利用可能なグラフの種類

Microsoft Office Excel 2007 では、プレゼンテーションの出席者にとってわかりやすい方法でデータを表示できるように、多くの種類のグラフがサポートされています。グラフを作成する場合や、既存のグラフの種類を変更する場合に、次のグラフの種類の 1 つを選択できます。

 重要   ここでは、使用できるグラフの種類について説明します。グラフの作成方法の詳細については、「グラフを作成する」を参照してください。

この記事の内容


縦棒グラフ

ワークシートの列または行にあるデータを縦棒グラフにプロットします。縦棒グラフは、一定期間のデータの変化を示したり、項目間の比較を示す場合に適しています。

通常、縦棒グラフでは、横軸が項目を表し、縦軸が値を表します。

3-D 集合縦棒グラフ

縦棒グラフには次のサブタイプがあります。

  • 集合縦棒および 3-D 集合縦棒    集合縦棒グラフでは、項目ごとに値を比較できます。集合縦棒グラフでは、2-D の縦棒で値が示されます。3-D 集合縦棒グラフでは、3-D 表示のみを使用してデータが示されます。3 番目の数値軸 (奥行き軸) は使用されません。

集合縦棒グラフおよび 3-D 集合縦棒グラフ

集合縦棒グラフは、以下を表す項目がある場合に使用できます。

  • さまざまな範囲の値 (たとえば項目数など)
  • 特定の配列の尺度 (たとえば、"強くそう思う"、"そう思う"、"どちらともいえない"、"そう思わない"、"まったくそう思わない" などの項目を持つリッカート尺度)
  • 順不同の名前 (たとえば、項目名、地名、人名など)

 メモ   変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、および奥行き軸) を使用した 3-D 形式でデータを表示するには、3-D 縦棒グラフ形式を使用します。

  • 積み上げ縦棒および 3-D 積み上げ縦棒    積み上げ縦棒グラフでは、各項目と全体との関係が示され、値の相対関係を項目ごとに比較できます。積み上げ縦棒グラフでは、2-D の縦棒の積み重ねで値が示されます。3-D 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 表示のみを使用してデータが示されます。3 番目の数値軸 (奥行き軸) は使用されません。

積み上げ縦棒グラフと 3-D 積み上げ縦棒グラフ

複数のデータ系列があり、合計値を明確に示したい場合には、積み上げ縦棒グラフを使用できます。

  • 100% 積み上げ縦棒および 3-D 100% 積み上げ縦棒    100% 積み上げ縦棒グラフおよび 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフでは、全体の中で各値が占める割合を項目ごとに比較できます。100% 積み上げ縦棒グラフでは、計 100% の 2-D の縦棒の積み重ねで値が示されます。3-D 100% 積み上げ縦棒グラフでは、3-D 表示のみを使用してデータが示されます。3 番目の数値軸 (奥行き軸) は使用されません。

100% 積み上げ縦棒グラフおよび 3-D 100% 積み上げ縦棒グラフ

3 つ以上のデータ系列があり、全体に対する割合を明確に示したい場合 (特に各項目の合計値が同じ場合) には、100% 積み上げ縦棒グラフを使用できます。

3-D 縦棒グラフ

3-D 縦棒グラフは、横軸と奥行き軸の両方で項目が示され、縦軸に値が示されるため、項目間でも系列間でもデータを比較したい場合に使用できます。

  • 円柱、円錐、およびピラミッド    円柱グラフ、円錐グラフ、およびピラミッド グラフには、四角形の縦棒グラフと同じく、集合グラフ、積み上げグラフ、100% 積み上げグラフ、3-D の各種類のグラフがあり、データの表示や比較も同じように行うことができます。唯一の違いは、表示に使われる形状が四角形ではなく、円柱、円錐、およびピラミッドである点です。

円柱グラフ、円錐グラフ、ピラミッド グラフ

 ヒント   縦棒グラフを作成する場合は、「データを縦棒グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

折れ線グラフ

ワークシートの列または行にあるデータを折れ線グラフにプロットします。時間の経過による連続データを共通の目盛りに対して表示できるため、一定の間隔でのデータの傾向を示すのに適しています。項目データは横軸に沿って等間隔に配置され、すべての値データは縦軸に沿って等間隔に配置されます。

