Outlook の電子メール メッセージをバックアップする

対象アプリケーション
Microsoft Office Outlook® 2003

重要なデータを定期的にバックアップすることをお勧めします。電子メール メッセージのバックアップ方法の 1 つに、Outlook の "古いアイテムの整理" 機能を使用する方法があります。この機能により、設定した一定の間隔で、メッセージが保存フォルダに移動されます。

バックアップ ファイルを作成するもう 1 つの方法は、この記事で説明しますが、インポート/エクスポート ウィザードを使用して、メッセージ フォルダの内容を個人用フォルダ ファイル (.pst) (個人用フォルダ ファイル (.pst) : 自分のコンピュータ上でのメッセージおよびその他のアイテムを保存するデータ ファイルです。.pst ファイルは、電子メールの既定の配信場所に設定したり、アイテムの整理やバックアップ用にも使用したりできます。) にエクスポート (コピー) する方法です。これにより、バックアップ .pst ファイルが作成されます。この .pst ファイルを CD または DVD にコピーして安全な場所に保管したり、Outlook がインストールされている別のコンピュータにコピーしてデータを移動したりできます。

表示メッセージを .pst ファイルにバックアップする

重要  複数の言語またはシステム コード ページでサポートされていない言語で作成されたアイテム (アイテム : Outlook で情報を格納する基本的な要素です (他のプログラムでのファイルに類似)。アイテムには、電子メール メッセージ、予定、連絡先、仕事、履歴項目、メモ、フォルダに投稿されたアイテムやファイルがあります。) は、Unicode をサポートしていない種類のファイルにエクスポートしないでください。たとえば、Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst) 内に複数の言語で作成されたアイテムがある場合は、そのアイテムを Outlook 97 ~ 2002 の個人用フォルダ ファイル (.pst) にエクスポートしないでください。後者のファイルでは Unicode がサポートされていません。したがって、システム コード ページでサポートされていない言語の文字が、アイテムの本文以外のテキスト フィールド (メッセージの [宛先] 行と [件名] 行、連絡先アイテムの ContactName プロパティと BusinessTelephoneNumber プロパティなど) に含まれていると、そのアイテムは正しく解釈されず、疑問符 (?) やその他の認識できないテキストが表示されます。

  1. [ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
  2. [ファイルへエクスポート] を選択し、[次へ] をクリックします。
  3. 一覧で [個人用フォルダ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. バックアップするメッセージが入っているフォルダをクリックします。フォルダにサブフォルダが含まれていて、そのサブフォルダもバックアップに含める場合は、[サブフォルダを含む] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  5. [ エクスポート ファイル名] セクションの [参照] をクリックして、バックアップ ファイルの名前と場所を指定します (「メール バックアップ」など)。
  6. 以前にバックアップしたことがある .pst ファイルをバックアップする場合は、次のいずれかをクリックします。

    [重複した場合、エクスポートするアイテムと置き換える]  : 既存のデータは、エクスポートされた情報で上書きされます。

    [重複してもエクスポートする]  : 既存のデータは上書きされず、重複する情報は、バックアップ ファイルに追加されます。

    [重複したらエクスポートしない]  : 既存のデータが保持され、フォルダ内の重複する情報はバックアップ ファイルにコピーされません。

  7. [完了] をクリックします。

その他の作業

メッセージのバックアップ ファイルを作成したら、次の作業を実行できます。

  • データ ファイルを開いて、内容を Outlook で表示します。
  • 万一ハード ディスクが損傷した場合のために、個人用フォルダのバックアップ ツールを使用して、バックアップ ファイルのコピーを作成することもできます。Outlook のバックアップ ファイルを CD にコピー したり、DVD やその他のリムーバブル メディアにコピーしたりすることができます。バックアップ ファイルは、元のファイルの完全なコピーであり、同じファイル形式で保存されます。ファイルをバックアップするように定期的にアラームで通知することもできます。
  • メッセージの配信先となる .pst ファイルが既に存在する場合、バックアップ .pst ファイル内のメッセージを既存の .pst ファイルに追加するには、インポート/エクスポート ウィザードを使用して、バックアップ .pst ファイルをインポートします。

    表示その方法は?

    1. [ファイル] メニューの [インポートとエクスポート] をクリックします。
    2. [ほかのアプリケーションまたはファイルからのインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    3. [個人用フォルダ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    4. [インポートするファイル] ボックスで、インポートする .pst ファイルのパスとファイル名を指定します。
    5. 次のいずれかをクリックします。

      [重複した場合、インポートするアイテムと置き換える]  : 既存のデータは、インポートするファイル内の情報で上書きされます。

      [重複してもインポートする]  : 既存のデータは上書きされず、重複する情報が現在の Outlook フォルダに追加されます。

      [重複したらインポートしない]  : 既存のデータが保持され、ファイル内の重複する情報は現在の Outlook フォルダにコピーされません。

    6. インポート/エクスポート ウィザードの手順に従って操作します。

    重要  複数の言語またはシステム コード ページでサポートされていない言語で作成されたアイテムは、Unicode をサポートしていない種類のファイルにエクスポートしないでください。たとえば、Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst) に複数の言語で作成されたアイテムがある場合は、そのアイテムを Outlook 97 ~ 2002 の個人用フォルダ ファイル (.pst) にエクスポートしないでください。後者のファイルでは Unicode がサポートされていません。したがって、システム コード ページでサポートされていない言語の文字が、アイテムの本文以外のテキスト フィールド (メッセージの [宛先] 行と [件名] 行、連絡先アイテムの ContactName プロパティと BusinessTelephoneNumber プロパティなど) に含まれていると、そのアイテムは正しく解釈されず、疑問符 (?) やその他の認識できないテキストが表示されます。

  • 新しいコンピュータを購入した場合に、作成したバックアップ .pst ファイルを使用して新しい電子メール アカウントを作成するには、古いコンピュータのバックアップ データを新しいコンピュータに復元します。
 
 
適用対象:
Office 2003, Outlook 2003, Outlook