Excel 2013 の新機能

メモ SkyDrive は OneDrive に、SkyDrive Pro は OneDrive for Business になりました。この変更の詳細については、「SkyDrive から OneDrive へ」を参照してください。

Excel を開いてまず気付くのは、外観が一新されていることです。見た目がすっきりとし、本格的なデータをすぐに作成できるようにデザインされています。単に数値を並べるのではなく、データを説得力のある形で表現するためのさまざまな新機能が用意されているので、より的確な情報に基づいて決断できるようになります。

 ヒント    基本的な Excel ブックを簡単に作成する方法については、「Excel 2013 の基本的な作業」を参照してください。

おすすめの機能

すぐに作業を始める

Excel で利用可能なテンプレート

テンプレートを使うと、設定やデザインなどの作業を行う必要がないので、データに集中できます。Excel 2013 を開くと、予算、予定表、フォーム、レポート、その他のテンプレートが表示されます。

データをすばやく分析する

データ分析レンズ

新しい [クイック分析] ツールを使うと、2 つの手順でデータをグラフやテーブルに変換できます。データに適用する条件付き書式、スパークライン、グラフをプレビューで確認しながら選び、クリック 1 回で確定します。この新機能を使うには、「データをすぐに分析する」を参照してください。

列全体に一度にデータを入力する

フラッシュ フィルの機能

フラッシュ フィルとは、ユーザーの作業を自動的に仕上げるデータ アシスタントのような機能です。データを入力していくと、データのパターンが認識され、それに従って残りのデータが自動的に入力されます。この機能を使う方法については、「入力に基づいてデータの列を分割する」を参照してください。

データに最適なグラフを作成する

おすすめグラフ

[おすすめグラフ] を使うと、データに最も適したグラフが提案されます。データがさまざまなグラフでどのように表示されるかを確認したら、伝えたいポイントを最もよく表現しているグラフを選ぶだけです。初めてグラフを作成するときに、この機能を試してください。

スライサーを使ってテーブルのデータをフィルター処理する

テーブルのスライサー

スライサーは、ピボットテーブルのデータを対話的にフィルター処理する機能として、Excel 2010 で初めて導入されました。Excel 2013 では、Excel テーブル、クエリ テーブル、その他のデータ テーブルのデータもフィルター処理できるようになりました。設定や使い方も簡単になり、現在のフィルターが表示されるので、どのデータが表示されているのかを正確に把握できます。

1 つのブックを 1 つのウィンドウで開く

2 つのブック、2 つのウィンドウ

Excel 2013 では、ブックごとにウィンドウが開くので、2 つのブックで同時に作業するのが簡単になりました。また、2 台のモニターで作業する場合にも便利です。

新しい Excel 関数

新しい Web 関数

数学/三角、統計、エンジニアリング、日付/時刻、検索/行列、論理、文字列操作の各関数カテゴリに、いくつかの新しい関数が追加されまし。また、Representational State Transfer (REST) 準拠の既存の Web サービスを参照できる新しい Web サービス関数もいくつか追加されています。詳細については、「Excel 2013 の新しい関数」を参照してください。

オンラインでファイルを保存、共有する

オンライン上のブックの保存場所

Excel では、無料の OneDrive や組織の Office 365 サービスなど、オンラインの保存場所にブックを簡単に保存できます。また、他のユーザーとワークシートを共有するのも、より簡単になりました。使用しているデバイスや作業している場所に関係なく、すべてのユーザーが最新版のワークシートで作業できます。さらに、リアルタイムで共同作業することもできます。詳細については、「ブックを Web に保存する」を参照してください。

Web ページにワークシートのデータを埋め込む

ワークシートの一部を Web ページに埋め込むだけで、その部分を Web で共有できます。他のユーザーは、Excel Online を使ってデータを操作したり、Excel で埋め込みデータを開いたりできます。

オンライン会議で Excel ワークシートを共有する

スマートフォン、タブレット、PC など、どのようなデバイスを使っていても、Lync がインストールされていれば、どこからでもオンラインの会議に接続してブックを共有できます。詳細については、「ブックをオンラインで公開する」を参照してください。

新しいファイル形式で保存する

新しい Strict Open XML スプレッドシート (*.xlsx) ファイル形式で、ファイルを保存したり開いたりできるようになりました。このファイル形式では、ISO8601 の日付を読み書きでき、1900 年のうるう年の問題が解決されています。詳細については、「他のファイル形式でブックを保存する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