マーカー付き折れ線グラフ

項目ラベルが文字列で、月、四半期、会計年度など、等間隔に並べられた値を表す場合に使用します。特に、複数の系列がある場合に適しています。系列が 1 つの場合は、項目グラフの使用を検討します。等間隔に並べられた数値ラベルがいくつかある場合、特に年を表す場合に、折れ線グラフを使用します。数値ラベルが 10 より多い場合は代わりに散布図を使用します。

折れ線グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 折れ線およびマーカー付き折れ線    マーカーなしまたはマーカー付きで表示し、個々のデータの値を示します。時間の経過による傾向や順序付けられた項目ごとの傾向を示す場合に使用します。特に多くのデータ要素がある場合や、項目の表示される順序が重要な場合に適しています。項目が多い場合や値が近似値である場合は、マーカーなしの折れ線グラフを使用します。

折れ線 (マーカーなしおよびマーカー付き)

  • 積み上げ折れ線およびマーカー付き積み上げ折れ線    マーカーなしまたはマーカー付きで表示し、個々のデータの値を示します。時間の経過や順序付けられた項目ごとの各値の貢献度の傾向を示す場合に使用します。ただし、積み上げ折れ線が見えにくい場合は、別の種類の折れ線グラフまたは積み上げ面グラフの使用を検討してください。

積み上げ折れ線グラフ (マーカーなしおよびマーカー付き)

  • 100% 積み上げ折れ線およびマーカー付き 100% 積み上げ折れ線    マーカーなしまたはマーカー付きで表示し、個々のデータの値を示します。時間の経過や順序付けられた項目ごとに、各値の比率の貢献度の傾向を示す場合に使用します。項目が多い場合や値が近似値である場合は、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用します。

 ヒント   この種類のデータをよりわかりやすく表示するには、代わりに 100% 積み上げ面グラフの使用を検討してください。

100% 積み上げ折れ線グラフ (マーカーなしおよびマーカー付き)

  • 3-D 折れ線    データの各行または列を 3-D リボンで表示します。横軸、縦軸、奥行軸は変更できます。

3-D 折れ線グラフ

 ヒント   折れ線グラフを作成する場合は、「データを散布図または折れ線グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

円グラフ

ワークシートの 1 つの列または 1 つの行にあるデータだけを円グラフにプロットします。1 つのデータ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)にある項目のサイズを、項目の合計に比例して示します。円グラフのデータ要素 (データ要素: グラフにプロットされる値で、データ マーカーと呼ばれる横棒、縦棒、折れ線、円、ドーナツ、点などの形で表示される。同じ色のデータ マーカーは、データ系列になります。)は、円グラフ全体に対する比率で表示されます。

3-D 効果付き円グラフ

次の場合に円グラフの使用を検討します。

  • プロットするデータ系列が 1 つだけである。
  • プロットする値に負の数がない。
  • プロットする値に値 0 がほとんどない。
  • 項目数は 7 以下である。
  • 項目は円グラフ全体の一部として表される。

円グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 円および 3-D 効果付き円    全体に対する各値の割合を 2-D 形式または 3-D 形式で表示します。円グラフの要素を手動で切り離して、強調することもできます。

2-D 円グラフおよび 3-D 円グラフの例

  • 補助円グラフ付き円および補助縦棒グラフ付き円    メインの円グラフからユーザー定義によって値を抜粋し、その値を補助円グラフまたは補助縦棒グラフに結合して、円グラフと一緒に表示します。メインの円グラフの小さな要素を見やすくする場合に適しています。

補助円グラフ付き円グラフおよび補助縦棒グラフ付き円グラフの例

  • 分割円および 3-D 効果付き円    個々の値を強調しながら、全体に対する値の関係や比較を表します。3-D 効果を付けることもできます。すべての要素および個々の要素の分割設定を変更することはできますが、分割円の要素を手動で移動することはできません。要素を手動で切り離す必要がある場合は、代わりに円グラフまたは 3-D 円グラフの使用を検討してください。

2-D 分割円および 3-D 分割円の例

 ヒント   円グラフを作成する場合は、「データを円グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

横棒グラフ

ワークシートの列または行にあるデータを横棒グラフにプロットします。横棒グラフは各項目間の比較を示します。

3-D 効果付き横棒グラフ

次の場合に横棒グラフの使用を検討します。

  • 軸ラベルが長い。
  • 表示される値が期間である。

横棒グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 集合横棒および 3-D 効果付き集合横棒    集合横棒グラフは、各項目間の比較を示します。集合横棒グラフでは一般に、項目を垂直方向の軸に、値を水平方向の軸に配置します。3-D 集合横棒グラフは横棒が 3-D 形式で表示されるグラフであり、データが 3 つの軸で表示されるわけではありません。

