Outlook データ ファイルを別の場所に移動する

対象アプリケーション
Microsoft Office Outlook® 2003
Microsoft Outlook® 2000 および 2002

Microsoft Exchange Server の電子メール アカウントを使用している場合、電子メール メッセージ、予定表、連絡先、その他のアイテムは通常、サーバー上のメールボックスに配信されます。新しいコンピュータに Outlook をインストールし、電子メール アカウント ウィザードで Exchange Server の電子メールアカウントを選択すると、サーバー上のすべてのアイテムを再度使用できるようになります。この記事の以降の情報は、アーカイブまたはローカル データ ファイルを作成した場合か、Exchange メッセージをローカル データ ファイルに配信するように指定した場合だけに当てはまります。

POP3 (POP3 : インターネットの電子メール サーバーからメッセージをダウンロードするときに使用される標準のプロトコルです。) 電子メール アカウント (より一般的に使用される個人用電子メール アカウント) を使用する場合、電子メール メッセージはインターネット サービス プロバイダ (ISP) (ISP : 電子メール、チャット ルーム、World Wide Web の使用など、インターネットへの接続サービスを提供する企業。さまざまな地域で接続サービスを提供している多国籍 ISP もあれば、特定の地域に限定してサービスを提供している ISP もあります。) の POP3 電子メール サーバーからお使いのコンピュータにダウンロードされ、Outlook.pst というローカルの個人用フォルダ ファイル (.pst) (個人用フォルダ ファイル (.pst) : 自分のコンピュータ上でのメッセージおよびその他のアイテムを保存するデータ ファイルです。.pst ファイルは、電子メールの既定の配信場所に設定したり、アイテムの整理やバックアップ用にも使用したりできます。) に配信および保存されます。 Outlook.pst は既定のデータ ファイル名です。 Outlook.pst は <ドライブ名>:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook フォルダに保存されます。

メモ  既定では、このフォルダは表示されません。Windows エクスプローラでこのフォルダを表示するには、まず隠しフォルダの表示を有効にする必要があります。Windows エクスプローラで、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。[詳細設定] セクション ([表示] タブ) の [ファイルとフォルダ] の下にある [ファイルとフォルダの表示] で [すべてのファイルとフォルダを表示する] をオンにします。すべてのファイル名拡張子を表示するには、[ファイルとフォルダ] の [登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにします。隠しフォルダは通常のフォルダではないことを示すために淡色表示されます。

Outlook.pst ファイルは、コンピュータ上の任意の場所に移動できます。たとえば、バックアップ ファイルを容易に作成できるように、Outlook データ ファイルを D ドライブやマイ ドキュメント フォルダに保存することもできます。

準備

まず、"個人用フォルダ" という .pst ファイルの表示名をもっとわかりやすい名前に変えましょう。表示名を変えることによって、複数の .pst ファイルを使用する場合に Outlook データ ファイルを区別しやすくなります。

  1. ナビゲーション ウィンドウ (ナビゲーション ウィンドウ : Outlook ウィンドウの左側にある列のことです。[ショートカット] や [メール] などのウィンドウや、各ウィンドウ内のショートカットやフォルダが表示されます。フォルダをクリックすると、フォルダ内のアイテムにすばやくアクセスできます。)で、[個人用フォルダ] をマウスの右ボタンでクリックし、[個人用フォルダのプロパティ] をクリックします。

    メモ  ナビゲーション ウィンドウの [メール] には、このフォルダが必ず最上位に表示されます。

  2. [詳細] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに「太郎のメール」のようにわかりやすい名前を入力します。
  4. [OK] を 2 回クリックします。

個人用フォルダ ファイル (.pst) を別の場所に移動する

以上で Outlook データ ファイルを移動する準備が整いました。

  1. Outlook で .pst ファイルの場所と名前をメモします。

    表示その方法は?

    1. ナビゲーション ウィンドウで、[個人用フォルダ] (または .pst ファイルに対応する名前) をマウスの右ボタンでクリックし、["フォルダ名" のプロパティ] をクリックします。

      メモ  ナビゲーション ウィンドウの [メール] には、このフォルダが必ず最上位に表示されます。

    2. [詳細] をクリックします。
    3. [ファイル名] ボックスで、.pst ファイルのフルパスと名前をメモします。
  2. Outlook を終了します。
  3. ファイルを移動します。

    表示その方法は?

    • Windows エクスプローラで、各 .pst ファイルを既定の場所 (<ドライブ名>:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook フォルダ) から目的のフォルダにコピーします。

    メモ  既定では、このフォルダは表示されません。Windows エクスプローラでこのフォルダを表示するには、まず隠しフォルダの表示を有効にする必要があります。 Windows エクスプローラで、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。[詳細設定] セクション ([表示] タブ) の [ファイルとフォルダ] の下にある [ファイルとフォルダの表示] で [すべてのファイルとフォルダを表示する] をオンにします。すべてのファイル名拡張子を表示するには、[ファイルとフォルダ] の [登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにします。隠しフォルダは通常のフォルダではないことを示すために淡色表示されます。

  4. コントロール パネルの [メール] を開きます。

    表示その方法は?

    • 次のいずれかの操作を行います。

      表示Microsoft Windows® XP または Microsoft Windows Server™ 2003

      • コントロール パネルの [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

        メモ  クラシック表示を使用している場合は、コントロール パネルの [メール] をダブルクリックします。

      表示Microsoft Windows 2000

      • コントロール パネルの [メール] をダブルクリックします。
  5. [プロファイル] をクリックし、.pst ファイルを含むプロファイルを選択します。
  6. [プロパティ] をクリックし、[データ ファイル] をクリックします。
  7. 一覧からデータ ファイルを選択し、[設定] をクリックします。
  8. ダイアログ ボックスに、元の場所にデータ ファイルが見つからないことを知らせるエラー メッセージが表示された場合は、[OK] をクリックします。
  9. 新しいフォルダに移動し、データ ファイルを選択して、[開く] をクリックします。
  10. [OK] をクリックし、[閉じる] を 2 回クリックします。
  11. [OK] をクリックします。
  12. Outlook を再起動します。

1 つのプロファイルで複数のデータ ファイルを使用する

Outlook プロファイルに複数の .pst ファイルが存在する場合は、前の手順で既定の配信場所が変更されていないことを確認してください。既定の配信場所とは、受信トレイに新しいメッセージが表示されるデータ ファイルのことです。

  1. [ツール] メニューの [電子メール アカウント] をクリックします。
  2. [既存の電子メール アカウントの表示と変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [新着電子メールの配信場所] ボックスで、正しいデータ ファイルが選択されていることを確認します。
  4. 別のデータ ファイルを選択した場合は、[完了] をクリックし、Outlook を再起動して変更内容を有効にする必要があります。
 
 
適用対象:
Office 2003, Outlook 2003, Office XP, Outlook