STEYX 関数

ここでは、Microsoft Excel の STEYX 関数 (関数: 値を使って計算し、その結果の値を返すあらかじめ定義された数式。関数を使うと、長く複雑な数式を短く簡単にすることができます。)の書式および使用法について説明します。

説明

回帰直線の標準誤差を返します。標準誤差とは、個別の x の値に対する y の予測値の誤差の程度を計測するための尺度です。

書式

STEYX(既知の y, 既知の x)

STEYX 関数の書式には、次の引数 (引数: アクション、イベント、メソッド、プロパティ、関数、またはプロシージャに必要な情報を提供する値のことです。)があります。

  • 既知の y    必ず指定します。従属変数の値を含む数値配列またはセル範囲を指定します。
  • 既知の x    必ず指定します。独立変数の値を含む数値配列またはセル範囲を指定します。

解説

  • 引数には、数値、数値配列、または数値を含む範囲を参照する名前かセル参照を指定します。
  • 引数として指定した論理値、および、数値を表す文字列が計算の対象となります。
  • 引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。
  • エラー値または数値に変換できない文字列を引数に指定すると、エラーになります。
  • 既知の y 既知 x に含まれているデータの個数が異なるときは、エラー値 #N/A が返されます。
  • 既知の y 既知の x にデータが含まれていないとき、またはデータの個数が 3 つ未満であるときは、エラー値 #DIV/0! が返されます。
  • y の予測値の標準誤差は次のように定義されます。

数式

ここで、x は標本平均 AVERAGE(既知の x)、y は標本平均 AVERAGE(既知の y)、n は標本数です。

使用例

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

表示その方法は?

  • この記事の使用例を選択してください。

 重要   行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

ヘルプから使用例を選択する

ヘルプから使用例を選択する
  • Ctrl キーを押しながら C キーを押します。
  • Excel で、新しいブックまたはワークシートを作成します。
  • ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

 重要   使用例が正しく機能するには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  • 計算結果と結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] グループで [数式の表示] をクリックします。

使用例を空のワークシートにコピーした後、必要に応じて変更できます。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

10
A B
既知の y 既知の x
2 6
3 5
9 11
1 7
8 5
7 4
5 4
数式 説明 (計算結果)
=STEYX(A2:A8,B2:B8) それぞれの x の値に対する y の予測値の標準誤差を求めます (3.305719)
 
 
適用対象:
Excel 2010, Excel Web App, SharePoint Online for enterprises, SharePoint Online for professionals and small businesses