集合横棒グラフおよび 3-D 横棒グラフ

  • 積み上げ横棒および 3-D 効果付き積み上げ横棒    積み上げ横棒グラフは、各項目と全体との相対関係を表示します。3-D 積み上げ横棒グラフは横棒が 3-D 形式で表示されるグラフであり、データが 3 つの軸で表示されるわけではありません。

積み上げ横棒グラフおよび 3-D 効果付き積み上げ横棒グラフ

  • 100% 積み上げ横棒および 3-D 効果付き 100% 積み上げ横棒    これらのグラフでは、項目ごとに全体に対する値の割合を比較します。3-D 効果付き 100% 積み上げ横棒グラフは横棒が 3-D 形式で表示されるグラフであり、データが 3 つの軸で表示されるわけではありません。

100% 積み上げ横棒グラフおよび 3-D 効果付き 100% 積み上げ横棒グラフ

  • 水平円柱、円錐、ピラミッド    これらのグラフにも、通常の横棒グラフの場合と同様に、集合横棒、積み上げ横棒、100% 積み上げ横棒の各形式があります。これらでも同じようにデータの表示と比較が行われます。横棒の代わりに、円柱形、円錐形、またはピラミッド形で表示される点のみ異なります。

円柱形、円錐形、ピラミッド形の横棒グラフ

 ヒント   横棒グラフを作成する場合は、「データを横棒グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

面グラフ

ワークシートの列または行にあるデータを面グラフにプロットします。時間の経過による変化の量が強調されます。傾向全体を通じて、合計値に注目する場合に使用します。たとえば、時間の経過に伴う利益を表すデータは面グラフにプロットして総利益を強調します。

また、プロットされた値の合計が表示されるので、全体と部分との関係も示されます。

面グラフ

面グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 2-D 面および 3-D 面    2-D または 3-D のどちらの表示でも、面グラフでは、時間またはその他の項目データごとに値の傾向およびその他の項目データが表示されます。3-D 効果付きの面グラフでは、変更可能な 3 つの軸 (横軸、縦軸、および奥行き軸) が使用されます。一般的には、積み上げ以外の面グラフではなく、折れ線グラフの使用をお勧めします。これは、ある系列のデータが別の系列のデータに隠れて表示されないことがあるためです。

面グラフおよび 3-D 効果付きの面グラフ

  • 積み上げ面および 3-D 効果付き積み上げ面    積み上げ面グラフでは、時間またはその他の項目データごとに値の貢献度の傾向が表示されます。3-D 効果付きの積み上げ面グラフでも同様に表示されますが、3-D 表示で示されます。3-D 表示では 3 番目の数値軸 (奥行き軸) が使用されないので、正確には 3-D グラフではありません。 

積み上げ面グラフおよび 3-D 効果付き積み上げ面グラフ

  • 100% 積み上げ面および 3-D 効果付き 100% 積み上げ面    100% 積み上げ面グラフでは、時間またはその他の項目データごとに値の貢献度の割合の傾向が表示されます。3-D 効果付きの 100% 積み上げ面グラフでも同様に表示されますが、3-D 表示で示されます。3-D 表示では 3 番目の数値軸 (奥行き軸) が使用されないので、正確には 3-D グラフではありません。 

100% 積み上げ面グラフおよび 3-D 効果付き 100% 積み上げ面グラフ

 ヒント   面グラフを作成する場合は、「データを面グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

散布図

ワークシートの列と行にあるデータを散布図にプロットします。複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、または xy 座標を 1 系列とする 2 つのグループの数値をプロットします。

散布図には 2 つの値の軸があり、横軸 (x 軸) に 1 つの数値データセットを、縦軸 (y 軸) にもう一方の数値データセットを表示します。これらの値を組み合わせて 1 つのデータ要素にし、不規則な間隔または集団で表示します。散布図は、一般的に、科学データ、統計データ、工学データなどの数値データの表示や比較に使用されます。

次の場合に散布図の使用を検討します。

  • 横軸の尺度を変更する。
  • 横軸を対数目盛りにする。
  • 横軸の値が等間隔でない。
  • 横軸のデータ要素が多い。
  • 値の組または値の集合を含むワークシート データを効果的に表示し、散布図の目盛りを個別に調整して、値の集合の詳細情報を表示する。
  • データ要素間の相違点ではなく、大量のデータ セット間の類似点を示す。
  • 大量のデータ要素を時間に関係なく比較する。散布図のデータを増やせば増やすほど、比較の精度が高まります。

