データを等高線グラフで表示する

等高線グラフは、データ要素 (データ要素: グラフにプロットされる値で、データ マーカーと呼ばれる横棒、縦棒、折れ線、円、ドーナツ、点などの形で表示される。同じ色のデータ マーカーは、データ系列になります。)の集まりをつないだ 3-D の等高線を表示します。このグラフは、2 組のデータ間で最適な組み合わせを見つける場合に便利です。また、地形図のように、同じ値の範囲を含んだ領域を色やパターンで示します。他の種類のグラフとは異なり、等高線グラフの色は、各データ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)を区別するためには使用されません。代わりに、値を区別するために使用されます。等高線グラフをより効果的に表示するために、色を変更して透過を使用し、グラフの背面に隠れて表示されなかったカラー バンドを表示することもできます。 

書式設定された 3-D 等高線グラフ

この記事の内容


等高線グラフでのデータのプロットについて

等高線グラフには、ワークシート内で複数の列または行に配置されているデータをプロットできます。このグラフは、2 組のデータ間で最適な組み合わせを見つける場合に便利です。等高線グラフを作成するには、項目とデータの両系列に数値が含まれている必要があります。

等高線グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 3-D 等高線グラフ     3-D 等高線グラフでは、2 つの次元の値の傾向を連続した曲線で表示します。等高線グラフのカラー バンドはデータ系列ではなく、各値の差を表します。このグラフでは、データが 3-D で表示されます。3-D 縦棒グラフの上にゴム シートを伸ばしながらかぶせたように見えます。このグラフは、通常、他の方法では表示しにくい大量のデータ間の関係を示すために使用されます。

3-D 等高線グラフ

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ     色のない 3-D 等高線グラフは、ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフと呼ばれます。このグラフには、線だけが表示されます。カラー バンドのない 3-D 等高線グラフは、ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフと呼ばれます。このグラフには、線だけが表示されます。

 メモ   ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは見やすいグラフではありませんが、大量のデータ セットをすばやくプロットする場合に便利です。

ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ

  • 等高線グラフ     等高線グラフは、上から見た等高線グラフです。2-D の地形図に似ています。このグラフでは、カラーバンドは特定の値の範囲を表します。等高線グラフの線は、同じ値の補完点をつなぎます。

等高線グラフ

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ     ワイヤーフレーム等高線グラフも、上から見た等高線グラフです。等高線にカラー バンドがないため、線だけを表示します。

 メモ   ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは見やすいグラフではありません。このグラフの代わりに 3-D 等高線グラフを使用することもできます。

ワイヤーフレーム等高線グラフ

ページの先頭へ ページの先頭へ

等高線グラフを作成する

書式設定された 3-D 等高線グラフ

この等高線グラフはどのようにして作成されたのでしょうか。次の手順を実行すると、同様の結果の等高線グラフを作成できます。このグラフでは、サンプルのワークシート データを使用しています。このデータをワークシートにコピーするか、または独自のデータを使用してください。

  1. サンプルのワークシート データを空のワークシートにコピーするか、または等高線グラフにプロットするデータが含まれているワークシートを開きます。

表示サンプルのワークシート データをコピーするには

  • 新しいブックまたはワークシートを作成します。
  • ヘルプ トピックから使用例を選択します。

 メモ   行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

ヘルプから使用例を選択する

ヘルプから使用例を選択する
  • Ctrl キーを押しながら C キーを押します。
  • ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
A B C D E F
10 20 30 40 50
0.1 15 65 105 65 15
0.2 35 105 170 105 35
0.3 55 135 215 135 55
0.4 75 155 240 155 75
0.5 80 190 245 190 80
0.6 75 155 240 155 75
0.7 55 135 215 135 55
0.8 35 105 170 105 35
0.9 15 65 105 65 15
  1. 等高線グラフにプロットするデータを選択します。

 メモ   選択範囲には行または列の見出しを含めないことをお勧めします。見出しをデータと一緒に選択すると、チャートが正しく表示されないことがあります。

  1. [挿入] タブの [グラフ] で [その他のグラフ] をクリックします。

Excel リボンの [グラフ]

  1. [等高線] をクリックし、[3-D 等高線グラフ] をクリックします。
  2. グラフのグラフ エリア (グラフ エリア: グラフ全体およびグラフのすべての要素。)をクリックします。

[グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  1. [デザイン] タブの [グラフのスタイル] で、使用するグラフのスタイルをクリックします。

Excel リボンの [グラフのスタイル]

 ヒント   この等高線グラフでは、[スタイル 34] を使用しました。

  1. 凡例を移動するには、次の操作を行います。
  1. グラフで対象の凡例を右クリックし、ショートカット メニューの [凡例の書式設定] をクリックします。
  2. [凡例の位置] で、任意の位置をクリックします。

 ヒント   この等高線グラフでは、[] を使用しました。

  1. グラフのサイズを変更するには、[書式] タブの [サイズ] で、[図形の高さ] ボックスおよび [図形の幅] ボックスの一覧から目的の図形サイズを選択し、Enter キーを押します。

 ヒント   この等高線グラフでは、図形の高さとして [16.25]、図形の幅として [15] を使用しました。

Excel リボンの [サイズ]

