OneNote 2010 の新機能

Microsoft OneNote 2010 は、前のバージョンで導入された機能改善や機能拡張に加えて、いくつか新機能を搭載しています。 ここでは、アップグレードの計画に役立つ最も重要な変更点をまとめています。

この記事の内容


すべての情報にどこからでもアクセス

OneNote 2010  には職場、自宅、外出先など、どこからでもファイルにアクセスできる機能があるため、いつでもノートや情報にアクセスできます。

  • クラウドに同期 (OneDrive)     ノートブックは、コンピューターの種類に関係なくどこからでも利用できます。 クラウドとの同期は、ノートブックを同期するさまざまな方法 (ファイル共有、SharePoint、USB ドライブなど) として新たに追加されました。
  • OneNote Online      OneNote 2010 がインストールされていないコンピューターでも、Web ブラウザーからノートブック全体にアクセスして編集できます。
  • OneNote Mobile 2010 for Windows Phone 7     Windows Phone 7 をご利用の場合、Microsoft Office Mobile 2010 を使って、職場、自宅、外出先など、どこからでもノートで作業できます。 OneNote Mobile 2010 は Office Mobile の一部で、Windows Phone の Office ハブに既に組み込まれているので、別にダウンロードやインストールをしなくてもすぐに使えます。 OneNote Mobile では、使い慣れたデスクトップ バージョンの OneNote と同じツールの多くを使って、ノートの作成や更新ができます。たとえば、ノートへの音声メモや画像の挿入、ノートの表示やノートブックの特定ページの参照、リストの作成、SharePoint 2010 サイトに保存されているノートブックの開く操作や編集などを行えます。 また、自分用に作成して OneDrive に同期した OneNote ノートブックにノートを追加することもできます。 そうすることで、Windows Phone (OneNote Mobile を使用)、コンピューター (OneNote 2010 を使用)、オンライン (Web ブラウザーで OneNote Online を使用) などでノートの表示や編集ができます。
    OneNote Mobile 2010 ハブ
    詳しくは、「Office Mobile 2010 for Windows Phone 7」をご覧ください。
    Windows Phone 7 をご利用の場合は、携帯電話から操作手順のヘルプを確認できます

ページの先頭へ ページの先頭へ

共有とグループ作業の向上

OneNote 2010 では、複数のユーザーが同時にノートブックを編集できます。 これは、個人がファイルをロックせずにデスクトップとノート PC の両方で同時に同じノートブックで作業する場合に便利です。また、ブレーンストーミング、アイデアの計画、会議での情報収集などのためにノートブックを共有しているグループやチームにとってはさらに便利です。 共有ノートブックは、家族で家のリフォーム、ガーデニング、レシピ、結婚式、イベントの計画などにノートブックを使用する場合にも便利です。

  • 未読ノートの強調表示     グループやチームの他のメンバーが追加または変更した共有ノートブックの新しい内容は自動的に強調表示されるので、新しい情報をすぐに確認できます。 また、新しい内容が含むノートブックのタイトル、セクション タブ、ページ タブは太字で表示されるので、簡単に移動できます。
  • 作成情報     他のユーザーが共有ノートブックで追加または変更した内容は、色分けされた小さいバーに作成者の頭文字と共に表示されるようになったので、 誰がどこで新しい情報を追加したのかが簡単にわかるようになりました。 
  • バージョン管理のサポート     ページの作成者や作成場所など、以前のバージョンのページをすばやく表示できるようになりました。 以前のバージョンのページに関連する変更は、自動的に強調表示されます。
  • ページ同期の高速化     複数のユーザーが同じページで作業している場合、ページは高速で同期され、ほぼリアルタイムで変更内容がすべての作成者に表示されます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

より効果的なノートの整理と検索

情報を簡単に取得、整理、検索できるようにすることは、これまでも OneNote 機能の中心でした。 OneNote 2010 では、この中心的な機能の一部が強化されています。