散布図用のデータをワークシートに配置する場合は、x 軸にプロットする値を 1 行目または 1 列目に入力し、それに対応する y 軸にプロットする値を隣接する行または列の対応する位置に入力します。

散布図

散布図には、次のサブタイプがあります。

散布図 (マーカーのみ)

  • 平滑線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)    データ要素をつないだ滑らかな曲線を表示します。この平滑線は、マーカー付きでもマーカーなしでも表示できます。データ要素が多い場合はマーカーなしで使用します。

平滑線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)

  • 直線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)    データ要素間をつないだ直線を表示します。直線は、マーカー付きでもマーカーなしでも表示できます。

直線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)

 ヒント   散布図を作成する場合は、「データを散布図または折れ線グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

株価チャート

ワークシートの列または行に特定の順序で配置されているデータを株価チャートにプロットします。名前のとおり、株価チャートは株価の変動を示す場合に最もよく使用されます。しかし、このチャートは、科学的なデータを示す場合にも使用できます。たとえば、株価チャートを使用して、毎日または年間の温度変化を示すこともできます。株価チャートを作成するには、データを適切な順序に並べます。

ワークシートでの株価チャートのデータの配置方法は非常に重要です。たとえば、高値 - 安値 - 終値を表す単純な株価チャートを作成するには、列見出しを「高値」「安値」「終値」として、同じ順序でデータを配置します。

株価チャート

株価チャートには、次のサブタイプがあります。

  • 高値 - 安値 - 終値    高値 - 安値 - 終値を表す株価チャートは、株価を示す場合によく使われます。3 つの値の系列が高値、安値、終値の順序で必要です。

高値 - 安値 - 終値の株価チャート

  • 始値 - 高値 - 安値 - 終値    このタイプの株価チャートでは、4 つの値の系列が正しい順序 (始値、高値、安値、終値) で必要です。

始値 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート

  • 出来高 - 高値 - 安値 - 終値    このタイプの株価チャートでは、4 つの値の系列が正しい順序 (出来高、高値、安値、終値) で必要です。2 つの値軸を使用し、一方の値軸で出来高を表し、もう一方の値軸で株価を表します。

出来高 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート

  • 出来高 - 始値 - 高値 - 安値 - 終値    このタイプの株価チャートでは、5 つの値の系列が正しい順序 (出来高、始値、高値、安値、終値) で必要です。

出来高 - 始値 - 高値 - 安値 - 終値の株価チャート

 ヒント   株価チャートを作成する場合は、「データを株価チャートで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

等高線グラフ

ワークシートの列または行にあるデータを等高線グラフにプロットします。2 組のデータ間で最適な組み合わせを見つける場合に適しています。地形図のように、同じ値の範囲を色やパターンで示します。

項目とデータ系列が数値をとる場合に使用します。

等高線グラフ

等高線グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 3-D 等高線    3-D 等高線グラフでは、2 つの次元の値の傾向を連続した曲線で表示します。等高線グラフのカラー バンドはデータ系列ではなく、各値の差を表します。このグラフでは、データが 3-D で表示されます。3-D 縦棒グラフの上にゴム シートを伸ばしながらかぶせたように見えます。このグラフは、通常、他の方法では表示しにくい大量のデータ間の関係を示すために使用されます。

3-D 等高線グラフ

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線    色のない 3-D 等高線グラフは、ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフと呼ばれます。このグラフには、線だけが表示されます。カラー バンドのない 3-D 等高線グラフは、ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフと呼ばれます。このグラフには、線だけが表示されます。

 メモ   ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは見やすいグラフではありませんが、大量のデータ セットをすばやくプロットする場合に便利です。

ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ

  • 等高線    等高線グラフは、上から見た等高線グラフです。2-D の地形図に似ています。このグラフでは、カラーバンドは特定の値の範囲を表します。等高線グラフの線は、同じ値の補完点をつなぎます。

等高線グラフ

  • ワイヤーフレーム等高線グラフ    ワイヤーフレーム等高線グラフも、上から見た等高線グラフです。等高線にカラー バンドがないため、線だけを表示します。

 メモ   ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフは見やすいグラフではありません。このグラフの代わりに 3-D 等高線グラフを使用することもできます。

ワイヤーフレーム等高線グラフ

 ヒント   等高線グラフを作成する場合は、「データを等高線グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

