データを横棒グラフで表示する

Microsoft Office Excel 2007 では、横棒グラフを作成し、効果的な新しい外観を設定できます。縦棒グラフと同様に、横棒グラフも 1 つまたは複数のデータ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)内でデータ要素 (データ要素: グラフにプロットされる値で、データ マーカーと呼ばれる横棒、縦棒、折れ線、円、ドーナツ、点などの形で表示される。同じ色のデータ マーカーは、データ系列になります。)を比較する場合に役立ちます。

書式設定された集合横棒グラフ

作成した横棒グラフの棒の間隔を変更できます。プロジェクト管理プログラムでよく使用されているガント チャートをシミュレートする場合にも、横棒グラフを使用できます。

この記事の内容


横棒グラフでのデータのプロットについて

横棒グラフは各項目間の比較を示します。

横棒グラフでは、項目を垂直方向の軸に、数値を水平方向の軸に配置します。

3-D 横棒グラフ

次の条件に該当する場合は、横棒グラフの使用を検討します。

  • プロットするデータ系列が 1 つ以上あります。
  • データに正の値、負の値、およびゼロ (0) 値が含まれています。
  • 多くの項目のデータを比較します。
  • 長い軸ラベルがあります。
  • 表示する値が期間です。

横棒グラフの作成時には、次のいずれかの形式を選択できます。

  • 集合横棒グラフおよび 3-D 集合横棒グラフ    集合横棒グラフは、各項目間の比較を示します。集合横棒グラフでは一般に、項目を垂直方向の軸に、値を水平方向の軸に配置します。3-D 集合横棒グラフは横棒が 3-D 形式で表示されるグラフであり、データが 3 つの軸で表示されるわけではありません。

集合横棒グラフおよび 3-D 横棒グラフ

  • 積み上げ横棒グラフおよび 3-D 積み上げ横棒グラフ    積み上げ横棒グラフは、各項目と全体との相対関係を表示します。3-D 積み上げ横棒グラフは横棒が 3-D 形式で表示されるグラフであり、データが 3 つの軸で表示されるわけではありません。

積み上げ横棒グラフおよび 3-D 積み上げ横棒グラフ

  • 100% 積み上げ横棒グラフおよび 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ    これらのグラフでは、項目ごとに全体に対する値の割合を比較します。3-D 100% 積み上げ横棒グラフは横棒が 3-D 形式で表示されるグラフであり、データが 3 つの軸で表示されるわけではありません。

100% 積み上げ横棒グラフおよび 3-D 100% 積み上げ横棒グラフ

  • 円柱形、円錐形、およびピラミッド形の横棒グラフ    これらのグラフにも、通常の横棒グラフの場合と同様に、集合横棒、積み上げ横棒、100% 積み上げ横棒の各形式があります。これらでも同じようにデータの表示と比較が行われます。横棒の代わりに、円柱形、円錐形、またはピラミッド形で表示される点のみ異なります。

円柱形、円錐形、ピラミッド形の横棒グラフ

ページの先頭へ ページの先頭へ

複雑な横棒グラフを作成する

書式設定された集合横棒グラフ

さて、この横棒グラフはどのようにして作成されたのでしょうか。次の手順を実行すると、同様の結果の横棒グラフを作成できます。このグラフでは、サンプルのワークシート データを使用しています。このデータをワークシートにコピーするか、または独自のデータを使用してください。

  1. サンプルのワークシート データを空のワークシートにコピーするか、または横棒グラフにプロットするデータが含まれているワークシートを開きます。

表示ワークシート データの例をコピーする方法

  • 新しいブックまたはワークシートを作成します。
  • ヘルプ トピックから使用例を選択します。

 メモ   行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

ヘルプから使用例を選択する

ヘルプから使用例を選択する
  • Ctrl キーを押しながら C キーを押します。
  • ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
A B
年間平均日照
アリゾナ州ユマ 90%
テキサス州エルパソ 84%
ネバダ州リノ 79%
フロリダ州キーウェスト 76%
ハワイ州ホノルル 71%
カリフォルニア州サンフランシスコ 66%
ニューヨーク州ニューヨーク 58%
ワシントン州シアトル 47%
アラスカ州ジュノー 30%
  1. ブックに適用される既定のテーマとは異なるテーマの色を使用するには、[ページ レイアウト] タブの [テーマ] で [テーマ] をクリックします。

