OneNote 2013 の新機能

メモ SkyDrive は OneDrive に、SkyDrive Pro は OneDrive for Business になりました。この変更について詳しくは、「SkyDrive から OneDrive へ」をご覧ください。

OneNote は、あらゆる種類の情報を取り込み、保存して、共有するためのデジタル ノートブックです。OneNote 2013 を開いてまず気付くのは、外観が新しくすっきりしたことで、インターフェイスに煩わされることなく、考えやアイデアに集中できます。クラウドとの完全な統合により、ファイルをコンピューターのハード ドライブから解放できるため、どこにいても、ほぼすべてのモバイル機器、タブレット、またはブラウザーからノートや情報を保存することも、検索することもできます。

主な機能

クラウドでファイルを保存、共有する

クラウドでノートを保存、共有する

クラウドは空中にあるファイル ストレージのようなものです。オンラインでいつでもアクセスすることができます。OneNote では、ファイルをご自分の OneDrive アカウントまたは組織のサイトに簡単に保存できます。その場所からノートを表示、編集、同期、共有できます。また、同じノートを家族、同僚、クラスメイトと同時に操作することもできます。
 

コンピューター間およびデバイス間でノートを同期する

さまざまなデバイスで動作する OneNote

ノートブックをクラウドに保存すると、関心のある情報にシームレスにアクセスして使用することができ、よく使用するすべてのデバイス (Windows コンピューター、Windows Phone、iPhone、iPad、Android、Symbian デバイスを含む) の OneNote アプリの同期を保つことができます。また、無料の Office Online をさまざまなブラウザーで使用できます。さらに、Windows 8 タブレットまたはスレート PC があれば、タッチ操作可能な OneNote アプリで移動中の OneNote の使用がさらに容易になります。
 

ノートを描画、スケッチ、または手書きする

タブレット PC または Windows 8 タブレット、スレート PC などのタッチ操作可能なデバイス上で指、スタイラス、またはマウスを使用して滑らかに描画、消去、編集することができます。手書きのメモを共有する際に、読みやすさが気になる場合は、OneNote で手書きからテキストに自動変換することができます。
 

ページの先頭へ ページの先頭へ

興味のある情報を取り込む

Web から情報をクリップして保存する

[OneNote に送る] ツール

[OneNote に送る] ツールの機能が強化され、画面に表示されているものを何でもクリップしたり、Web ページまたはドキュメント全体をノートブック セクションに送信したり、ノートブックの一部として自動的に保存され、ファイルされるクイック ノートを書き留めたりするのが従来より簡単になりました。
 

Excel スプレッドシートと Visio 図面を埋め込む

任意のコンピューター ファイルをノートのどの部分にでも添付することができます。それによって、ファイルのコピーがノートブックに保存されます。また、Excel スプレッドシートや Visio 図面を OneNote 内に作成またはインポートして、その情報をノート内で編集することもできます。
 

より良い表を作成する

ノートに従来よりもさらに洗練された表を作成しましょう。OneNote では、セルの網掛け、列見出し、データの並べ替えに新しい書式オプションが加わり、好みに合わせた情報の整理および表示が可能になりました。
 

ページの先頭へ ページの先頭へ

共同作業

共同作業しているユーザーを確認する

OneNote の統合された ID プロファイルを使用して、他のユーザーをより簡単に識別、認証することができます。ノートブックの変更内容や変更履歴を作成者ごとに検索すると、共有ノートブックに戻ったときに最近の変更がすべて表示されます。
 

会議中にノートを共有する

Office がインストールされていなくても、オンライン会議に参加して、サポート対象デバイス内のノートを共有することができます。
 

すべてを保存、検索、共有する

OneNote では、作業中にすべてが自動的に保存され、同期されるので、ファイルではなく考えやアイデアに集中できます。クイック検索を使うと、それまでに OneNote で作成または保存したものを何でもすばやく呼び出すことができます。また、OneNote を使っていないユーザーとノートのスナップショットを共有する必要がある場合は、さまざまなファイル形式でファイルをエクスポートできます。
 

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
OneNote 2013