等高線グラフを作成する

対象アプリケーション
Microsoft Office Excel 2003
Microsoft Excel 2002

等高線グラフは、データ要素 の集まりをつないだ 3-D の等高線を表示します。このグラフは、2 組のデータ間で最適な組み合わせを見つける場合に便利です。また、地形図のように、同じ値の範囲を含んだ領域を色やパターンで示します。他の種類のグラフとは異なり、等高線グラフの色は、各データ系列 を区別するためには使用されません。代わりに、値を区別するために使用されます。

重要なのは、次の図に示されているデータと同じように、ワークシートにデータを配置することです。列見出しとして温度が入力され、行見出しとして秒が入力されていることに注意してください。

等高線グラフ用のワークシート データ

このデータを使用して等高線グラフを作成すると、次のようにプロットされます。

等高線グラフの図

コールアウト 1 行見出し (秒) は、系列軸  (y 軸) に沿って表示されます。

コールアウト 2 列見出し (温度) は、項目軸  (x 軸) に沿って表示されます。

コールアウト 3 ワークシートの中央のデータ (伸長力) は、数値軸  (z 軸) に沿ってプロットされます。

等高線グラフの種類

等高線グラフは、次のグラフの形式を選択することによって、さまざまな方法で表示できます。

  • 3-D 等高線グラフ  データを 3-D で表示します。3-D 縦棒グラフの上にゴム シートを伸ばしながらかぶせたように見えます。このグラフは、通常、他の方法では表示しにくい大量のデータ間の関係を示すために使用されます。
  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線グラフ  3-D 等高線グラフの一種であり、白黒で表示されます。ワイヤーフレーム グラフは、等高線に色がないため、線だけを表示します。
  • 等高線グラフ  上から見た 2-D 表示の等高線グラフであり、2-D の地形図に似ています。等高線グラフの線は、同じ値の補完点をつなぎます。
  • ワイヤーフレーム等高線グラフ  等高線グラフの一種であり、白黒で表示されます。ワイヤーフレーム グラフは、等高線に色がないため、線だけを表示します。

等高線グラフを作成する

  1. 等高線グラフに表示するデータを選択します。
  2. [挿入] メニューの [グラフ] をクリックします。
  3. [グラフの種類] ボックスの一覧の [等高線] をクリックします。
  4. [形式] で、使用するグラフの形式をクリックします。

    作成するグラフの簡単なプレビューを表示するには、[サンプルを表示する] をクリックします。

  5. [次へ] をクリックし、グラフ ウィザードの手順 2. ~ 4. を実行します。

    各手順でヘルプを表示するには、グラフ ウィザードのタイトル バーにある [?] ボタンをクリックします。

等高線グラフの書式を変更する

等高線グラフの色は、データ系列ではなく、値に基づいているので、グラフ内でデータ系列を選択することはできません。ただし、グラフの凡例で対応する色のマーカーを選択すると、[凡例マーカーの書式設定] ダイアログ ボックスで書式を変更できます。このダイアログ ボックスを使用して、次の操作を行うことができます。

  • グラフに使用する色およびパターンを変更する。
  • データ系列を並べ替える。
  • グラフの奥行きを変更する。
  • 3-D 表示を適用する。

たとえば、前に示したグラフの色と奥行きを変更すると、次の図のように、等高線グラフをより見やすくできます。

書式変更後の等高線グラフの図

等高線グラフの書式を設定する

  1. 等高線グラフに凡例が表示されていることを確認します。

    表示その方法は?

    凡例を表示するには、[グラフ] メニューの [グラフのオプション] をクリックし、[凡例] タブの [凡例を表示する] チェック ボックスをオンにします。

    メモ  [表示位置] で凡例の位置を変更すると、新しい位置に収まるようにプロット エリアが自動的に調整されます。

  2. 凡例で、書式を変更するマーカーをクリックします。
  3. [書式] メニューの [選択した凡例マーカー] をクリックします。
  4. [パターン] タブで、色、輪郭、または塗りつぶし効果を変更します。
  5. 書式設定を行う各レベルについて、手順 2. ~ 4. を繰り返します。
  6. グラフ内のデータ系列の順序を変更するには、[系列の順序] タブをクリックし、[系列の順序] ボックスで系列名をクリックします。次に、[上へ移動] ボタンまたは [下へ移動] ボタンをクリックします。
  7. 等高線グラフの奥行きを変更するには、[オプション] タブをクリックし、[要素の奥行き] ボックスに 20 ~ 2000 の間の値を入力します。

    メモ  既定では、等高線グラフの奥行きは 100 に設定されています。

  8. 等高線グラフに 3-D 表示効果を追加するには、[オプション] タブで、[3-D 表示] チェック ボックスをオンにします。

メモ

  • [系列の順序] タブまたは [オプション] タブでは、プレビュー ボックスで変更後の効果を確認できます。
  • 等高線グラフに表示される色の数は、数値軸の目盛りの設定によって決まります。等高線グラフに対して行った変更によって、グラフのサイズや目盛りの設定が変わり、その結果、表示される色の数も変わることがあります。
 
 
適用対象:
Excel 2003, Office 2003, Excel