  • セクションとページ タブの機能強化      OneNote 2010 では、多数のセクションやページが含まれたノートブックのナビゲーションが今までより簡単になり、新しいセクションの作成も簡単にできるようになりました。 その他にも、ページ タブ階層の見やすさ、サブページのグループを折りたたむ機能、ページ タブのどこからでも新しいページを挿入できる機能などが強化されました。
  • 高速検索による簡単なナビゲーション     ノートブックの最も頻繁に使われるページにこれまでで最も早い方法でアクセスできるようになりました。 入力中に検索結果が表示されます。 高速検索では、ページの内容以外にも、ノートブック名、セクション ラベル、ページ タイトルなどで検索できます。 また、ページの作成者は、(昨日、先週、先月など) 最近追加された内容をすぐに検索したり、特定の日に変更された内容の概要をすばやく確認したりできます。
  • Wiki リンク     Wiki リンク構文 ([[ページ タイトル]] など) を入力するか、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスから新しいページ検索機能を使って、ノートブックの既存のページ (または新しいページ) へのリンクを簡単に作成できるようになりました。 これにより、ページ間の多数のクロス リンクが含まれた Wiki のようなノートブックを簡単に作成できます。
  • クイック ファイリング     Microsoft Outlook や Windows Internet Explorer から OneNote に送るなど、さまざまな方法で情報を OneNote にインポートできます。また、OneNote プリンター ドライバーを使って、ドキュメントやファイルをノートブックに直接出力することもできます。 OneNote 2010 の新しいクイック ファイリング ポップアップでは、ノートブックのどこに情報をインポートするのかを簡単に選ぶことができます。 簡単にインポートを繰り返せるように、情報をインポートした場所が記憶されます。 特定のセクションやページを別の場所に移動したい場合は、クイック ファイリングでセクションやページの場所を見つけることもできます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

より簡単なリサーチとリンク ノートの作成

OneNote は、他のファイルや World Wide Web から情報 (市場分析調査、学級通信、家のリフォーム、自動車の購入、ホテルやフライト情報など) の調査や収集を行うときの必需品として最適です。 情報の調査や収集では、さまざまな Web ページや関連ドキュメントを調べて、それに注釈を付けることがよくあります。 このような作業の操作性を向上させるために、このカテゴリではさまざまな機能が強化されています。

  • OneNote の固定     OneNote プログラムのウィンドウを Windows デスクトップの横に移動して、他のウィンドウ (Web ブラウザー、他の Microsoft Office プログラムなど) の横に固定できるようになりました。 OneNote のユーザー インターフェイスは最小化され、他のウィンドウの横に現在のページのみが表示されます。
  • リンク ノートの作成     固定モードの場合、OneNote 2010 では作成しているノートと今見ている内容 (Internet Explorer の Web ページ アドレス、Microsoft Word のカーソル位置、Microsoft PowerPoint の特定のプレゼンテーション スライドなど) が自動的にリンクされます。 後で OneNote に戻ってリンク ノートにカーソルを置くと、元のドキュメントの縮小版プレビューが表示され、それをクリックすると、ノートの作成時に見ていた内容に戻ることができます。
  • テキストの自動折り返し     OneNote では、ページのアウトラインが 1 つだけしかない場合 (OneNote プログラムのウィンドウがデスクトップの横の比較的狭いウィンドウに固定されている場合など)、ウィンドウのサイズに合うようにテキスト アウトラインが自動的に折り返されるようになりました。
  • IRM で保護された配布資料     企業やトレーニングなどでは、製品マニュアルや講義ノートなどの知的財産や独自の資料を安全に配布できるようになりました。 保護されたノートの受信者は、このような内容を OneNote 2010に表示して、個人的に注釈を付けることができます。 許可されていない受信者には、保護された資料は表示されません。
  • 64 ビット オペレーティング システム対応のプリンター ドライバー      OneNote 2010 はネイティブの [OneNote に送る] プリンター ドライバーを提供する OneNote の最初のバージョンです。このプリンター ドライバーは、64 ビット版の最新のオペレーティング システム (Windows Vista、Windows  7 など) を完全にサポートします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