新しいグラフの機能

グラフに関するリボンの変更

グラフ ツール

[挿入] タブの新しい [おすすめグラフ] ボタンを使うと、さまざまなグラフの中からデータに適したものを選ぶことができます。散布図とバブル チャートなど、関連する種類のグラフは 1 つのグループにまとめられています。また、ユーザーから要望の多かった複合グラフを作成する新しいボタンもあります。グラフをクリックしたときに表示される [グラフ ツール] リボンも、よりシンプルになりました。タブが [デザイン] と [書式] の 2 つに絞られているので、必要な機能をすぐに見つけることができます。

グラフをすばやく微調整する

グラフ要素、レイアウト、またはグラフのフィルターを変更するためのグラフ ボタン

新たに追加された 3 つのグラフ ボタンを使うと、グラフ要素 (タイトルやラベル)、グラフのデザインやスタイル、表示するデータなどの変更や、変更後のプレビュー表示をすばやく行うことができます。詳細については、「グラフの書式を設定する」を参照してください。

書式付きのデータ ラベル

データ ラベル付きのバブル チャート

データ ラベルには、データ ポイントからの書式付きの更新可能なテキストやその他のテキストを挿⼊できるようになりました。また、書式設定や追加の自由形式テキストで強調したり、好きな図形で表示したりすることもできるようになりました。グラフの種類を変えても、データ ラベルはそのまま残ります。また、円グラフだけではなく、すべてのグラフで、データ ラベルとデータ ポイントをリーダー線でつなげることもできます。データ ラベルの書式設定の詳細については、「図の中のデータ ラベルの書式を変更する」を参照してください。

グラフのアニメーションを表示する

ソース データに変更を加えると、グラフが動き出します。アニメーション効果は、見て楽しめるだけでなく、データの変化の理解にも役立ちます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

パワフルなデータ分析

データに最適なピボットテーブルを作成する

データに対するおすすめピボットテーブル

ピボットテーブル レポートでデータをまとめる際のフィールド選びは面倒な作業ですが、Excel 2013 ではこの作業を支援する便利な機能が追加されました。ピボットテーブルの作成時には、データをまとめるための方法が Excel でいくつか提案され、フィールドのレイアウトの簡単なプレビューも表示されるので、目的に合ったレイアウトを選ぶことができます。詳細については、「ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する」を参照してください。

フィールド リストを使ってさまざまな種類のピボットテーブルを作成する

フィールド リストにテーブルを追加する

1 つのテーブルまたは複数のテーブルを使うピボット テーブルのレイアウトを、1 つのフィールド リストで作成できます。フィールド リストは、単一テーブルのピボットテーブルと複数テーブルのピボットテーブルの両方に対応できるように改善され、ピボットテーブルのレイアウトに必要なフィールドを簡単に見つけられるようになりました。また、テーブルを追加して新しい Excel データ モデルに切り替えたり、テーブル間を移動したりすることも簡単です。詳細については、「フィールド リストを使ってピボットテーブル内でフィールドを配置する」を参照してください。

データ分析で複数のテーブルを使う

新しい Excel データ モデルでは、これまでは Power Pivot アドインをインストールしなければ使えなかったパワフルな分析機能を使うことができます。従来のピボットテーブルに加え、Excel の複数のテーブルに基づいてピボットテーブルを作成できるようになりました。さまざまなテーブルをインポートし、リレーションシップを作成してデータを分析すると、従来のピボットテーブル データでは得られなかった結果を表示できます。詳細については、「Excel でデータ モデルを作成する」を参照してください。

Power Query

Office Professional Plus 2013 または Office 365 Pro Plus を使っている場合は、Power Query for Excel を活用できます。Power Query を使うと、公共および企業のデータ ソースからデータを容易に検索したり、接続したりできます。これには、新しいデータを検索する機能や、引き続き Excel で分析できるように、複数のデータ ソースから容易にデータを変換したり結合したりする機能が含まれます。これらの機能の詳細については、「Power Query for Excel を使った検索と結合」を参照してください。

Power Map

Power Map

Office 365 Pro Plus、Office 2013、または Excel 2013 を使っている場合は、Power Map for Excel を活用できます。 Power Map は 3 次元 (3D) データ視覚化ツールで、地理データと時間ベースのデータを使って新しい方法で情報を見ることができます。 従来の 2 次元 (2D) のテーブルとグラフでは見つからない可能性がある詳しい情報を得ることができます。 Power Map は、Office 365 Pro Plus には組み込まれていますが、Office 2013 または Excel 2013 で使うには、プレビュー版をダウンロードする必要があります。 プレビューの詳細については、「Power Map for Excel」を参照してください。 Power Map を使って自分のデータから視覚的にわかりやすい 3D ツアーを作成する方法の詳細については、「Power Map の使用を開始する」を参照してください。

