以前のバージョンの Excel で Office Excel 2007 ファイルを使用する


タグ    2003 (英語); compatibility (英語); compatibility mode (英語); convert (英語); converter (英語); earlier version (英語); file format (英語); upgrade (英語); xlsx (英語)


アイコン イメージ What are tags? (英語)

Microsoft Office Excel 2007 をインストールした後で、以前のバージョンの Excel で作成したブックの作業を引き続き行う方法、現在のバージョンの Excel をインストールしていないユーザーがこれらのブックに引き続きアクセスできるようにする方法、およびバージョン間の違いが作業方法にどう影響するかについて説明します。

以前のバージョンの Microsoft Office Excel (Excel 97-2003) との下位互換性を保つ場合や、これらのバージョンを使用して共同作業を行う場合は、いくつかの方法を使用して、異なるバージョン間でブックを交換することができます。Office Excel 2007 では、以前のバージョンの Excel で作成したブックを開いて互換モードで作業できるため、ブックのファイル形式を保持し、以前のバージョンで再度簡単に開くことができます。また、ファイル コンバータをダウンロードして使用すると、Excel 2007 のブックを以前のバージョンの Excel で開くこともできます。

ブックを現在のファイル形式に変換する場合は、いつでも変換後のブックをチェックして、以前のバージョンの Excel との互換性を確認できます。その結果に応じて必要な変更を加えることで、以前のバージョンの Excel でブックを開いたときにデータが失われたり、元の内容を忠実に再現できなくなったりすることを回避できます。

この記事の内容


Excel 2007 の互換モードで作業する

Excel 2007 で以前のバージョンで作成したブックを開くと、自動的に互換モードでブックが開き、Excel のタイトル バー (タイトル バー: ウィンドウ、ダイアログ ボックス、またはツール バーの上部にあるバー。タイトル バーには、文書、アプリケーション、またはツール バーの名前が表示されます。)に表示されるファイル名の隣に、[互換モード] と角かっこ付きで表示されます。互換モードでブックの作業をするときには、Excel 2007 の新機能や拡張機能は使用できません。これは、以前のバージョンの Excel でブックを開いたときにデータが失われたり、元のデータを忠実に再現できなくなるのを防ぐためです。また、ブックの保存時には現在の XML ベースのファイル形式 (.xlsx) ではなく、Excel 97-2003 のファイル形式 (.xls) が使用されます。これは、以前のバージョンの Excel で簡単に開くことのできるバイナリ ファイル形式です。

Microsoft Office Word 2007 などの他の 2007 Microsoft Office system プログラムとは違い、Excel の互換モードを手動でオンにすることはできません。また、互換モードでブックの作業をするときに、新しい機能を組み込むオプションはありません。

互換モードで作業をする必要がなくなったら、ブックを現在のファイル形式に変換できます。詳細については、「ブックを Excel 2007 のファイル形式に変換する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

以前のバージョンの Excel でファイル コンバータを使用して Excel 2007 のブックを開く

Microsoft Office Online には、Excel 2007 のブックを以前のバージョンの Excel (Excel 97-2003) で開くための特定の更新プログラムやファイル コンバータが提供されています。これらの更新プログラムやファイル コンバータをまだインストールしていない場合は、Excel 2007 のブックを開こうとするときに、インストールを促すメッセージが表示されることがあります。

更新プログラムとファイル コンバータをインストールすると、Excel 2007 のすべてのブックを開けるようになり、以前のバージョンの Excel を Excel 2007 にアップグレードしなくても編集や保存を行うことができます。Excel 2007 固有の機能や書式設定は、以前のバージョンの Excel では表示されませんが、ブックを保存して Excel 2007 で再度開くときにはまたそれらの機能を使用できます。表示されない機能と書式設定の詳細については、「互換性チェック」を参照してください。

ファイル コンバータをダウンロードして使用する

  1. 以前のバージョンの Excel がインストールされているコンピュータ上で、「Microsoft Office ダウンロード」 Web サイトから、2007 Office Word、Excel、PowerPoint の各ファイル形式に対応した Microsoft Office 互換機能パックをダウンロードし、Excel 2007 のブックを開くために必要な更新プログラムとコンバータをインストールします。
  2. 以前のバージョンの Excel (Excel 97-2003) で、Excel 2007 のブックを開きます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

ブックを Excel 2007 のファイル形式に変換する

以前のバージョンの Excel で作成したブックを開くときに、今後このブックを以前のバージョンで作業する予定がない場合は、ブックを現在の Excel 2007 ファイル形式に変換できます。現在のファイル形式に変換すると、Excel 2007 のすべての新機能と拡張機能にアクセスできるようになり、ファイル サイズも小さくなります。

ブックを変換するには、次の方法があります。

  • ブックを現在のファイル形式に変換する    ブックを変換すると、現在のファイル形式 (.xlsx または .xlsm) のブックのコピーに置き換えられます。変換後のブックを元のファイル形式で使用することはできません。
  • ブックを現在のファイル形式で保存する    ブックを変換せずに、元のファイル形式でブックのコピーを残しておく場合は、ブックを現在のファイル形式 (.xlsx) で保存します。詳細については、「他のファイル形式でブックを保存する」を参照してください。

ブックを現在のファイル形式に変換する

  1. 現在のファイル形式に変換するブックを開きます。

 メモ   ブックは互換モードで開きます。

  1. ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[変換] をクリックします。
  2. ブックの変換に関するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

 ヒント   ブックの変換に関するメッセージが表示されないようにするには、[ブックの変換を確認するメッセージを今後表示しない] をオンにします。

  1. 現在のファイル形式で作業するには、[はい] をクリックしてブックを閉じ、再度開きます。

ページの先頭へ ページの先頭へ

Excel 2007 のブックをチェックして以前のバージョンの Excel との互換性を確認する

Excel 2007 のブックで、重要な機能性が失われたり、以前のバージョンの Excel で元のデータを忠実に再現できなくなるなどの互換性の問題がないかどうかを確認するには、互換性チェックを実行します。互換性チェックでは、潜在的な互換性の問題を見つけて、その解決に役立つレポートを作成できます。

 重要   ブックが Excel 2007 の新しい XML ベースのファイル形式 (.xlsx) やバイナリ ファイル形式 (.xlsb) ではなく、Excel 97-2003 のファイル形式 (.xls) の場合、互換モードでブックの作業をすると、ブックの保存時に互換性チェックが自動的に実行されます。

  1. Excel 2007 で、互換性チェックを実行するブックを開きます。
  2. ボタン イメージ (Microsoft Office ボタン)、[配布準備]、[互換性チェックの実行] の順にクリックします。
  3. ブックを保存するたびに互換性をチェックするには、[このブックを保存するときに互換性を確認する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [概要] ボックスの一覧に表示されたすべての問題を、レポートとして別のワークシートに取りまとめるには、[新しいシートにコピー] をクリックします。

 ヒント   簡単な問題については、[修正] が表示され、それをクリックして問題を解決できます。複雑な問題については、[ヘルプ] をクリックして詳細を参照します。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2007