  1. グラフのタイトルを追加、書式設定、および配置するには、目的のグラフ エリア (グラフ エリア: グラフ全体およびグラフのすべての要素。)をクリックし、次の操作を行います。
  1. [レイアウト] タブの [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、次に [グラフの上] をクリックします。

Excel リボンの [ラベル]

  1. グラフのタイトルをクリックし、任意のテキストを入力します。

 ヒント   この等高線グラフでは、「伸長力の測定値」と入力しました。

  1. グラフ タイトルのサイズを小さくするには、タイトルを右クリックしてショートカット メニューの [サイズ] をクリックし、任意のサイズを入力します。

 ヒント   この等高線グラフでは、[14] を使用しました。

  1. 軸ラベルを追加するには、まずグラフのグラフ エリアをクリックします。次に [レイアウト] タブの [ラベル] で [軸ラベル] をクリックし、次の操作を行います。
  1. ラベルを横軸に追加するには、[主横軸ラベル] をクリックして、任意のオプションをクリックします。

 ヒント   この等高線グラフでは、[軸ラベルを軸の下に配置] を使用しました。

  1. ラベルを縦軸に追加するには、[主縦軸ラベル] をクリックして、任意のオプションをクリックします。

 ヒント   この等高線グラフでは、[軸ラベルを回転] を使用しました。

  1. ラベルを奥行き軸に追加するには、[奥行き軸ラベル] をクリックして、任意のオプションをクリックします。

 ヒント   この等高線グラフでは、[軸ラベルを水平に配置] を使用しました。

  1. 各軸のラベルをクリックして任意の文字列を入力し、Enter キーを押します。

 ヒント   この等高線グラフでは、横軸ラベルに「秒」、縦軸ラベルに「伸長力の測定値」、奥行き軸ラベルに「温度」と入力しました。

  1. ブックに適用される既定のテーマとは異なるテーマの色を使用するには、以下の操作を行います。
  1. [ページ レイアウト] タブの [テーマ] で [テーマ] をクリックします。

Excel リボンの [テーマ]

  1. [組み込み] で、使用するテーマをクリックします。

 ヒント   この等高線グラフでは、[Office] テーマを使用しました。

ページの先頭へ ページの先頭へ

既存の等高線グラフの色を変更する

等高線グラフの色は、データ系列ではなく、値に基づいているので、グラフ内で色を選択することはできません。ただし、等高線グラフの凡例で対応する色のマーカーを選択すると、書式を変更できます。Microsoft Office Excel 2007 では、透過を使用してグラフの背面に隠れて表示されなかったカラー バンドを表示することもできます。

  1. 凡例が表示されない場合は、次の操作を行います。
    1. グラフのグラフ エリア (グラフ エリア: グラフ全体およびグラフのすべての要素。)をクリックします。

[グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  1. [レイアウト] タブの [ラベル] で [凡例] をクリックし、次に任意の凡例の位置をクリックします。
  1. 凡例で、書式を変更する凡例マーカーをクリックします。
  2. [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] で [選択対象の書式設定] をクリックします。
  3. [領域の書式設定] ダイアログ ボックスで目的の書式カテゴリをクリックし、任意の書式オプションを選択します。

 ヒント   透過を使用するには、[塗りつぶし (単色)]、[塗りつぶし (グラデーション)]、または [塗りつぶし (図またはテクスチャ)] をクリックし、任意の色、図、またはテクスチャのオプションをクリックします。次に、[透過性] スライダを目的の割合までドラッグします。[透過性] ボックスに割合を入力することもできます。

  1. 書式設定を行う各レベルについて、手順 2. ~ 4. を繰り返します。

ページの先頭へ ページの先頭へ

グラフをテンプレートとして保存する

今作成したグラフと似た別のグラフを作成する場合、作成したグラフを他の同様のグラフの基礎に使用できるテンプレートとして保存できます。

  • テンプレートとして保存するグラフをクリックします。
  • [デザイン] タブの [種類] で [テンプレートとして保存] をクリックします。

Excel リボンの [種類]

  • [ファイル名] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。

 ヒント   別のフォルダーを指定しない場合、テンプレート ファイル (.crtx) は [グラフ] フォルダーに保存され、[グラフの挿入] ダイアログ ボックス ([挿入] タブの [グラフ] で ボタン イメージ (ダイアログ ボックス起動ツール) をクリックする) および [グラフの種類の変更] ダイアログ ボックス ([デザイン] タブの [種類] で [グラフの種類の変更] をクリックする) の両方の [テンプレート] で、そのテンプレートを使用できるようになります。

グラフ テンプレートを適用する方法の詳細については、「グラフ テンプレートを使用してお気に入りのグラフを再利用する」を参照してください。

 メモ   グラフ テンプレートには、グラフの書式と共に、グラフをテンプレートとして保存するときに使用していた色も格納されます。グラフ テンプレートを使用して別のブックでグラフを作成すると、新しいグラフでは、ブックに現在適用されているドキュメントのテーマの色ではなく、グラフ テンプレートの色が使用されます。グラフ テンプレートのテーマの色ではなく、ドキュメントのテーマの色を使用するには、グラフ エリア (グラフ エリア: グラフ全体およびグラフのすべての要素。)を右クリックし、ショートカット メニューの [リセットしてスタイルに合わせる] をクリックします。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2007, Outlook 2007