新しいデータ ソースに接続する

Excel データ モデルで複数のテーブルを使うために、追加のデータ ソースに接続して、テーブルまたはピボットテーブルとしてデータを Excel にインポートできるようになりました。たとえば、OData、Windows Azure DataMarket、SharePoint データ フィードなどのデータ フィードに接続できます。また、その他の OLE DB プロバイダーからデータ ソースに接続することもできます。

テーブル間のリレーションシップを作成する

さまざまなデータ ソースから Excel データ モデルの複数のテーブルにデータを取り込んでいる場合は、テーブル間でリレーションシップを作成すると、1 つのテーブルに集約しなくてもデータを簡単に分析できます。MDX クエリを使うと、テーブルのリレーションシップをさらに活用して、目的に合ったピボットテーブル レポートを作成できます。詳細については、「2 つのテーブル間のリレーションシップの作成」を参照してください。

タイムラインを使ってさまざまな期間のデータを表示する

タイムラインでは、さまざまな期間のピボットテーブルやピボットグラフ データを簡単に比較できます。日付ごとにグループ化しなくても、クリックするだけで日付を対話的にフィルター処理したり、月ごとの業績を時系列に沿って参照したりするなど、データの確認も簡単に行うことができます。詳細については、「日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する」を参照してください。

ドリルダウン、ドリルアップ、クロスドリルを使ってさまざまな詳細レベルでデータを表示する

複雑なデータ セット内で、詳細表示したいデータに移動するのは、簡単ではありません。カスタム セットは便利ですが、[フィールド リスト] の膨大な数のフィールドの中から探し出すのは時間がかかります。新しい Excel データ モデルなら、目的のレベルに移動するのも簡単です。ピボットテーブルまたはピボットグラフで [ドリルダウン] を使うと、より詳細なレベルの情報が表示されます。[ドリルアップ] を使うと、上位レベルに移動して "全体像" を確認できます。詳細については、「ピボットテーブル データの詳細を表示する」を参照してください。

OLAP の計算メンバーと計算メジャーを使う

セルフサービスのビジネス インテリジェンス (BI) の機能を利用して、Online Analytical Processing (OLAP) キューブに接続されたピボットテーブル データに、独自の Multidimensional Expression (MDX) ベースの計算を追加できます。Excel オブジェクト モデルを使う必要はありません。Excel で、計算メンバーと計算メジャーを作成して管理することができます。

独立したピボットグラフを作成する

ピボットグラフをピボットテーブルと関連付けておく必要がなくなりました。スタンドアロンの独立したピボットグラフを作成すると、新しい [ドリルダウン] と [ドリルアップ] の機能を使って、これまでになかった方法でデータの詳細レベルの情報を表示できます。また、独⽴したピボットグラフの方が、より簡単にコピーまたは移動できます。詳細については、「ピボットグラフを作成する」を参照してください。

Power View

Power View

Office Professional Plus を使っている場合は、Power View を活用できます。リボンの [Power View] をクリックするだけで、対話的でパワフルなデータ分析、視覚化、プレゼンテーション機能を使って、簡単な操作でより深くデータを読み取ることができます。Power View では、グラフ、スライサー、その他の視覚効果を 1 枚のシートで作成して編集できます。Excel 2013 の Power View の詳細については、こちらを参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

改良された新しいアドインとコンバーター

Power Pivot for Excel アドイン

Office Professional Plus では、Excel に Power Pivot アドインがあらかじめインストールされています。 Power Pivot データ分析エンジンが Excel に組み込まれたので、シンプルなデータ モデルを Excel で直接構築できるようになりました。 Power Pivot アドインは、より高度なモデルを作成できるようにするものです。 このアドインを使うと、データのインポート時にフィルターを適用したり、独自の階層、計算フィールド、主要業績指標 (KPI) を定義したり、Data Analysis Expressions (DAX) 言語で高度な数式を作成したりできます。 詳細については、「Power Pivot in Excel 2013 アドイン」を参照してください。

Inquire アドイン

Office Professional Plus 2013 または Office 365 Pro Plus では、Excel に Inquire アドインがあらかじめインストールされています。このアドインでは、ブックを分析してデザイン、機能、データの依存関係を理解し、数式のエラーや不一致、非表示の情報、リンクの破損など、さまざまな問題を突き止めることができます。Inquire では、Microsoft Office の新しいツールであるスプレッドシート比較を起動し、ブックの 2 つのバージョンを比較して、変更箇所をわかりやすく示すことができます。これで、監査のときにブックの変更点をすべて把握できます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2013