Access 2013 の新機能

注目すべき Access 2013 の新機能は、 アプリです。 Access Web アプリは Access で作成する新しいタイプのデータベースで、Web ブラウザーを使って SharePoint アプリとして利用したり、他のユーザーと共有したりできます。 アプリを作成するには、管理するデータの種類 (連絡先、タスク、プロジェクトなど) を選ぶだけです。 Access でデータベース構造が作成され、データの追加と編集を可能にするビューが用意されます。 ナビゲーション コマンドと基本コマンドが組み込まれるので、すぐにアプリを使い始めることができます。

 ヒント    Access 2013 のアプリやデスクトップ データベースをすばやく作成する方法については、「Access アプリの基本的な作業」または「Access 2013 デスクトップ データベースの基本的な作業」を参照してください。

Microsoft Office のその他の新機能については、「Office 2013 の新機能」を参照してください。

アプリの概要

アプリを作成する

SharePoint サーバーや Office 365 サイトをホストとして使うと、洗練されたブラウザーベースのデータベース アプリを作成できるようになります。 さらに、Access アプリで SQL Server を使うと、最⾼のパフォーマンスとデータ整合性を実現できます。 作成するには、まず起動画面で [カスタム Web アプリ] をクリックします。

テンプレートの検索ボックスと [カスタム Web アプリ]、[空のデスクトップ データベース] のボタンが表示された Access のようこそ画面

 メモ    Access 2013 では、これまでと同様に、従来のデスクトップ データベースを一から作成することもできます。 テンプレートを使って、アプリ、デスクトップ データベース、Access 2010 スタイルの Web データベースを作成することもできます。

テーブル テンプレート

あらかじめ用意されているテーブル テンプレートを使うと、アプリにテーブルをすばやく追加できます。 タスクを管理する場合は、タスク テンプレートを検索してクリックします。

Access のようこそ画面に表示されたテーブル テンプレートの検索ボックス。

テンプレートの横にマルチ テーブル インジケーターが表示されている場合は、よく使われる関連テーブルが自動的に追加されるので、すぐに本格的なリレーショナル データベース (リレーショナル データベース: 情報をテーブルに格納するデータベースの一種。2 つのテーブルの値を照合し、一方のテーブルのデータともう一方のテーブルのデータを関連付けます。通常、リレーショナル データベースでは特定のデータを保存するのは一度だけです。)を使うことができます。 関連テーブルのデータを表示するビューも、Access によってテーブルごとに作成されます。

詳細については、「Access アプリを作成する」、「Access アプリをテンプレートから作成する」、「Access アプリの基本的な作業」を参照してください。

外部データ

Access デスクトップ データベース、Microsoft Excel ファイル、ODBC データ ソース (ODBC データ ソース: ODBC (Open Database Connectivity) プロトコルをサポートするプログラムやデータベースのデータにアクセスする場合に必要なデータと情報のことです。)、テキスト ファイル、SharePoint リストからデータをインポートできます。


データソースの選択肢: Access、Excel、SQL Server/ODBC データ、テキスト/CSV、SharePoint リスト

詳細については、「Access にデータをインポートする」を参照してください。

ブラウザーで開く

デザインが完了した後に、互換性チェッカーや [発行] ボタンを探す必要はありません。 既に利用可能な状態なので、あとは [アプリの起動] をクリックするだけです。

[ホーム] タブの [アプリの起動]

自動作成される UI

組み込みのナビゲーション

Access アプリでは、ユーザーがビュー、スイッチボード、その他のユーザー インターフェイス (UI) 要素を作成する必要はありません。 テーブル名はウィンドウの左端に、各テーブルのビューは上部に表示されます。

左下にテーブル、上部にビュー セレクターが表示された Access アプリ。

すべてのアプリが同様のナビゲーション構造を持つので、利用方法の習得も、別のアプリへの切り替えもスムーズです。 アプリに用意されているビューだけでなく、カスタム ビューもいつでも追加できます。

詳細については、「Access アプリでデータを検索する」を参照してください。

アクション バー

組み込みの各ビューにはアクション バーがあり、項目を追加、保存、削除するためのボタンが表示されます。 作成したカスタム マクロを実行するためのボタンをこのバーに追加することも、ユーザーに使ってほしくないボタンをこのバーから削除することもできます。

[追加]、[削除]、[編集]、[保存]、[キャンセル] が表示されたアクション バー。

詳細については、「ユーザー インターフェイス マクロを作成してビューをカスタマイズする」、「アクション バーにカスタム アクションを追加する」を参照してください。

簡単に変更できるビュー

ユーザーはコントロールを好きな場所に置くことができ、事前にレイアウトを調整する必要もありません。 ドラッグ アンド ドロップするだけで、他のコントロールが自動的に移動されてスペースが確保されます。

ビューのコントロールを移動すると、他のコントロールの位置が自動的に調整されます。

プロパティの設定に関する吹き出し

目的の設定項目を見つけるために、プロパティ シート内を検索する必要はありません。セクションやコントロールのすぐ横にある吹き出しから、手軽に設定にアクセスできます。

テキスト ボックスの書式設定が表示された編集モードのビュー。

関連データを扱うための新しいコントロール

関連アイテム コントロール

関連アイテム コントロールを使うと、関連テーブルや関連クエリから簡単にデータの一覧を表示して、概要を確認できます。 アイテムをクリックすると、そのアイテムの詳細ビューが開きます。

関連アイテム コントロールにタスクが表示された Access アプリのビュー。

オートコンプリート コントロール

オートコンプリート コントロールは、関連テーブルからデータを検索します。 クイック検索ボックスのように動作するコンボ ボックスと考えることができます。

一部が入力され、下に候補となる値が表示されたオートコンプリート コントロール。

ドリルスルー リンク

ドリルスルー リンクを使うと、関連アイテムの詳細をすばやく表示できます。 Access アプリでバックグラウンドのロジックが処理され、正しいデータが確実に表示されます。

ビューのドリルダウン ボタンをクリックして、詳細ビューを開きます。

詳細については、「ポップアップ フォームを追加してデータを検索する」を参照してください。

新しい展開オプション

権限関連の機能向上

アプリを変更できるユーザーをより細かく指定できるようになりました。 SharePoint には、通常、Designer、Author、Reader という 3 つの権限レベルがあります。 Designer だけが、ビューやテーブルのデザインに変更を加えることができます。 Author はデータを変更できますが、デザインは変更できません。Reader は (名前から推測できるように)、現在のデータを読み取ることしかできません。

アプリのパッケージ化と配布

Access アプリは、パッケージ ファイルとして保存して、企業のカタログや Office ストアに追加することができます。 Office ストアでは、アプリを無料で配布することも、有料で配布して使用料を受け取ることもできます。

 
 
適用対象:
Access 2013