~ 2002 の .pst ファイルにインポートしないでください。このファイルの種類では Unicode がサポートされていません。したがって、システム コード ページでサポートされていない言語の文字が、アイテムの本文以外のテキスト フィールド (メッセージの [宛先] 行と [件名] 行など) に表示されると、連絡先アイテムの ContactName プロパティと BusinessTelephoneNumber プロパティは正しく解釈されず、疑問符 (?) やその他の認識できないテキストが表示されます。

 
 
適用対象:
Outlook 2003