小計を挿入する

表示小計を個別に挿入する

自動小計の例

コールアウト 1  小計を計算する列

コールアウト 2  小計

  1. 小計を計算するデータが次の形式になっていることを確認します。各列の最初の行に列見出しがあり、同じ列には同じ種類のデータが入力されている必要があります。さらに、範囲内には空白行または列が含まれないようにします。
  2. 小計を計算する列で任意のセルをクリックします。上の例の場合は、列 B の "スポーツ" 列のセルをクリックします。
  3. ボタン イメージ (昇順で並べ替え) または ボタン イメージ (降順で並べ替え) をクリックします。
  4. [データ] メニューの [集計] をクリックします。
  5. [グループの基準] ボックスで、小計を計算する列をクリックします。上の例の場合、"スポーツ" 列をクリックします。
  6. [集計の方法] ボックスで、小計の計算に使用する集計方法 (集計方法 : ピボットテーブル レポートや統合テーブルのデータの集計、またはリストやデータベースの自動集計に使う計算の方法。集計方法として、SUM 関数、COUNT 関数、AVERAGE 関数などを使用できます。)をクリックします。
  7. [集計するフィールド] ボックスで、小計を計算する値が入力されている各列のチェック ボックスをオンにします。上の例の場合、"売上" 列をオンにします。
  8. 各小計の後に自動改ページを挿入する場合、[グループごとに改ページを挿入する] チェック ボックスをオンにします。
  9. 小計を、小計の計算対象となる行の下ではなく上に表示する場合、[集計行をデータの下に挿入する] チェック ボックスをオフにします。
  10. [OK] をクリックします。

メモ  小計コマンドを再度実行して、別の集計方法を使った小計を追加することができます。既存の小計を上書きしないようにするには、[現在の集計表と置き換える] チェック ボックスをオフにします。

表示ヒント

小計と総計だけを表示するには、行番号の隣にある 123 (アウトライン記号) をクリックします。各小計の詳細行の表示/非表示を切り換えるには、正符号負符号 を使用します。

表示ネストした小計を挿入する

外側の小計とネストした小計の例

コールアウト 1  外側の小計

コールアウト 2  ネストした小計

  1. 小計を計算するデータが次の形式になっていることを確認します。各列の最初の行に列見出しがあり、同じ列には同じ種類のデータが入力されている必要があります。さらに、範囲内には空白行または列が含まれないようにします。
  2. 複数の列で範囲を並べ替えます。たとえば、まず外側の小計列で並べ替えた後、ネストした小計用に内側の列で範囲を並べ替えます。上の例の場合、"地域" 列で範囲を並べ替え、次に "スポーツ" 列で並べ替えます。

    表示その方法は?

    正しく計算が実行されるようにするには、並べ替えを行う範囲に列見出しが設定されている必要があります。

    1. 並べ替える範囲のセルを 1 つクリックします。
    2. [データ] メニューの [並べ替え] をクリックします。
    3. [最優先されるキー] ボックスおよび [次に優先されるキー] ボックスで、並べ替える列をクリックします。
    4. そのほかの並べ替えオプションを設定し、[OK] をクリックします。
  3. 外側の小計を挿入します。

    表示その方法は?

    1. [データ] メニューの [集計] をクリックします。
    2. [グループの基準] ボックスで、外側の小計を計算する列をクリックします。上の例の場合、"地域" 列をクリックします。
    3. [集計の方法] ボックスで、小計の計算に使用する集計方法 (集計方法 : ピボットテーブル レポートや統合テーブルのデータの集計、またはリストやデータベースの自動集計に使う計算の方法。集計方法として、SUM 関数、COUNT 関数、AVERAGE 関数などを使用できます。)をクリックします。
    4. [集計するフィールド] ボックスで、小計を計算する値が入力されている各列のチェック ボックスをオンにします。上の例の場合、"売上" 列を選択します。
    5. 各小計の後に自動改ページを挿入する場合、[グループごとに改ページを挿入する] チェック ボックスをオンにします。
    6. 小計を、小計の計算対象となる行の下ではなく上に表示する場合、[集計行をデータの下に挿入する] チェック ボックスをオフにします。
  4. ネストした小計を挿入します。

    表示その方法は?

    1. [データ] メニューの [集計] をクリックします。
    2. [グループの基準] ボックスで、ネストした小計を計算する列をクリックします。上の例の場合、"スポーツ" 列をクリックします。
    3. 集計方法 (集計方法 : ピボットテーブル レポートや統合テーブルのデータの集計、またはリストやデータベースの自動集計に使う計算の方法。集計方法として、SUM 関数、COUNT 関数、AVERAGE 関数などを使用できます。)およびそのほかのオプションを選択します。
    4. [現在の集計表と置き換える] チェック ボックスをオフにします。
  5. さらにネストした小計を設定する場合、一番外側の小計から順番に上の手順を繰り返します。

表示リストに集計行を挿入する

  1. リストのセルを 1 つ選択し、リスト (リスト : 互いに関連するデータが入力された一連の行または [リストの作成] コマンドを使ってデータシートとして機能するように作成された一連の行。)がアクティブであることを確認します。
  2. [リスト] ツールバーの ボタン イメージ (集計行の表示/非表示) をクリックします。
 
 
適用対象:
Excel 2003, Office 2003, Excel