編集機能の向上

OneNote では、整理機能と同様に、編集機能も中心的な機能です。 OneNote 2010 では、この機能の一部も強化されています。

  • 基本のスタイルのギャラリー      OneNote 2010 には、見出し 1、2、3 などの基本的なノート作成スタイルのクイック ギャラリーが追加されています。 ワード プロセッサの複雑なスタイル ギャラリーと同じものにする意図はありませんが、この基本のスタイルを使うことで、定期的に作成するノート (講義のノートや会議のメモなど) に一貫した構造と外観をすぐ簡単に適用できます。
  • 箇条書きの向上     単純ですが要求の多かった変更として、箇条書きの第 1 レベルのインデントが、前のテキストのインデントと完全に一致するようになりました。
  • 数式      OneNote 2010 では、数式を追加する機能をサポートしています。 これは、学生など、ノートの一部として計算を入力する必要があるユーザーにとって便利な機能です。 この機能は、Windows 7 を実行しているタブレット PC ではさらに強化され、タイプ入力された数式以外に手書きの数式も OneNote で認識して変換できます。
  • ミニ翻訳ツール      OneNote 2010 の新しいミニ翻訳ツールでは、マウスのカーソルを外国語の単語や語句の上に置くと、翻訳が母国語で小さいウィンドウに表示されます。 これは、語学を学んでいる学生や、二か国語または多言語環境で働いていて、単語や語句 (共有ノートブックのテキスト、Web から取り込んだ情報など) を理解する必要がある人に便利な機能です。 ミニ翻訳ツールには、単語や語句の発音を聞くための [再生] ボタンや翻訳をノートブックの特定の場所に貼り付けるための [コピー] ボタンがあります。 ミニ翻訳ツールを使うために、言語パック、言語インターフェイス パック、校正ツールなどをコンピューターにインストールする必要はありません。

ページの先頭へ ページの先頭へ

タッチのサポート

OneNote はタブレット PC ユーザーの間では既に安定した人気があるので、タッチに対応したオペレーティング システム (Windows 7 など) も新たにサポートされるようになりました。

  • 指を使ったパニングと自動切り替え     Windows 7 を実行している互換性のあるコンピューターでは、指を使って OneNote 2010 のページのスクロールやパニングができます。 OneNote では、入力デバイスに応じてペン、パニング、選択が自動的に切り替わります。
  • ピンチ ズーム     これは、タッチやマルチタッチ対応のオペレーティング システム (Windows 7 など) を実行している PC などのマルチタッチ デバイスで標準的なジェスチャです。 画面を指先でつまむジェスチャをすると、OneNote のノートブック ページが拡大/縮小され、ページの倍率を好みに合わせて変更できます。
  • ナビゲーション コントロールの向上     タッチ対応の PC やオペレーティング システムで OneNote 2010 を使っているユーザー向けに、ナビゲーション機能がいくつか強化されました。

ページの先頭へ ページの先頭へ

ユーザー インターフェイスの向上

Microsoft Office 2010 の他のプログラムと同様に、OneNote 2010 には全面的にカスタマイズできるツールやコマンドの視覚システムで構成された Microsoft Office Fluent™ インターフェイスが組み込まれています。

  • リボンによるアクセス     リボンから OneNote のツールやコマンドに簡単にアクセスできます。 リボンは、旧バージョンの Microsoft Office プログラムに組み込まれていたツール バーに代わる機能です。 OneNote のリボンは、ノートの作成操作を最適化して使いやすくするように設計されています。 リボンを使うと、OneNote 2010 のあらゆるコマンドにすぐにアクセスでき、将来の追加やカスタマイズにも簡単に対応できます。 ページでのノート作成スペースを最大化するために、ノート作成中はリボンを非表示にして、必要なときにだけ一時的に表示できます。
  • リボンのユーザー設定     カスタマイズ機能を使って、よく使うツールやコマンドで OneNote 2010 のリボンを好みに合わせて変更できます。 また、最も頻繁に使うコマンドのショートカットを含むユーザー設定タブやユーザー設定グループを作成することもできます。
  • Microsoft Office Backstage ビュー     Microsoft Office 2010 プログラムで新たに追加された Microsoft Office Backstage は、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの最新機能で、リボンに付属する機能です。 Backstage ビューでは、ファイルを管理したり、プログラムとノートブックのオプションを設定したりできます。
  • 言語設定の簡素化     多言語ユーザーは、編集、表示、ポップ ヒント、ヘルプなどに使用する言語を OneNote 2010 の 1 つのダイアログ ボックスに設定して、簡単にアクセスできます。 必要なソフトウェアまたはキーボード レイアウトがインストールされていない場合は、メッセージが表示され、問題を簡単に解決するためのリンクが表示されます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

Office 2010 試用版のダウンロード: (C) Microsoft Corporation
 
 
適用対象:
OneNote 2010