網かけを適用してワークシートの行の色を交互に変更する

この記事では、ワークシートで 1 行おきに網かけを自動適用する方法について説明します。簡単な条件付きの書式設定の数式を使用して網かけを適用できます。また、定義済みの Excel テーブル スタイルをデータに適用することもできます。

この記事の内容


方法 1: 条件付き書式を使用して 1 行おきに網掛けを適用する

ワークシートで 1 行おきに網かけを適用する方法の 1 つは、条件付き書式の設定ルールを作成することです。このルールでは、数式を使用して行番号が奇数か偶数かを判断し、それに従って網かけを適用します。次のような数式を入力します。

=MOD(ROW(),2)=0

  1. ワークシート上で次のいずれかの操作を行います。
    • 特定の範囲のセルに網かけを適用するには、書式を設定するセルを選択します。
    • ワークシート全体に網かけを適用するには、[すべて選択] をクリックします。

[すべて選択] ボタン

  1. [ホーム] タブの [スタイル] で [条件付き書式] の横にある下向き矢印をクリックし、[新しいルール] をクリックします。

Excel のリボン イメージ

  1. [新しい書式ルール] ダイアログ ボックスの [ルールの種類を選択してください] で、[数式を使用して、書式設定するセルを決定] をクリックします。
  2. [次の数式を満たす場合に値を書式設定] ボックスに、次の図のように「=MOD(ROW(),2)=0」と入力します。

[新しい書式ルール] ダイアログ ボックスの数式

 メモ   1 行おきではなく 1 列おきに網かけを適用する場合は、「=MOD(COLUMN(),2)=0」と入力します。

  1. [書式] をクリックします。
  2. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [塗りつぶし] タブをクリックします。
  3. 網かけ対象の行に使用する背景またはパターンの色を選択し、[OK] をクリックします。

この時点で、選択した色が [新しい書式ルール] ダイアログ ボックスの [プレビュー] ウィンドウに表示されます。

  1. 書式をワークシートのセルに適用するには、[OK] をクリックします

 メモ   条件付き書式設定ルールを表示または編集するには、網かけを含むセルのいずれかをクリックし、[ホーム] タブをクリックし、[スタイル] グループで、[条件付き書式の設定] の横の矢印をクリックし、[ルールの管理] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

方法 2: Excel のテーブル スタイルを使用して 1 行おきに網掛けを適用する

1 行おきに網かけまたは縞模様を簡単に追加するには、定義済みの Excel テーブル スタイルを適用する方法もあります。この方法は、特定の範囲のセルに書式を設定する場合に、合計行や、フィルターのドロップダウン リストが自動的に表示される見出し行を簡単に表示するなどの追加的な機能をテーブルに与えるときに便利です。

既定では、データが読みやすくなるようにテーブルの行に縞模様が適用されます。テーブルで行の追加または削除を行うと、自動的に縞模様が適用されます。

Excel テーブルの縞模様 (行)

テーブルの機能を使用せずにテーブル スタイルを設定する場合、テーブルを通常の範囲のデータに変換できます。この場合、その範囲にデータを追加しても、縞模様は自動的に適用されません。

  1. ワークシートで、書式を設定するセルの範囲を選択します。
  2. [ホーム] タブの [スタイル] で [テーブルとして書式設定] をクリックします。

Excel のリボン イメージ

  1. [淡色]、[中間]、または [濃色] で、目的のテーブル スタイルをクリックします。

 ヒント   ユーザー設定のテーブル スタイルを作成すると、そのスタイルが [ユーザー設定] に表示されるようになります。

  1. [テーブルとして書式設定] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

[テーブル スタイルのオプション] グループの [縞模様 (行)] チェック ボックスは既定でオンです。

Excel のリボン イメージ

1 行おきではなく 1 列おきに網かけを適用する場合は、このチェック ボックスをオフにして、[縞模様 (列)] を選択します。

  1. Excel テーブルを通常の範囲のセルに変換する場合は、テーブルの任意の場所をクリックして、テーブルをデータの範囲に変換するために必要なツールを表示します。
  2. [デザイン] タブの [ツール] で [範囲に変換] をクリックします。

Excel のリボン イメージ

 ヒント   または、テーブルを右クリックし、[テーブル] をクリックして、[範囲に変換] をクリックします。

 メモ   旧バージョンの Excel では、[オートフォーマット] ボタンを使用して 1 行おきに網かけを適用できました。このボタンはリボンでは使用できません。ただし、リボンの上に既定で表示されている [クイック アクセス ツール バー] に、[オートフォーマット] ボタンを追加できます。この操作方法の詳細については、「クイック アクセス ツール バーをカスタマイズする」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2010