Excel リボンの [テーマ]

  1. [組み込み] で、使用するテーマをクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、[フレッシュ] テーマを使用しました。

  1. 横棒グラフにプロットするデータを選択します。
  2. [挿入] タブの [グラフ] で [横棒] をクリックします。

Excel リボンの [グラフ]

  1. [2-D 横棒] で [集合横棒] をクリックします。
  2. グラフのグラフ エリア (グラフ エリア: グラフ全体およびグラフのすべての要素。)をクリックします。

[グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  1. [デザイン] タブの [グラフのスタイル] で、使用するグラフのスタイルをクリックします。

Excel リボンの [グラフのスタイル]

 ヒント   この横棒グラフでは、[スタイル 4] を使用しました。

  1. グラフ内の凡例をクリックし、Del キーを押します。
  2. グラフ タイトルのサイズを小さくするには、タイトルを右クリックし、[サイズ] ボックスから使用するサイズをクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、12 という値を使用しました。

  1. 軸ラベルのサイズを小さくするには、水平方向 (項目) の軸を右クリックし、[サイズ] ボックスから使用するサイズをクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、8 という値を使用しました。

  1. グラフのプロット エリア (プロット エリア: 2-D グラフでは、軸に囲まれたすべてのデータ系列を含むエリアです。3-D グラフでは、軸に囲まれたデータ系列、項目名、目盛ラベル、および軸タイトルを含むエリアです。)をクリックするか、グラフ要素の一覧から選択します ([レイアウト] タブの [現在の選択範囲] で [グラフの要素] ボックスの一覧から選択します)。
  2. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタン イメージ (その他) をクリックし、使用する効果をクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、[パステル - アクセント 1] を使用しました。

Excel リボンの [図形のスタイル]

  1. データ要素 (データ要素: グラフにプロットされる値で、データ マーカーと呼ばれる横棒、縦棒、折れ線、円、ドーナツ、点などの形で表示される。同じ色のデータ マーカーは、データ系列になります。)をクリックしてすべての横棒を選択するか、グラフ要素の一覧からデータ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)を選択します ([レイアウト] タブの [現在の選択範囲] で [グラフの要素] ボックスの一覧からデータ系列を選択します)。
  2. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタン イメージ (その他) をクリックし、使用する効果をクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、[パステル - アクセント 2] を使用しました。

  1. [書式] タブの [図形のスタイル] で [図形の効果] をクリックします。
  2. [光彩] をクリックし、[光彩の種類] から使用する光彩効果をクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、[アクセント 2、8 pt 光彩] を使用しました。

  1. グラフのグラフ エリアをクリックします。
  2. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタン イメージ (その他) をクリックし、使用する効果をクリックします。

 ヒント   この横棒グラフでは、[枠線のみ - アクセント 1] を使用しました。

  1. グラフのサイズを変更するには、[書式] タブの [サイズ] で [図形の高さ] ボックスから図形のサイズを選択し、Enter キーを押します。

 ヒント   この横棒グラフでは、[4"] を使用しました。

Excel リボンの [サイズ]

これでグラフが完成です。同じ形式で別の横棒グラフを作成する場合は、このグラフをテンプレートとして保存すると、同様のグラフを作成するときの基として使用できます。

グラフをテンプレートとして保存する

  1. テンプレートとして保存するグラフをクリックします。
  2. [デザイン] タブの [種類] で [テンプレートとして保存] をクリックします。
  3. [ファイル名] ボックスで、テンプレートの名前を入力します。

 ヒント   テンプレート ファイル (.crtx) が [Charts] フォルダに保存されます ([保存先] ボックスで別のフォルダを指定した場合を除きます)。新しいグラフを作成するときは、[グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、このグラフ テンプレートを選択できます ([挿入] タブの [グラフ] で ボタン イメージ (ダイアログ ボックス起動ツール) をクリックし、[テンプレート] フォルダをクリックします)。

 メモ   グラフ テンプレートには、グラフの書式設定が格納され、グラフをテンプレートとして保存するときに使用していた色も格納されます。グラフ テンプレートを使用して別のブックにグラフを作成すると、そのグラフでは、ブックに現在適用されているドキュメントのテーマの色ではなく、グラフ テンプレートの色が使用されます。グラフ テンプレートの色ではなく、ドキュメントのテーマの色を使用するには、グラフ エリア (グラフ エリア: グラフ全体およびグラフのすべての要素。)を右クリックし、ショートカット メニューの [リセットしてスタイルに合わせる] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

