Office 365 を無料で試用して、学校でどのように役立つか確認してみましょう。
  1. 無料試用にサインアップする。最高 50 人のユーザーが使用できる Office 365 の機能と利点を確認します。
  2. 適格性を確認する。自分のドメインに教育機関向け価格が適用されるかどうか、試用期間中いつでも Microsoft に確認を依頼することができます。
  3. サービスの利用を開始する。組織全体に無料サービス (教育向け Office 365 プラン A2) を展開します。または、その他のサービスを購入します。
教育向け Office 365 の対象となるには、基準に沿った教育機関に属している必要があります。契約書への署名と、適格な顧客であることの証明が要求されます。Microsoft は、いつでもその適格性を検証し、不適格な顧客に対してサービスを中断する権利を留保します。
Office 365
Education A2
Office 365
Education A3
Office 365
Education A4
価格には消費税は含まれていません。
学生:
{O365EduA2|student-price} {O365EduA2|student-priceusage}
教職員:
{O365EduA2|faculty-price} {O365EduA2|faculty-priceusage}
学生:
{O365EduA3|student-price} {O365EduA3|student-priceusage}
教職員:
{O365EduA3|faculty-price} {O365EduA3|faculty-priceusage}
学生:
{O365EduA4|student-price} {O365EduA4|student-priceusage}
教職員:
{O365EduA4|faculty-price} {O365EduA4|faculty-priceusage}

ホストされる電子メール:

ビジネス クラスの電子メール1、共有予定表、また、ユーザーごとに
50 GB のストレージ領域が用意されており、ユーザー固有のドメイン名も使用できます。
{O365EduA2|hostedEmail} {O365EduA3|hostedEmail} {O365EduA4|hostedEmail}

Web 会議:

HD ビデオ、画面共有、およびインスタント メッセージングによる Web 会議を開きます。
{O365EduA2|webConf} {O365EduA3|webConf} {O365EduA4|webConf}

簡単なファイル共有:

OneDrive for Business では、ユーザーあたり 1 TB の個人ストレージが提供されます。ユーザーは、ほぼどこからでもこれにアクセスして、自分の PC と同期2できます。社内または社外のユーザーと簡単にファイルを共有し、誰がファイルを表示および編集できるかを管理できます。
{O365EduA2|simpleFileSharing} {O365EduA3|simpleFileSharing} {O365EduA4|simpleFileSharing}

チームのためのイントラネット サイト:

SharePoint サイトが提供するワークスペースでは、組織内の個々のチームに対してセキュリティ設定をカスタマイズできます。
{O365EduA2|teamIntranet} {O365EduA3|teamIntranet} {O365EduA4|teamIntranet}

Active Directory 統合:

ユーザーの資格情報とアクセス許可を管理します。シングル サインオンで Active Directory と同期します。
{O365EduA2|activeDirIntegration} {O365EduA3|activeDirIntegration} {O365EduA4|activeDirIntegration}

迷惑メールおよびマルウェア対策:

優れたマルウェア対策および迷惑メール対策です。
{O365EduA2|spamVirusProtection} {O365EduA3|spamVirusProtection} {O365EduA4|spamVirusProtection}

コミュニティおよび電話によるサポート:

IT に関する Web サポート、および重要な問題に対しては年中無休の電話サポートがあります。
{O365EduA2|phoneSupport} {O365EduA3|phoneSupport} {O365EduA4|phoneSupport}

Office Online:

Web ブラウザーで Word、Excel、PowerPoint、OneNote のドキュメントを作成および編集します。
{O365EduA2|officeWebApps} {O365EduA3|officeWebApps} {O365EduA4|officeWebApps}

モバイル アプリ:

iPhone、Android 端末、Windows Phone で Word、Excel、PowerPoint のドキュメントにアクセスして、編集したり表示できます。OneNote、OWA、Lync Mobile、SharePoint Newsfeed アプリは、ほとんどのデバイスで使用できます。3
{O365EduA2|officeMobile4iPhone} {O365EduA3|officeMobile4iPhone} {O365EduA4|officeMobile4iPhone}