ドーナツ グラフ

ワークシートの列または行にあるデータだけをドーナツ グラフにプロットします。円グラフと同様に、ドーナツ グラフでは各部分の全体に対する関係が表されますが、ドーナツ グラフを使うと複数のデータ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)を表示することができます。

ドーナツ グラフ

 メモ   ドーナツ グラフは読みづらくなります。代わりに積み上げ縦棒グラフまたは積み上げ横棒グラフの使用を検討します。

ドーナツ グラフには、次のサブタイプがあります。

  • ドーナツ    ドーナツ グラフでは、データが輪状に表示され、各輪がデータ系列に対応します。データ ラベルにパーセンテージを表示した場合、それぞれの輪の合計は 100% になります。

ドーナツ グラフ

  • 分割ドーナツ    分割円グラフと同様に各値の全体に対する割合を表示すると同時に個々の値を強調しますが、複数のデータ系列を含めることができる点が異なります。

分割ドーナツ グラフ

 ヒント   ドーナツ グラフを作成する場合は、「データをドーナツ グラフで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

バブル チャート

ワークシートの列にあるデータを、バブル チャートにプロットします。x 軸にプロットする値を 1 行目に入力し、y 軸にプロットする値とバブル サイズを隣接する列の対応する位置に入力します。

たとえば、次のようにデータを配置することができます。

バブル チャート

バブル チャートには、次のサブタイプがあります。

  • バブルおよび 3-D 効果付きバブル    どちらのタイプのバブル チャートも、2 つではなく 3 つの値から成る組み合わせを比較します。3 つ目の値がバブル マーカーのサイズになります。バブルの表示方法は、2-D 形式または 3-D 効果付きを選択できます。

バブル チャートおよび 3-D 効果付きバブル チャート

 ヒント   バブル チャートを作成する場合は、「データをバブル チャートで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

レーダー チャート

ワークシートの列または行にあるデータをレーダー チャートにプロットします。レーダー チャートは、複数のデータ系列 (データ系列: グラフにプロットされた、関連するデータ要素の集まり。各データ系列は色やパターンで区別され、グラフの凡例に示されます。1 つのグラフに複数のデータ系列をプロットできますが、円グラフにプロットできるデータ系列は 1 つだけです。)の合計を比較します。

塗りつぶしレーダー チャート

レーダー チャートには、次のサブタイプがあります。

  • レーダー (マーカーなしおよびマーカー付き)    個々のデータ要素をマーカーなしまたはマーカー付きで示し、中心点からの相対的な値の変化を表示します。

レーダー チャートおよびマーカー付きレーダー チャート

  • 塗りつぶしレーダー    1 つのデータ系列が占める領域を色で塗りつぶします。

塗りつぶしレーダー チャート

 ヒント   レーダー チャートを作成する場合は、「データをレーダー チャートで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

Excel で作成できるその他の種類のグラフ

使用可能なグラフの種類の一覧に作成したいグラフの種類がない場合、Excel にはグラフを作成する別の方法が用意されています。

たとえば、次のようなグラフを作成できます。

  • ガント チャートおよび浮動縦棒グラフ    特定のグラフの種類を使用して、これらのグラフの種類に近い形を表現できます。たとえば、ガント チャートは横棒グラフを使用することにより表現でき、最大値と最小値を図示する浮動縦棒グラフは縦棒グラフを使用して表現できます。詳細については、「Excel でデータをガント チャートで表示する」および「データを縦棒グラフで表示する」を参照してください。
  • 複合グラフ    グラフで異なる種類の情報であることをはっきりと示すには、2 種類以上のグラフを組み合わせて使用します。たとえば、縦棒グラフと折れ線グラフを組み合わせて使用すると、視覚効果によりグラフを理解しやすくなります。 詳細については、「データを複合グラフで表示する」を参照してください。
  • 組織図    SmartArt グラフィックを挿入することにより、組織図、フローチャート、または階層構造図を作成できます。詳細については、「組織図を作成する」を参照してください。
  • ヒストグラムおよびパレート図    ヒストグラムまたはパレート図 (並べ替えられたヒストグラム) を Excel で作成するには、分析ツール (Microsoft Office または Excel をインストールするときに使用できる Excel のアドイン プログラム) の読み込み後に使用可能になる "データ分析ツール" を使用します。詳細については、「データをヒストグラムで表示する」を参照してください。

ページの先頭へ ページの先頭へ

 
 
適用対象:
Excel 2007, Outlook 2007, PowerPoint 2007, Word 2007