棒の間隔を変更する

横棒グラフの棒の間隔を広くしたり狭くしたりできます。2-D 横棒グラフでは、棒を重ねて表示することもできます。

  1. 変更するデータ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)をグラフでクリックするか、次の操作を実行して、グラフ要素の一覧からデータ系列を選択します。
    1. グラフをクリックします。

[グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  1. [書式] タブの [現在の選択範囲] で [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、データ系列をクリックします。

Excel リボンの [現在の選択範囲]

  1.  ヒント   同じ種類のグラフを使うすべてのデータ系列の間隔を変更するには、データ系列を 1 つだけ選択します。

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で [選択対象の書式設定] をクリックします。
  3. [系列のオプション] で、次のいずれかの操作を行います。
  • 2-D 横棒グラフの横棒の重なりを変更するには、スライダをドラッグして系列の重なりのパーセンテージを増減するか、[系列の重なり] ボックスに -100 ~ 100 のパーセンテージを入力します。

 ヒント   値を大きくするほど、項目内の重なりは大きくなります。

  • 2-D 横棒グラフまたは 3-D 横棒グラフのデータ マーカーの項目の間隔を変更するには、スライダをドラッグして間隔のパーセンテージを増減するか、[棒の間隔] ボックスに 0 (ゼロ) ~ 500 の値を入力します。

 ヒント   値を大きくするほど、棒の間隔は大きくなります。

  • 3-D 横棒グラフのデータ系列の間隔を変更するには、[棒の間隔] ボックスに 0 ~ 500 の値を入力します。

 ヒント   値を大きくするほど、棒の間隔は大きくなります。

ページの先頭へ ページの先頭へ

ガント チャートをシミュレートする

Excel にはガント チャートは用意されていませんが、積み上げ横棒グラフを使用して、タスク、タスク期間、および階層を表すようにカスタマイズすると、ガント チャートをシミュレートできます。

Excel でシミュレートしたガント チャート

次の手順を実行すると、この図と同様のガント チャートを作成できます。このグラフでは、サンプルのワークシート データを使用しています。このデータをワークシートにコピーしてください。同じ列見出しとワークシート構造であれば、独自のデータを使用してもかまいません。

  1. サンプルのワークシート データを空のワークシートにコピーするか、またはガント チャートにプロットするデータが含まれているワークシートを開きます。

表示ワークシート データの例をコピーする方法

  • 新しいブックまたはワークシートを作成します。
  • ヘルプ トピックから使用例を選択します。

 メモ   行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

ヘルプから使用例を選択する

ヘルプから使用例を選択する
  • Ctrl キーを押しながら C キーを押します。
  • ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

 
1
2
3
4
5
6
A B C
タスク 開始日 期間
タスク 1 0 2
タスク 2 2 6
タスク 3 8 9
タスク 4 17 3
タスク 5 20 5

 メモ   列 B および C ([開始日] と [期間]) の値は、開始日からの日数およびタスク完了に必要な日数を表します。

  1. ガント チャートにプロットするデータ (このサンプルのワークシート データでは A1:C6) を選択します。
  2. [挿入] タブの [グラフ] で [横棒] をクリックします。
  3. [2-D 横棒] の [積み上げ横棒] をクリックします。
  4. グラフで最初のデータ系列をクリックするか、グラフ要素の一覧から最初のデータ系列を選択します ([書式] タブの [現在の選択範囲] で [グラフの要素] ボックスの一覧からデータ系列を選択します)。
  5. [書式] タブの [現在の選択範囲] で [選択対象の書式設定] をクリックします。

Excel リボンの [現在の選択範囲]

  1. [塗りつぶし] をクリックし、[塗りつぶしなし] をクリックします。
  2. [閉じる] をクリックします。
  3. グラフ上の凡例をクリックし、Del キーを押します。
  4. 水平方向 (値) の軸をクリックするか、グラフ要素の一覧から選択します ([書式] タブの [現在の選択範囲] で [グラフの要素] ボックスの一覧から選択します)。
  5. [書式] タブの [現在の選択範囲] で [選択対象の書式設定] をクリックします。
  6. [軸のオプション] の [軸を反転する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2007, Outlook 2007