99.9% 動作時間保証:

99.9% 動作時間保証と返金保証付きのサービス レベル契約 (SLA) があるため、安心してサービスをご利用いただけます。
{O365EduA2|financiallyBacked} {O365EduA3|financiallyBacked} {O365EduA4|financiallyBacked}

Office アプリケーション:

Office のサブスクリプションでは、ユーザー 1 人あたり最大 5 台のパソコン、Windows タブレット、Mac で Office を使用できます。
{O365EduA2|officeApps} {O365EduA3|officeApps}
デスクトップ バージョン:
Word Excel PowerPoint Outlook
Publisher Access Lync OneNote
{O365EduA4|officeApps}
デスクトップ バージョン:
Word Excel PowerPoint Outlook
Publisher Access Lync OneNote

高度な電子メール:

アーカイブと法定保存機能、および無制限のストレージが利用できます。
{O365EduA2|advancedEmail} {O365EduA3|advancedEmail} {O365EduA4|advancedEmail}

電子情報開示センター:

コンプライアンスをサポートするツールです。SharePoint サイトおよび Exchange メールボックスの全体を検索します。
{O365EduA2|eDiscoveryCenter} {O365EduA3|eDiscoveryCenter} {O365EduA4|eDiscoveryCenter}

高度なボイス メール:

自動応答機能によってボイス メールのサポートがホストされます。
{O365EduA2|advancedVoice} {O365EduA3|advancedVoice} {O365EduA4|advancedVoice}

Yammer Enterprise:

アイデアの共有を容易にするエンタープライズ ソーシャル ネットワーキング機能であり、先進的なサポート、セキュリティ、管理、統合が実現されています。このネットワークにより、すべてのユーザーに発言の機会が与えられ、会話が促進され、コミュニケーション ギャップが埋められます。こうして、共通の社内文化が育まれます。
{O365EduA2|yummerEnterprise} {O365EduA3|yummerEnterprise} {O365EduA4|yummerEnterprise}

エンタープライズ VoIP:

Lync Server 2013 Plus CAL で提供される通話機能で、従来の PBX 電話システムを強化または置換します。5
{O365EduA2|enterpriseVoiceCap} {O365EduA3|enterpriseVoiceCap} {O365EduA4|enterpriseVoiceCap}

音声通話:

Lync-to-phone を使用して、コンピューターから音声通話を発信します。
{O365EduA2|audioCalling} {O365EduA3|audioCalling} {O365EduA4|audioCalling}
デスクトップ バージョンの Office を含まないプランでは、Office の最新バージョン、Office 2010、Office 2007 (一部、機能の制限あり)、Office 2011 for Mac、Office 2008 for Mac とともに動作します。
Microsoft Core CAL または Enterprise CAL のサブスクリプションを購入している場合は、お客様の Microsoft アカウント担当者に連絡してください。
1ユーザーは、ホストされる電子メールに次のバージョンの Outlook を接続して、なじみのある充実したクライアント アプリケーションを使用できます。 Outlook の最新バージョン、Outlook 2010、Outlook 2007 (一部、機能の制限あり)、Outlook 2011 for Mac、および Outlook 2008 for Mac。
2 Office 2013 または Office 2013 アプリケーションを含む Office 365 では、OneDrive for Business 同期クライアントが使用できます。Office 2013 をお持ちでない場合は、OneDrive for Business 同期クライアントを無料でダウンロードすることもできます。
3 これらのモバイル アプリにサブスクリプションは必要ありませんが、その他の要件が存在する場合があります。詳細について
4 Windows PC クライアントのプログラムや機能のみです。デバイスをまたがって使用することはできません。
5 Lync Server 2013 Plus CAL を使用するには、お客様は社内の Lync Server を購入して展開し、従来の PBX システムを強化または置換する必要があります。


iPad と iPhone は、米国とその他の国における Apple Inc. の登録商標です。