フローチャートを作成する

  1. [図形描画] ツールバー (ツールバー : コマンドを実行するのに使用するボタンやオプションを含むバー。ツールバーを表示するには、[ユーザー設定] ダイアログ ボックス ([ツール] メニューの [ユーザー設定] をクリックして、[ツールバー] タブをクリックします) を使用します。) の [オートシェイプ] をクリックし、[フローチャート] をポイントします。次に、目的の図形をクリックします。
  2. フローチャート図形を挿入する位置をクリックします。

  3. フローチャートに複数の図形を追加する場合は、手順 1. と 2. を繰り返し、目的の順序になるように配置します。

  4. 各図形間をコネクタで結びます。

    表示その方法は?

    1. [図形描画] ツールバーの [オートシェイプ] をクリックし、[コネクタ] をポイントします。次に、目的のコネクタをクリックします。
    2. コネクタを結ぶ位置をポイントします。

      図形の上にポインタを置くと、コネクタを結ぶことができる結合点が青い点で表示されます。

      結合点の図

    3. 最初の結合点をクリックし、別の図形をポイントします。次に、2 番目の結合点をクリックします。

      ロックされたコネクタは、図形を移動しても、図形につながったままです。

      ロックされたコネクタ

      コールアウト 1  ロックされたコネクタ

      コールアウト 2  ロックされていないコネクタ

  5. 図形にテキストを追加します。

    表示その方法は?

    • 図形をマウスの右ボタンでクリックし、[テキストの追加] をクリックします。次に、テキストを入力します。

    メモ  線やコネクタにテキストを追加することはできません。これらの描画オブジェクトの場合は、その近くや上に配置したテキスト ボックス (テキスト ボックス : 文字列または図を格納する、移動とサイズ変更が可能な範囲。テキスト ボックスは、ページ上に複数のテキスト ブロックを配置したり、記述方向の異なるテキストを文書内に配置するために使用します。)を使ってテキストを追加します。

  6. 線のスタイルを変更したり、コネクタに色を追加します。

    表示その方法は?

    1. 変更する線またはコネクタを選択します。
    2. 次のいずれかの操作を行います。

      表示線またはコネクタの色を変更する

      1. [図形描画] ツールバーの ボタン イメージ (線の色) の横の矢印をクリックします。
      2. 次のいずれかの操作を行います。
        • 既定の色に戻すには、[自動] をクリックします。
        • 別の色に変更するには、[自動] の下からいずれかの色をクリックします。

      表示線またはコネクタのスタイルを変更する

      1. [図形描画] ツールバーの ボタン イメージ (線のスタイル) をクリックします。
      2. 目的のスタイルをクリックするか、または [その他の線] をクリックしてスタイルを選択します。
  7. 図形に色を追加したり、塗りつぶします。

    表示その方法は?

    1. 変更する図形を選択します。

    2. [図形描画] ツールバーの ボタン イメージ (塗りつぶしの色) の横の矢印をクリックします。

    3. 次のいずれかの操作を行います。

      • 色を変更するには、[自動] の下にあるいずれかの色をクリックします。

      • グラデーション、パターン、テクスチャ、または図を適用するには、[塗りつぶし効果] をクリックし、目的のタブをクリックしてオプションを選択します。

 
 
適用対象:
Excel 2003, Office 2003, PowerPoint 2003, Word 2003, Excel, PowerPoint, Word