文書を保存してみよう、開いてみよう

文書を保存してみよう、開いてみよう

文書を保存してみよう

ワードで文書を作成したり編集した場合は、文書を保存しましょう。ワードでは、作業を中断または終了するときに "保存" という操作をしないと、作業内容が失われてしまいます。"保存" の操作をすると、パソコンの中に "ファイル" という形で文書が保存されるので、後でそのファイルを開いて、文章を修正したり印刷することができます。

次の手順で文書を保存してみましょう。

  1. [保存] ボタン ([保存] ボタン) をクリックします。

クイック アクセス ツールバー

クイック アクセス ツール バーの [保存] ボタン をクリックします。

  1. 文書を保存する場所を指定します。

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

[保存先] ボックスでは、文書を保存する場所を指定できます。ここでは、すでに選択されている [ドキュメント] フォルダをそのまま指定します。

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

[ファイル名] ボックスには、文書の先頭の文字列がファイル名としてあらかじめ入力されています。

ファイル名を変更する場合は、新しいファイル名を入力します。

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

[保存] をクリックします。

  1. 文書が "ファイル" という形で保存されます。

ファイル名称

タイトル バーに表示されるファイル名が、"文書 1" から保存したファイル名に変わります。

  1. ファイルが保存された場所を確認します。

[スタート] ボタン ([スタート] ボタン) をクリックし、[ドキュメント] をクリックします。

ドキュメント選択

[ドキュメント] フォルダに保存したファイルがあるのを確認しましょう。

[ドキュメント] フォルダ

ヒント: ファイル名に使用できない文字

ドクター

ファイル名には以下の半角文字は使用できませんので注意してください。

/ スラッシュ
* アスタリスク
| 縦棒
\ 円記号
? 疑問符
: コロン
>< 不等号
" 二重引用符

ページの先頭へ ページの先頭へ

文書を開いてみよう

先ほど保存した文書のファイルを開いてみましょう。ファイルを開くことで、作業の続きを再開することができます。

次の手順で文書のファイルを開いてみましょう。

  1. [スタート] ボタン ([スタート] ボタン) をクリックし、[ドキュメント] をクリックします。

ドキュメント選択

[ドキュメント] フォルダに保存したファイルがあります。

[ドキュメント] フォルダ

  1. ファイルをダブルクリックします。

ワードの起動画面が表示され、文書が表示されます。

ワード起動画面

文書表示

ヒント: オフィス ボタンの [開く] も使える

ドクター

ワードの オフィス ボタン (オフィス ボタン) をクリックすると表示されるメニューの中に、[開く] というコマンドがあります。この [開く] を使って文書を開くこともできます。

  1. オフィス ボタン (オフィス ボタン) をクリックし、[開く] をクリックします。

オフィスメニュー - 開く

[ファイルを開く] ダイアログ ボックス

  1. 開きたい文書のファイルを選択し、[開く] をクリックします。

ヒント: 最近保存した文書は "履歴" からも開ける

ドクター

ワードの オフィス ボタン (オフィス ボタン) をクリックすると表示されるメニューの下部には、最近ワードを使って保存したファイルの一覧が、"履歴" として表示されます。この "履歴" の一覧からファイルを選択して開くこともできます。

オフィス ボタン (オフィス ボタン) をクリックし、"履歴" の一覧から開きたい文書のファイルを選択します。

オフィス メニュー - 履歴

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Word 2010, Word 2007